1. まとめトップ

正絹の艶、鮮やかで繊細な染め、華麗な刺繍……晴れ着の和装はとても華やか。
 しかしながら、残念なことに現代日本において和装は着られる場所・機会がかなり限られています。着つけも大変だし、着こなしも難しい。

 そんなニーズに応え、和装の華やかさと洋装のかたち、現代的価値観を融合させたドレスが作られています。

このような装いは、一般に「振袖リメイクドレス」などの名前で知られています。
 MOTTAINAI精神を発揮して日本美を保ちつつ新しさを追い求める、素敵な装い文化ですね。近年では業者のみならず、腕に覚えのある個人も和装を洋装に作り直しているようです。

 なお、「リメイク」にはどうも「中古着物をリサイクルした商品」という、ちょっとマイナスのイメージがつきまとうためか、販売・レンタルの業者では「リメイク」ではなく「リデザイン」や「和ドレス」「着物ドレス」などの名称で取り扱っているところがほとんどです。
 使っている素材についての記載も、新品もしくは名のある職人の作品であれば「未着用品使用」「○○氏の内掛を使用」と書きますが、そうでもない限り「着物からリフォームして作った」ことはあまり書かない傾向にあるようです。せっかくの晴れ着に中古着物のリサイクル品なんぞ着たくないぞ…というのが現代の消費者の価値観なのかもしれません。

 しかしながら、職人の伝統とデザイナーの感性、日本的美的価値観と洋装の新しさが出会ったドレスは、実に美しいものです。和洋折衷が最も美しい形で成功した芸術のひとつです。
 そんなリメイクドレスもとい和ドレスを集めてみました。



(※「切っちゃうのもったいない」という意見をいただいたので、「切らないで着付けでドレスとして着る」振袖ドレスも紹介したいと思います。詳細は以下のまとめ↓)
http://matome.naver.jp/odai/2136705574883767601

1 2 3 4 5





seni_seviyorumさん

自分が今興味あることを手当たり次第にまとめていきたい。ですので、個性を要求されるらしい奨励者はもう目指しません(・ω・´)

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう