1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ヤル気物質「ドーパミン」をドバドバ出す方法

仕事をしていて楽しいとなんかヤル気がでてくる!誰もがそんな体験をしたとこがあると思いますが、実はあれは「ドーパミン」が脳内から出て気持よくなっているからなんだとか。「ドーパミン」が脳内に溢れるとヤル気で満ちた状態になれるということなので、どうやったら「ドーパミン」がでるか調べてみました。

更新日: 2012年08月21日

Gokurinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1453 お気に入り 364957 view
お気に入り追加

仕事で「ドーパミン」を増やしてヤル気を出す方法

行動のご褒美を設定して、終わる度に、ご褒美を自分に与える

ただし行動する前にご褒美を自分に与えないこと。その甘えがドーパミンが出てこないサイクルに陥るので絶対にNGです。

「少し面倒くさいけど、やっておくと楽になるもの」を目標にする

目標を高く持ちすぎると逆効果。デスクを片付ける、モニターを拭くなど小さな目標でOKです。

目標が達成できたら丸印をつけ、達成が目で確認できるようにする

大切なのは目標の中身ではなく、目標を達成して○(丸印)がつけられるかどうかなのです。
丸印を目で見て確認することで、脳は達成感を味わうことができ、ドーパミンが分泌されるというわけです。

普段からできる「ドーパミン」を出す行動

美人(二次元、三次元に関わらず)を見る

美人な女性を見ても、萌え要素を見ても、ドーパミンが分泌されるんですよ。

面白いことが無くてもフリでもいいので、笑う

笑顔を作り笑っているだけで、脳からドーパミンがでます。

カラオケで“好きな歌”だけ歌いまくる

ポイントは“好きな歌”だけ歌うこと。これだけで脳内のドーパミンが活性化します。

普段とは違うルートで目的地に向かう

ドーパミンの分泌を増加させるには「新鮮さ」を生むことにあります。
いつもとは違うルートでデートしたり、普段しない動きを取り入れてみたりするとドーパミンが出やすくなります。

食べる・飲むの「ドーパミン」の増やし方

「今晩の献立は何にしようかな?」と未来のことを想像する

楽しい未来について考えれば考えるほどドーパミンが出るんです。

しっかりおなかを空かせてから、おいしいごはんを食べる

自分が「おいしい」と感じるものであれば、なんでもOK!
ただ、おなかが空かないのに食べてもドーパミンのシステムは働かないので、おなかを空かせてたべましょう。

アルコールを適量飲む

アルコールを飲んで楽しい気分になるのはドーパミンが分泌されるためです。
ただしアルコールがドーパミンの放出に影響を与えるのは、最初の約20分だけ。飲酒は、脳のことを考えても適量を守ることが大切ですよ。

1





このまとめへのコメント6

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

Gokurinさん

ゴ…ゴクリ…。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう