1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

パリ旅行に行ったら絶対に行きたい観光スポットまとめ

パリの旅行に行くなら、2週間ぐらいかけてじっくりとパリの街を楽しみたいものです。パリに個人旅行に行った時に、押さえておきたい観光スポットをまとめました。

更新日: 2014年08月15日

naoko5さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1262 お気に入り 1232317 view
お気に入り追加

パリには、個人で遊びに行くのが一番です。親しい友達と2-3週間ほど休みをとって、じっくりと見学してまわれば、パリを堪能できる事でしょう。

パリは、1区から20区までの区画に分かれています。東京よりも小さいので、のんびり歩いて観光する事も可能です。

観光地は、メトロという電車で移動する事ができます。

パリの治安について

やはり盗難犯罪が起きやすいのは、観光客が多く集まる凱旋門からコンコルド広場にかけてのシャンゼリゼ大通り、ルーブル美術館からオペラ座までのオペラ通り、そしてエッフェル塔周辺です。これらの場所では、道に不案内な観光客のスキを狙ったひったくりが多く発生しています。

年齢が高くなるほど狙われやすくなりますので、高齢な人の場合は、同行する人がフォローする必要があります。

パリのホテルについて

フランスのホテルは政府観光局によって星なしから4つ星Lまで6段階にランク分けされています。荷物を運ぶポーターやドアマンがいるのは4ッ星クラス以上で、3ッ星以下では鍵を受け取り、スーツケースは自分で部屋へ運ぶのが普通になります。

パリのカフェを愉しむ

フランスのカフェは食事ができる所も多く、ランチやディナーの時は、レストランのような雰囲気になる所も。客層やメニューの内容は、カフェを実際に覗いてみるのが一番わかります。その時の気分や好みでお気に入りの一軒を見つけ、奥深いパリのカフェの世界をぜひ体験してみて下さい。

凱旋門

凱旋門は、上部に上がる事ができるので、入場料を支払って上部にあがってみましょう。

このらせん状階段を登ると、頂上からパリを一望する事ができます。

パリの西側に位置しています。凱旋門からシャンゼリゼ大通りを抜けて、コンコルド広場、チュイルリー公園、ルーブル美術館まで歩くのが定番コースです。

シャンゼリゼ大通り

ブランドショップ、カフェなどが沢山立ち並んでいる事で有名なシャンゼリゼ大通りです。

シャンゼリゼ大通りには、素敵なカフェが沢山あります。

シャンゼリゼ大通りで昼食をとったり、カフェで楽しんだりすると、パリに来たという気持ちになれます。

モンマントルの丘 (パリ18区)

モンマントルの丘は、映画「アメリ」でも舞台になった場所です。中央にあるサクレ・クール寺院は、観光地として人気があります。

昼間であれば、中に入場する事も出来ます。

遠くから見ると、こんな感じに見えます。丘の上に建っているサクレ・クール寺院が印象的です。

現在は、芸術家の住居、ホモ・ゲイの住居、高級住宅街などもあり、多種多様な人たちが住まいとしています。あのジョン・レノもモンマントルの丘に住んでいた事があるそうです。

映画「アメリ」の舞台でもあります。

映画にもなったムーランルージュで芸術的な踊りを楽しむ事ができます。ただし、夜の治安は今ひとつなので、ツアーに参加するのが良いでしょう。

「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」というレストランです。このレストランは、夕方は特に事前予約が必要なので、電話などで予約してからゆっくりと行きましょう。昼間は1人30ユーロ、夕方は1人50ユーロ前後となっています。

映画「アメリ」もこの周辺が舞台となっています。

エッフェル塔 (パリ7区)

エッフェル塔の前は、大きな広場になっていて、多くの人がくつろいでいます。

料金:1階 4,80 €、2階 7,80 €、最上階 12,00 €

展望台は3つあり、高さは57.6m、115.7m、276.1m。第2展望台までは階段でも昇ることが可能。

夜に行くとライトアップが綺麗です。

エッフェル塔ができた当初から使われているというエレベーターを使って上部に上がることができます。

定員が限られているので、相当並びます。レストランの予約していれば、別枠で並ばなくてもいいです。

エッフェル塔 の中には2つのレストランがあります。*シーズンによりますが、1ヶ月前の予約がお勧めです。

ツアーなどで組み込まれたりする第1展望台にあるAltitude95(アルティチュード95)

第2展望台の上にあるミシュラン一つ星レストランのLe Jules Verne(左写真)。

ルーブル美術館

他の絵画は、カヴァーがかけられていないのですが、この「モナリザ」だけは、防弾カヴァーが付けられています。

ポンデザール(橋) (Pont des Arts)

パリのルーヴル美術館とフランス学士院を結ぶ歩道橋
「恋人たちの橋」としても有名です。春から夏にかけて多くの人がピクニックしています。

多くの人のピクニックで賑わっています。

コンコルド広場からチュイルリー公園

シャンゼリゼ大通りの凱旋門と反対側にあるコンコルド広場です。

噴水の周囲にベンチが置かれていて、ここで多くの人が休憩しています。

パリっ子は、ここに本を持ってきて、1日中ゆっくりしていたりします。

1 2 3





日本国内・海外の旅行情報を発信しています。お気に入りに入れて、旅行の時にご活用ください。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう