1. まとめトップ

【昼ドラ】 赤い糸の女 ドラマ キャスト あらすじ 感想 一覧まとめ

【昼ドラ】赤い糸の女 ドラマ キャスト あらすじ 感想 一覧まとめです。『赤い糸の女』(あかいいとのおんな)は2012年9月3日からフジテレビ系列の昼ドラマで放送されるドラマ。出演者:三倉茉奈,奥村佳恵,上野なつひ,瀬川亮,酒井扇治郎,加藤和樹,小沢真珠,石田純一(ネタバレ 相関図 予告 あらすじ)

更新日: 2012年11月02日

omiyageさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 373225 view
お気に入り追加

▼赤い糸の女 次の昼ドラ【幸せの時間】

『欲望が、絡みつく。』フジテレビ系列の昼の帯ドラマ枠で放送される『赤い糸の女』(あかいいとのおんな)ドラマ キャスト あらすじ 感想 一覧まとめです。

現代人の心の内に宿る数々の「欲望」をテーマにした、東海テレビが得意とする生々しく美しいドロドロの「愛憎劇(ドロドロ)」。現代都市と過疎が進む地方都市を舞台に、人と現代社会が抱える負の部分を描き、その負の部分と向き合い乗り越えながら一歩一歩前進する女性の人生を描く。キャッチコピーは「欲望が、絡みつく。」。

現代人の心の内に宿る数々の「欲望」をテーマにした、東海テレビが得意とする生々しく美しいドロドロの「愛憎劇(ドロドロ)」。現代都市と過疎が進む地方都市を舞台に、人と現代社会が抱える負の部分を描き、その負の部分と向き合い乗り越えながら一歩一歩前進する女性の人生を描く。キャッチコピーは「欲望が、絡みつく。」。

▼【昼ドラ】 赤い糸の女 あらすじ

幼い頃、母に捨てられたという心の傷を持つ女子大生・志村唯美。良家の娘である貴道麻衣子、いじめの経験から全身整形した鹿野芹亜と寮のクラスメイトとなるが、その出会いが秘密の共有を生み、恋人や親たちまでが欲望の糸に絡まっていく。唯美は、それぞれの欲望と向き合い戦いながら自らの人生を一歩ずつ前に進んでいく。

幼い頃、母に捨てられたという心の傷を持つ女子大生・志村唯美。良家の娘である貴道麻衣子、いじめの経験から全身整形した鹿野芹亜と寮のクラスメイトとなるが、その出会いが秘密の共有を生み、恋人や親たちまでが欲望の糸に絡まっていく。唯美は、それぞれの欲望と向き合い戦いながら自らの人生を一歩ずつ前に進んでいく。

都内の美容整形クリニックの娘として生まれ、横浜市内の女子大学の寮で過ごす志村唯美(三倉茉奈)。唯美には貴道麻衣子(上野なつひ)というルームメイトがいた。麻衣子は信州上田の名家の出身で、育ちのよさと性格のよさが内面から溢れていた。唯美は家柄も性格も恋人も何もかもが完璧な麻衣子に対し、羨望と同時に、ドス黒い感情もくすぶらせていた。ある日、二人の部屋に新たなルームメイトとして鹿野芹亜(奥村佳恵)が加わった。芹亜は唯美の小学校の同級生で、過去に唯美と比較されいじめられたトラウマから全身整形を行い完璧なプロポーションと美貌を手に入れていた。
 この三人の出会いがそれぞれを巡る不思議な秘密の共有の始まりとなり、それぞれの恋や親たちも巻きこみながら、複雑な絡まりを見せていく…

都内の美容整形クリニックの娘として生まれ、横浜市内の女子大学の寮で過ごす志村唯美(三倉茉奈)。唯美には貴道麻衣子(上野なつひ)というルームメイトがいた。麻衣子は信州上田の名家の出身で、育ちのよさと性格のよさが内面から溢れていた。唯美は家柄も性格も恋人も何もかもが完璧な麻衣子に対し、羨望と同時に、ドス黒い感情もくすぶらせていた。ある日、二人の部屋に新たなルームメイトとして鹿野芹亜(奥村佳恵)が加わった。芹亜は唯美の小学校の同級生で、過去に唯美と比較されいじめられたトラウマから全身整形を行い完璧なプロポーションと美貌を手に入れていた・・・

