1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

音楽経験ゼロの人間(私)がDTMを始める際に参考にしたもの

「まったく音楽経験がないけどDTMをやりたい」と言う人に役立ちそうな内容を初心者なりにまとめてみました。

更新日: 2015年01月25日

irorianさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
721 お気に入り 203253 view
お気に入り追加

音楽とは全く縁のない界隈で、VOCALOIDと出会い、それがきっかけでDTMの存在を知り
「自分も作曲したい!」と思われた方も多いと思います。(ちなみに私もそのひとりです。)
でも、楽器の演奏どころか、楽譜が読めるかどうかも怪しい…
DTMをやろうにも、そんな状態で一体何から始めればいいのやら…
そういう時に「これは使える!」と思った情報サイトや本などを自分なりにまとめてみました。
これからDTMを始めようと言う方で、お悩みの方の参考になれば幸いです。

1.作曲の方法を知る

作曲しようと思った時にまず問題となるのが「曲ってどうやって作るの?」って事ですよね。
まずはその知識から仕入れましょう。
以下の動画・本が音楽知識ゼロの方でも理解しやすくおススメです。

VOCALOIDP「菩薩P」の作曲講座。本当に最初の段階から(ドレミから)解説しています。「何も分からない!」と言う方にはとにかくおススメ。

2.実際に作曲してみる

作曲の方法はわかった。

今度は、実際に作曲ソフトを使って作曲してみます。
最初から曲を完成させておくのではなくソフトに打ち込みながら作曲していく方も多いです。
実際に音鳴らしながら作った方が曲をイメージしやすいですしね!
ちなみに作曲ソフトには ピアノロール と スコア入力 の二種類があります。

「音符が読めない…視覚的に音がわかる方がいい」と言う方は ピアノロール を
「楽譜の方がいい」と言う方は スコア入力 を選べばいいかと思います。

3.DAWで最後の仕上げをする

上記の過程を経て、無事MIDIデータが出来上がりました!
さて、次に行う事…

例えば、作った曲が歌モノであった場合は、ボーカルと伴奏を合わせないといけません。
ただ合わせるのであれば別にどうとでもできますが、クオリティにこだわるのであれば、ボーカルと伴奏の細かい調整も行いたい所。また「別の音源を使いたい」「楽器ごとにリバーブなどのエフェクトをかけたい」などと思った場合にも、いわゆる仕上げの作業が必要になります。
こういう場合、作ったMIDIデータをDAWで読み込み、編集する必要があります。

もちろんこの作業をするにあたって、必要になる知識がでてきます。
参考書籍等を読んでおいた方がいいかも知れません。

MusicMakerを使ったボーカルと伴奏のミックス方法を解説しています。この動画が一番わかりやすいかも。

一体どのDAWがいいのかなどと言う選択は、使う人の判断次第です。ただ、利用ユーザ数の多いDAWの方が、何かあった場合の対処法を見つけやすいと言う利点があるなどの差は出てくるかと思います。他にも色んなDAWがありますので、ご自身にあったものを探されるのが良いかと。

4.VOCALOID

ボカロでは、クリプトン社の「初音ミク」が一番有名なのかな…?
基本的にキャラでも声でもご本人のお好きなボカロを選んでも構わないと思います。
ですが「これから初めてボカロを使ってDTMをしよう」と思っている方には、VOCALOID3がオススメです。
「VOCALOID2のボカロに好きなのがあるからそれがいいんだけど…」と言う方は、VOCALOID3エディタにインポートして利用するといいと思います。それだけでも調教(調整)の手間が大分省けます。

※VOCALOID3エディタですが、12/09/03にヤマハより気になる発表があったので以下に追記。
「CubaseにVOCALOID3 Editorが統合されるぞ!」 藤本健の"DTMステーション"より引用
http://www.dtmstation.com/archives/51808123.html

音源関係の書籍

その他参考になったサイトなど

1 2





その辺によくいるただのヲタクです>< 最近はPCで絵を描いたり音楽作ったり作った曲をVOCALOIDに歌わせてみたりしています。
Twitter:http://twitter.com/irorian



  • 話題の動画をまとめよう