1. まとめトップ
  2. カラダ

歯医者さんが教える“口内炎”の治し方

口内炎がよくできるのですが、キチンとした治し方って意外に知らないことに気づきました。いつも小さい頃に聞いた方法でハチミツを塗っていたのですが、この方法が果たして合っているか気になって調べたところ、歯医者さんが口内炎の治し方をいろいろと教えてくれていますので、まとめてみたいと思います。

更新日: 2012年08月15日

797 お気に入り 1424562 view
お気に入り追加

口内炎はなぜできる?

疲労やストレスで新陳代謝が低下すると口の中表面が荒れ、細菌が繁殖すると口内炎に

口内炎は、ストレスや生活習慣などにも大きく関係しています。

唾液の不足・口腔の乾燥により食べ物や歯磨きでキズができ、細菌が繁殖すると口内炎に

口の中が乾燥し、傷つきやすい状態の時に食べ物などでキズを付けてしまい、そこに細菌が繁殖して口内炎になってしまいます。

歯の専門家が教える効果的な治し方

口の中の徹底的なブラッシングによる細菌量の減少が治癒を速める

ビタミンB2を主としたビタミン不足で口内炎ができている人に効き目のある治し方です。

消毒作用のあるのどスプレーを口内炎に直接吹きかけると効果的

口内炎はウィルス性の感染なので、消毒作用のあるのどスプレーを口内炎に直接吹きかけるとかなり効果的です。

ビタミンB2・ビタミンB6等のビタミン剤や亜鉛というミネラルの摂取が有効

栄養素が不足すると、代謝が低下し、口内炎になるため、ビタミンB2・B6と亜鉛でミネラルを補うことが大切です。

半夏瀉心湯、黄連解毒湯の漢方薬が有効

血液を循環させるための代謝が低下していることにより、血行不良、血液の停滞に効果があると言われている漢方薬が効果的です。

歯医者さんでできる口内炎治療

口内炎にならないように普段から気をつけよう!

菌を繁殖させないよう、口の中を清潔に保つ

傷がつかないように丁寧に歯磨きを行い、イソジンなどの殺菌作用のあるうがい薬でうがいをするなどして、口の中を清潔に保ちましょう。

十分な栄養や睡眠をとる

不摂生や生活の乱れなどに関係していることが多いので、睡眠や栄養を十分にとることを心がけましょう。

咬むことで唾液の分泌が促進され、抗菌作用とプラークを洗い流す“キシリトールガム”を歯磨き後に噛む

歯磨きにプラスすると、予防対策として効果的です。

参考リンク

1




このまとめへのコメント2

  • xedaweさん|2013.08.11

    口内炎百科ってサイトも結構良いよ!

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ヤンデれ莉莉さん

このまとめに参加する



公式まとめ