1. まとめトップ

2020年 東京オリンピック招致委員会のメッセージが酷すぎると話題に

まとめ作成日:2012年08月07日。2013/5/31追記:ここに転載されている東京五輪招致委員会のメッセージは、公式サイトに少なくとも2012年8月まで掲載されていたものです。現在は異なるメッセージに入れ替わっています。

更新日: 2013年05月31日

雨男さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
77 お気に入り 381765 view
お気に入り追加

東京五輪招致委員会のメッセージ

東京のためだけではなく、私たちのニッポンのために。
ニッポンの復活のためのオリンピック・パラリンピックを、東京に。

オリンピック・パラリンピックは夢をくれる。
そして力をくれる。
経済に力をくれる。
仕事をつくる。
それが未来をつくる。
そして世界の意識をニッポンにつれてきてくれる。
今、それがニッポンには必要だ。
2020年までにあらゆるジャンルのニッポンを復活させるために。
日本人みんながひとつの夢をもつ。
そのことをためらう理由はどこにもありません。
ニッポン心の復活を
スポーツの力で。

私たちはいつから目的をもつことがヘタになったんだろう。
私たちはいつから勝たなくてもいいと
斜に構えて挑戦することから逃げるようになったんだろう。
私たちはいつから経済大国という言葉に甘えて
情熱を特別なものにしてしまったんだろう。
たくさんの困難にあった今、
復興と戦う今、
私たちは未来とも戦わなければいけない。

(書き起こし)
そのことを忘れないで下さい。
現在を理由うに未来を閉じないようにしてください。

未来が何を失いつつあるかを
私たちはごまかしながら生きていないか。

このままだとこの国は世界から忘れられてしまうかもしれない。
今何かをしなければ、
この国の未来や子供たちの自信を奪うことになるかもしれない。
誇るべきものを誇るために、
勝つべきものを勝ちとろう。
未来のために。
東京にオリンピックを呼ぶのではない。ニッポンに呼ぶのだ。
オリンピックは夢をくれる。
そして力をくれる。
仕事をつくる
それが未来をつくる今になる。
そして世界の意識をニッポンにつれてきてくれる。
今、それがニッポンには必要だ。
復活を世界にアピールするために。

2020年までにニッポンを復活させるために。

もう一度言います。
これは東京のオリンピック・パラリンピックではありません。
これはニッポン復活のオリンピック・パラリンピックなのです。



私たちは具体的に東日本に経済効果が及ぶような
オリンピック・パラリンピックにしたいと切望しています。
招致アクションそのものがきちんと
日本全体を活性化させるものにしたいと願っています。
そのためにたくさんのアイデアを
広く皆様にもお願いしたいと考えています。
世界の競争で勝てる立候補都市、東京で
日本全体に価値のあるオリンピック・パラリンピックをつくるのです。

今回の招致レースは勝てる可能性が高いと言われています。
ニッポンは今限りなくリアルなところにいます。
2013年9月に開催都市が決まります。
この一年が勝負になります。
私たちの心に火がともり、
それが日本を熱くひとつにする炎になるように。
ひとりひとりの正しい気持ちが
ニッポンの力になるために。

私たちの心に火を。
私たちの夢に火を。
その火をニッポンに。
その炎を世界に。

Twitterではこのメッセージへの否定意見が9割以上(2012/8/7AM9:00時点)

▼主な意見

内容がひどすぎる

・「お金クレクレ」アピールが全面に出ていて嫌らしい
・「選挙演説の文章みたい」「戦意高揚の檄文みたい」・・・
・招致反対派がつくった怪文書かと思った
・選考委員がこれ読んだら東京は外される

オリンピック精神に反している

・利己的すぎる
・選手が無視されている

書いた人のセンスを疑う

・日本の広告代理店は完全に終わってる
・むかしの広告代理店は「ニッポン」連呼なんてしなかった
・作家の都知事がよくこんなのスルーできるな

だったら東北でやれ

・東京=日本じゃない
・西日本は?