芹亜(奥村佳恵)が裏で糸を引いているとも知らずに、唯美(三倉茉奈)はひそかに思いを寄せていた徳須(瀬川亮)と一夜を共にする。一方、芹亜は、麻衣子(上野なつひ)にも徳須と男女の仲になるようにとけしかける。やがて唯美は、芹亜から全ては自分の策略だったと知らされて、言葉を失う。その後、唯美が恋人・森下(酒井扇治郎)とバーで酒を飲んでいると、徳須と麻衣子が現れ、親密な様子の2人を見た唯美はショックを受ける。

芹亜(奥村佳恵)が裏で糸を引いているとも知らずに、唯美(三倉茉奈)はひそかに思いを寄せていた徳須(瀬川亮)と一夜を共にする。一方、芹亜は、麻衣子(上野なつひ)にも徳須と男女の仲になるようにとけしかける。やがて唯美は、芹亜から全ては自分の策略だったと知らされて、言葉を失う。その後、唯美が恋人・森下(酒井扇治郎)とバーで酒を飲んでいると、徳須と麻衣子が現れ、親密な様子の2人を見た唯美はショックを受ける。

唯美(三倉茉奈)は、麻衣子(上野なつひ)と徳須(瀬川亮)の結婚祝いパーティーのサプライズとして落とし穴を掘ることを思い付き、芹亜(奥村佳恵)もそのアイデアに賛成する。打ち合わせのために唯美は徳須と会うが、彼は唯美や芹亜と再び男女の仲になることを望んでいた。パーティー当日、海辺で大はしゃぎする唯美たちだったが、そこである事故が。その後、唯美は麻衣子の姉・遥香(小沢真珠)から事故について激しく追及される。

唯美(三倉茉奈)は、麻衣子(上野なつひ)と徳須(瀬川亮)の結婚祝いパーティーのサプライズとして落とし穴を掘ることを思い付き、芹亜(奥村佳恵)もそのアイデアに賛成する。打ち合わせのために唯美は徳須と会うが、彼は唯美や芹亜と再び男女の仲になることを望んでいた。パーティー当日、海辺で大はしゃぎする唯美たちだったが、そこである事故が。その後、唯美は麻衣子の姉・遥香(小沢真珠)から事故について激しく追及される。

証券会社に就職して4年。唯美(三倉茉奈)は買い物依存症に。父・征行(石田純一)から見合いを勧められる中、唯美は仕事を通じて、会社員の寺坂(清水伸)と知り合い…。

証券会社に就職して4年。唯美(三倉茉奈)は、麻衣子(上野なつひ)を亡くした心の空洞を埋めるように買い物依存症に陥り、どうしてもそこから抜け出せない状態に。借金が雪だるま式に増える一方で、男性との出会いは無いのだった。
家では、継母の不二子(北原佐和子)から結婚しないことを皮肉られ、父・征行(石田純一)からは見合いを勧められる唯美。そんな実家暮らしに居心地の悪さを感じていて…。
ある日、唯美は仕事を通して会社員の寺坂(清水伸)と知り合う。無骨なところがあるが、実直な寺坂に唯美は少しずつ惹かれていく。
寺坂の亡き母が着物好きだということが分かり、そのうちのいくつかを貰い受けることになった唯美。その着物を仕立て直しに行った和装店で、運命的な出会いが唯美を待っていた。

唯美(三倉茉奈)は、芹亜(奥村佳恵)が自分の売春相手から倍の金額を取っていたと知り、激怒。だが芹亜は動じずに笑いとばし、唯美の借金を横領した金で肩代わりしたという話もうそだったと明かす。そんな中、唯美は会社の先輩・厚子(椿鬼奴)と食事中、元彼の森下(酒井扇治郎)と再会する。一方、芹亜は、唯美との結婚の準備が進んでいる寺坂(清水伸)を呼び出して、10万円である女性と一夜を共にしないかと持ち掛ける。

