1. まとめトップ

【iPhone】ロック解除ができなくなった場合の対処方法(事前対処含む)

万が一のことを考えてパスワードをかけている方は多いのではないかと思います。しかし、お子さんがデバイスで遊ぼうとしてパスワードを解析しようとして失敗しまくった場合にはどうなるのか、という記事が元ネタです。面白い記事だったのでまとめておきます。

更新日: 2012年08月17日

とうやさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 344495 view
お気に入り追加

◆iPhoneのロック解除に失敗しまくると

これは6回め間違うと出るメッセージです。

◆間違った回数でメッセージと使用できるようになる時間が違う

エラー回数:メッセージ(「~」は端末種類)
1~5回:パスコードが違います。もう一度試してください
6回:~は使用できません。1分後にもう1度試してください
7回:~は使用できません。5分後にもう1度試してください
8回:~は使用できません。15分後にもう1度試してください
9回:~は使用できません。60分後にもう1度試してください
10回:~は使用できません。60分後にもう1度試してください
11回:~は使用できません。iTunesに接続

◆11回めのエラー以降はどうなるのか

▽iTunesと同期済のMacに接続した場合

USBで繋いでiTunesに接続したら、無事に1回目からのチャレンジが可能。
恐らくこれでエラー回数が初期化される模様。

▽iTunesと同期していないのMacに接続した場合

試しに旧型のMacに接続したら、以下のメッセージが表示されて左メニューにも端末が表示されないので、何も出来ない状態でした。

*********************************************
iPod xxxxxx がパスコードでロックされているため、iTunesはこのファイルに接続できませんでした。iTunesで使用できるようにするには、最初にiPodでパスコードを入力する必要があります。
*********************************************

◆対処方法まとめ

iTunes環境がある人は、焦らずiTunesに接続すること。
どうしてもパスコードが分からない場合はバックアップを作成して、iTunesの概要の復元ボタンから復元。
iTunes環境がない人はデータを削除する設定にしておきつつ、iCloudバックアップも行っておくこと。

▽iTunes環境有無: あり データ消去設定:ON

データが消えて欲しくない場合は、エラー10回未満でiTunesに接続することでエラー回数が初期化される。
※ただし同期可能なiTunes環境が必要
iTunesを使ってバックアップ&復元可能。

▽iTunes環境有無: あり データ消去設定:OFF

「iTunesに接続」になったらiTunesに接続してエラー回数を初期化。
※ただし同期可能なiTunes環境が必要
iTunesを使ってバックアップ&復元可能。

▽iTunes環境有無: なし データ消去設定:ON

パスコードエラーを11回行うことで端末が初期出荷状態になる。
なお、iCloudバックアップから復元することでパスコードは再設定出来る。
iCloudでバックアップを作成しておくこと。

▽iTunes環境有無: なし データ消去設定:OFF

◆過去に同期したMacがない場合の対処方法

もしも、様々な事情で過去に同期したMacがないんだけど、パスコードエラーの連続で使用不可な状態になった場合の対処は、iOS端末を初期化するしかなさそうです。

アップルの公式のリカバリー方法
http://support.apple.com/kb/HT1808?viewlocale=ja_JP
ヤフー知恵袋での同様の質問
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1140788291

・iOS端末の電源を切る(ホーム+電源ボタン長押し)
・ホームボタンを押しつつ、iOS端末をUSBでMacに接続する。
・「iTunes に接続」画面が表示されるまでホームボタンを押し続ける。
・iTunesを起動して、iTunesが端末を認識したら完了。

◆バックアップはとっておきましょう - 事前対処

▽PCでのバックアップとiTunesへの連携

▽クラウドでもバックアップを取りましょう

1 2




私の作成したまとめ一覧は
http://goo.gl/oO6pz
です。

このまとめに参加する