五輪招致には賛成だけどメッセージには全く共感を覚えない

「た」とか「め」とかのフォントのバランスが気になる

フォントは「ますらお」らしい

日本語と英語で全然メッセージが違う

英語とフランス語のメッセージは割りと普通

英語版、メッセージ
http://tokyo2020.jp/en/message/

▼このメッセージを評価する意見

東京が本気でオリンピック誘致するなら、この話題を使うのは効果的だと考えます。前回東京五輪は敗戦からの復興というメッセージだったのですから

民主党の失政を強く非難する気持ちから、このコピーに賛同する

Twitterの反応まとめ

コピーがひどすぎると思う。招致活動なので「私たち」という主語を使いたくなるのはわかるが、この宣言文の「私たち」の中に入ってたまるかって反抗したくなっちゃうのは、非国民ですか? http://t.co/iS0kfIOg

宣言文内容のひどさもあれだけど「た」とか「め」 のバランスとかが気になって、なんのフォントだこれと調べてしまった。「ますらお」かな。 なぜあえてこのフォントを。 tokyo2020.jp/jp/message/

暑いのに暑苦しい広告見てイライラしてしまった。代理店も大変ですね。 tokyo2020.jp/jp/message/

コワイ文だ。文字からこれらの言葉を声高に語る声が聞こえてくる。この押しつけがましいトンデモな日本語に猛烈な拒絶反応が起きる自分が「オカシイ」って言われそうな文章だ。日本人・ニッポン・東京の文字の使い分けにげんなりする、すみませんけど。tokyo2020.jp/jp/message/

tokyo2020.jp/jp/message/ ←これ読んでからcharlieのブログの最新の「自己啓発するノスタルジーの論理」bit.ly/PdEVJA 読んでみよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10




このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • 老婆心さん|2013.02.13

    今、東京都などが「世界オリンピック委員会が2020年オリンピック招致に対する市民の意識調査を極秘に行います。ぜひ賛成と答えて下さい」などとしてオリンピック東京開催に向けて宣伝活動をしています。果たしてこれで良いのでしょうか?
    去年の大震災以降、日本は地震活動が盛んになっているとされています。東日本大震災の余震、首都直下型地震の他に南海トラフによる地震災害の可能性が高いとされています。それらのいずれの地震が起きても、東京都は大きな影響を受けます。早稲田大学の濱田教授などが、大地震の際に、液状化やそれに伴う側方流動、更にスロッシング現象などで埋立地の石油やガスタンク火災などを引き起こし東京湾が火の海になる危険を警告しています。もし東京湾に火事が起きれば、海上輸送が少なくとも二か月は不可能となり、当然予想される交通網の破壊と重なって、東京に滞在している人々への食料や水、日用品などの供給の道が少なくとも一週間は途絶えます。他にもJR山手線の外周部に沿って帯状に広がる木造住宅密集地での大規模な火災、東京都のコンクリート化が進んでいるために活断層の有無に関する調査もきちっと行われていない危うさ、昔の川や湖などの埋め立て地が多いという軟弱地盤での液化現象の多発、高層建築の長周期地振動、避難の際に起こると思われる渋滞した車の類焼による連続爆発など危険要素が満載です。
    最近は女子柔道の体罰問題で日本の招致活動に悪影響が起きるのではといった報道がなされていますが、こういう危険をはらんだ状態の東京都に多数の外国人を招待することの是非を誰も発言しません。これで良いのでしょうか?万が一オリンピック開催中に地震が起きたときは、日本はどう謝罪すればいいのでしょうか?招致活動を行っている人たちは、こういうことに思いが至っているのでしょうか?この招致活動の責任者たちは2020年は何をしているのでしょうか。オリンピック開催中に致命的な地震が起きても恐らく今の責任者たちは既に退陣しているでしょう。だとすると、福島原発事故の二の舞で、誰も責任を取らずに終わってしまいます。

  • antimultiさん|2013.01.08

    これって「私(たち)の言うことを聞かないと地獄に落ちるわよ」とか「ポジティブシンキング」とか言ってくる霊感商法とか悪質商法と一緒だね。

1

このまとめに参加する



公式まとめ