唯美(三倉茉奈)は、芹亜(奥村佳恵)が自分の売春相手から倍の金額を取っていたと知り、激怒。だが芹亜は動じずに笑いとばし、唯美の借金を横領した金で肩代わりしたという話もうそだったと明かす。そんな中、唯美は会社の先輩・厚子(椿鬼奴)と食事中、元彼の森下(酒井扇治郎)と再会する。一方、芹亜は、唯美との結婚の準備が進んでいる寺坂(清水伸)を呼び出して、10万円である女性と一夜を共にしないかと持ち掛ける。

念願かなって、信州・上田の織物作家、琴子(山口いづみ)の弟子となった唯美(三倉茉奈)だったが、近くに住む母・豊子(いしのようこ)の家ではなく、麻衣子(上野なつひ)の実家に部屋を借りて、暮らし始める。
 麻衣子の母・多嶺(毬谷友子)と姉・遥香(小沢真珠)は親切なものの、唯美が借りたのは、自らが死なせてしまった麻衣子の部屋。よく眠れないという唯美に、遥香は、麻衣子の幽霊が出るから仲良くしてやってくれ、と笑って言い...。

念願かなって、信州・上田の織物作家、琴子(山口いづみ)の弟子となった唯美(三倉茉奈)だったが、近くに住む母・豊子(いしのようこ)の家ではなく、麻衣子(上野なつひ)の実家に部屋を借りて、暮らし始める。
 麻衣子の母・多嶺(毬谷友子)と姉・遥香(小沢真珠)は親切なものの、唯美が借りたのは、自らが死なせてしまった麻衣子の部屋。よく眠れないという唯美に、遥香は、麻衣子の幽霊が出るから仲良くしてやってくれ、と笑って言い...。

唯美(三倉茉奈)たちの女子大時代の四角関係が遥香(小沢真珠)に知られてしまう。さらに遥香は自分が思いを寄せる栃彦(加藤和樹)が唯美と肉体関係にあると知り激怒。唯美は貴道家から追い出され、母・豊子(いしのようこ)のアパートに身を寄せることになる。そんな中、唯美が栃彦との子どもを妊娠。一方、芹亜(奥村佳恵)も妊娠し、おなかの子の父親は唯美の父・征行(石田純一)でこの子は唯美のきょうだいだと徳須(瀬川亮)に告げ、目を輝かせる。

唯美(三倉茉奈)たちの女子大時代の四角関係が遥香(小沢真珠)に知られてしまう。さらに遥香は自分が思いを寄せる栃彦(加藤和樹)が唯美と肉体関係にあると知り激怒。唯美は貴道家から追い出され、母・豊子(いしのようこ)のアパートに身を寄せることになる。そんな中、唯美が栃彦との子どもを妊娠。一方、芹亜(奥村佳恵)も妊娠し、おなかの子の父親は唯美の父・征行(石田純一)でこの子は唯美のきょうだいだと徳須(瀬川亮)に告げ、目を輝かせる。

徳須(瀬川亮)と男女の仲になった遥香(小沢真珠)は、徳須のカサノバ的な魅力に翻弄される。かつて徳須が妹の麻衣子(上野なつひ)だけでなく、唯美(三倉茉奈)や芹亜(奥村佳恵)とも関係を持っていたことを知る遥香は、体の相性が一番良かったのは誰かと徳須に尋ねる。徳須が迷わず唯美と答えると、遥香は…。

徳須(瀬川亮)と男女の仲になった遥香(小沢真珠)は、徳須のカサノバ的な魅力に翻弄される。かつて徳須が妹の麻衣子(上野なつひ)だけでなく、唯美(三倉茉奈)や芹亜(奥村佳恵)とも関係を持っていたことを知る遥香は、体の相性が一番良かったのは誰かと徳須に尋ねる。徳須が迷わず唯美と答えると、遥香は…。

▼赤い糸の女 あらすじ 15話までのまとめ

▼予告 【昼ドラ】 赤い糸の女 ドラマ 動画

▼【昼ドラ】 赤い糸の女 ドラマ 相関図

1 2 3 4 5 6 7 8



omiyageさん

このまとめに参加する



公式まとめ