1. まとめトップ

英語でメールする時の効果的な『件名』の書き方

英語でメールする時の効果的な『件名』の書き方をまとめます。相手が検索時に見つけやすい工夫をすることも大事です。

更新日: 2012年09月24日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 31624 view
お気に入り追加

スパムメールだと思われないように!

例えどんなに重要なメールでも、読まずに捨てられる

待てど暮らせど返事はこない

▼ おさえておくこと

優れた機能的な件名とは:

1) 件名だけ見て要点がわかり
2) 検索時に見つけやすい工夫がなされたもの

後の検索時のことも考える

about、a、theなどは適宜省略して字数を削減する

△: About the press release-new product
○: Press release-new product

▼ 事例

【会社間のメールの場合】

ポイントは以下の2つ

1. 自分の名前(出来れば社名も)を入れる
2. 「Regarding ~」の後ろにプロジェクト名を入れる

具体的な表現
 ↓↓↓
●Sub: Regarding your requirement [Tarou Eigo, ABC Corp,]
●Sub: Regarding Project A starting next month

以下のような件名はジャンクに思われやすい
 ↓↓↓
×Sub: Regarding information you required

具体性に欠ける

【問い合わせ】

【見積り 】

EX1デジタルカメラ見積り依頼の件
 ↓↓↓
●Sub: Quotation for the EX1 digital camera

【注文する】

注文やインボイスでは、番号も件名に入れてしまう

あとで相手が探しやすいように、(ある場合は)番号も件名に入れてしまう

御社XYデジタルカメラの注文に関して
 ↓↓↓
●Sub: Placing Order of Your XY-digital cameras

■ 参照

1




わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49