1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

業界独走「サイゼリヤ」に学ぶ"努力させない"仕組み作り

努力をさせずに効率化を図ることで成功をおさめたサイゼリヤのすごい仕組みについてまとめた。

更新日: 2012年08月16日

フコフコさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
412 お気に入り 172484 view
お気に入り追加

ファミレス業界のトップを走り続けているサイゼリヤ。
”努力をさせない仕組み”で成功を収めているのだとか。

ここ数年、好調が続いている

「努力をさせない仕組みづくり」で成功

現社長の堀埜氏は、作業に関する効率化を科学的に検証し、対策をスタッフに反映することで努力せずに効率化することに成功している。

理念は店舗や人員などに生かされている

「努力せずに効率化する」という理念は、掃除や店の細かい部分に反映されている。
掃除の面では、作業フローなどの見直しから、新たな掃除用具の導入が行われた。

社員の大半は理系専攻

科学に裏づけされた発想力を用いて仕事が出来る人が求められている。

キッチンにはガスレンジどころか包丁もない

包丁を使ったり加熱したりなどは技術を要するので使用せず、工場配送の段階で調理することで、調理時間の削減を行なっている。

スタッフはキッチンもホールも両方こなす

サイゼリヤのスタッフはキッチン・ホール分担ではなく、どちらも出来るように仕事の手順やシステムが改良されている。

誰でも作れるように調理方法が単純化されている

どんなスタッフでも簡単に調理が出来るよう、専用の調理器具や調理済み食材などが用意されている。

掃除機からモップに変更し、清掃時間を半分に削減

1時間以上かかっていた清掃時間を、掃除器具を変えるだけで削減することに成功した。

今後は何を狙っていくのか

サイゼリヤの動きに対して他社のファミレスや、ファストフードなどが、値下げなどの対抗策を打ち出した。

この影響を受けたサイゼリヤは、2012年初旬ごろから低迷を迎えている。

関連リンク

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

フコフコさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう