1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

10倍長持ち!?Androidのバッテリー節約アプリが”すごすぎる!”と話題に

アンドロイド向けのバッテリー節約アプリ「JuiceDefender」が世界1000万ダウンロードを超える人気となっている。すぐにバッテリーが減っちゃう・・・というAndroid使いのあなた!是非、お試しあれ。

更新日: 2014年09月20日

kabehiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2355 お気に入り 1258968 view
お気に入り追加

世界1000万人が使う“バッテリー節約アプリ”

マーケットでの平均評価は4.5

アンドロイド向けのバッテリー節約アプリ「JuiceDefender」が世界1000万ダウンロードを
超える人気となっている。マーケットでの平均評価は4.5。15万6千人以上のユーザーがつけた
平均評価がその数値なのだから、その実力は折り紙つきと言っていいだろう。

そうは言っても・・・ホントに効果あるの?

Juice Defenderで稼働時間激増!!!!!

今現在、気兼ねなく使っていても、Motorola Atrix は3日稼働しています(o^-')b

まる12時間経っててもほとんどバッテリーが減っておりません。

まる12時間経っててもほとんどバッテリーが減っていない

左側が節約アプリを使わない状態
右側が節約アプリを使った状態

両方とも、何もしていない状態での比較なので
アプリを使う事でバッテリー消費を抑えられているのがわかる。

未使用時の無駄な通信をカット

本アプリの機能を簡単に説明すると、不要な通信をカットすることでバッテリー消費を抑える、というものです。主に待機時のバックグラウンド通信などを制御して、無駄なバッテリー消費をなくすことができます。

使ってみたいけど英語はわからないし・・・簡単に使えるの?

無料版で利用できるのは「balanced」と「aggressive」のみ。

◆「balanced」では、スマホのスクリーンがOFFの状態になるとアプリのバックグラウンド通信を15分間隔に制限。

◆「aggressive」設定ではより強力な節電を実現します。スマホのスクリーンがOFFの状態になると、データ通信を30分間隔に制限。

無料版を使ってたけどもっと色々と細かく設定したい!
そんなあなたには有料版!

無料版でも充分バッテリー節約アプリとしての機能を発揮する『Juice Defender』ですが
有料版を使えばもっと細かく、痒い所に手が届く設定ができるようになる。

有料版ではWi-Fiやアプリごとの通信設定、さらに利用時間による設定など
非常に細かく設定できます。使い勝手や節電効果は確実に上昇することうけあいです。
無料版で試してみて機能が気に入った方は、有料版『JuiceDefender Plus』
『JuiceDefender Ultimate』を購入してみてください。

※詳しいアプリの導入方法は下記サイトを参考にして下さい

ネット上ではアプリの効果に驚きの声

待ち受けでバッテリー食わなくなったおかげで余裕で1日バッテリーが保つようになりました。Excellent!

通信以外に、ディスプレイの輝度制御まて行っていたので驚きました!

「ぶっちゃけたいしたことないだろう。」と思っていましたが、インストールした瞬間、最高のディフェンダーになってくれました。電池のもち具合がだいぶ変わりますね。驚きました。

メールも通知がくるし、問題なさそう。スリープ時の電池消費が横ばいになっててびっくりした!

制限がけっこうある。でもバッテリー持ちが良くなり、効果は期待以上だった。

Wi-FiやWiMAXのオンオフや良く接続するWi-Fiを記憶するなど、自動でやってくれるので、便利

バッテリー容量が少ない端末なのでほんと助かってます! 日本語の説明になったら 最高!

まる12時間経っててもほとんどバッテリーが減っておりません。0%になるまでの時間が10倍近くにまで伸びてるのがわかります。

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

kabehiさん

ジャンルを問わず、常にアンテナを高くして有益な情報を皆さんと共有していけたらと思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう