1. まとめトップ

英語が苦手でも覚えておきたい道案内の表現

町中で不意に英語で道を訊ねられて、あたふたしてしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。道案内は英会話の基本中の基本ですが、慣れていないとなかなか巧くいかないものです。そこで、簡単な英語での道案内の表現をまとめました。

更新日: 2012年12月30日

mocolifeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1050 お気に入り 265605 view
お気に入り追加

道順を教える。基本の表現三つ

Turn left/right at ~

~で左・右に曲がってください

Turn right at the second traffic lights.
二つ目の信号を右に曲がってください

具体的な位置を教える

It's opposite/across from ~

~の向かいです

「~の向かいです。」は「opposite(英)」や「across from(米)」を使います。

It's opposite the bank.
銀行の向かいです

It's between A and B.

AとBとの間にあります

It's between the school and the bank.
学校と銀行の間にあります

駅の案内

Take the ~ Line.

~線に乗ってください

あるいはもう少し詳しく

Take the train bound for A on the B Line.
B線のA行きに乗ってください

目印などを示すときに使われる表現

動画での解説

自分も道を知らない場合

1 2





このまとめへのコメント1

  • lingualboxさん|2013.07.31

    フレーズを覚えてもいざ会話となるとなかなか出てこなくて、あとになって「あの時ああ言えば良かったのに」となってしまいがちだったりします。

    そのため、覚えたフレーズをオンライン英会話や英会話カフェで4−5回意識して口に出すのが定着させる上でとてもオススメです。

    例えばオンライン英会話であれば、リンガルボックスだと発音に力を入れていて会話と発音どちらも身につけられるのでちゃんとした発音で道案内出来る様になるかと思います。(日本語アクセントや発音だと想像以上に伝わらないです。- 個人的体験談)

    http://ja.lingualbox.com

1

歴史/映画/ITとか興味あります。

更新順:http://goo.gl/IIoRC
人気順:http://goo.gl/Q609T
twitter:http://goo.gl/HqdMJ



  • 話題の動画をまとめよう