1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

イイ時代のヒップホップ名曲まとめ【ジャジーアングラ編】(追記あり)

近年のうすっぺらいヒップホップに物足りなさを感じているアナタへ、ヒット曲から個人的クラシックまで90年代後半~00年代前半のアナログヒット曲を中心としたアングラジャジー名曲をまとめました。これをきっかけに色んな曲やアーティストを掘っていってもらえると嬉しいです。

更新日: 2015年08月24日

maafirさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
751 お気に入り 190113 view
お気に入り追加

> 2015/08/24 動画が無効になっていたものを修正し、5曲追加しました。
> 2015/02/03 動画が無効になっていたものを修正しました。
> 2015/01/27 動画が無効になっていたものを修正しました。

▌1993年

2003年にStones Throwからの再発により発掘された西海岸名曲。
ピアノとベースのシンプルなトラックはジャジーさだけではなく90年代らしいドープさも兼ね備えています。
こちらを収録したCDは出ているのですが見たことがありません。

▌1994年

カナダ発ソクラテスのデビュー作にして激レアアングラクラシック!
走るピアノとドープなベースラインが渋すぎる、まさにmid90'sらしい名曲。
おそらく再発は出てない&CDも出ていないので、未だに高値のつく1枚。

▌1995年

マイナー盤クラシック。
初めて聴いた時は、およそジャケ(レーベル面)からは想像できないトラックの良質さに驚きました。この曲はおそらくCD化されていませんが、実は「49ers」という名前でまだ活動をしており、日本リリースもしています。
(※2013.6/22修正 CD化されている様です)

El Da Sensei(Artifacts)と並ぶ2大先生、Scott Lark da Senseiのジャジークラシック。
Sonny Clarkサンプリングのホーンと優しいピアノが気持ち良い名曲。
Mixtape常連曲で、名プロデューサーTony Dが手がけています。
アルバムCDはかなりのレア盤だと思います。

Roy Ayers使いのNYジャジーアングラクラシック。
シンプルで美しいピアノループがハマりすぎて何度聴いても飽きません。
アルバムやコンピは未収録だと思います。

再発も出たシアトルアングラクラシック。
ポイントで入るアルト・サックスの調べもかっこいいですが、抑え目なドラムとベースとピアノが黒いジャズさを醸しだしております。90年代アングラ名曲!

▌1996年

アングラというか、ヒップホップクラシックです。
イントロで反応する人も多いであろう、大名曲。
コンピ「Lost & Found」に収録されるまでは、一般流通のCDだとDJ PremierのMix CDくらいにしか入っていなかった(ハズ)。ヒップホップ好きなら知っておくべきクラシックです。

Mary Joyの名コンピ「Tags Of The Times」に収録された"No Soles' Dopest Opus"と同じEPに収録されていた曲で、このEPは、Fondle'Emというアングラ界でカルト的人気を誇るレーベルのリリースの中でもかなりの人気盤。いわゆるジャズではなく、スピリチャルジャズ好きな人にハマるのではないでしょうか。
なんとCDで再発されたので、このドープなジャジーさがツボったらアルバムも聴くべし。
アングラ界の歴史に残る名盤だと思います。

(Natural Resource"Negro League Baseball"ですが、他の動画が音声ミュートになっていたりインストしかなかったためこちらの動画を)
上記「Tags Of The Times」に収録されたアングラクラシック。(この「Tags Of The Times」は、当時まだまだ情報の少ないアンダーグラウンドヒップホップの名曲を数々日本に紹介してくれた名コンピです)
90年代のアングラが好きだった人なら知らない人はいないかも?なカルトヒット曲で、シングルの再発もよく見かけました。今でも再発は安く掘れると思います。
紅一点ラッパーのJean Graeはソロで活動しています。

JPNヒップホップクラシック、シャカゾンビ「空を取り戻した日」と同ネタの隠れた名曲。
(シャカゾンビ→ http://www.youtube.com/watch?v=sOEUJ6rDQN0 )
今聴いてもかっこいいですね。ジャケなし2枚組EPにひっそりと収録されてました。
もちろんCD化はされてないハズ…。

Siah and Yeshua DapoEDと同じくFondle'Emより!
NYのグループでそれぞれソロでも活躍するArsonists。ループするジャズベースがかっこよすぎますね。
かっこいいのに、あってもそんなに高くないお買い得な1枚。

▌1997年

この頃のアングラで外せないクルーの一つ、アトランタ発Mass Influence。元曲(https://www.youtube.com/watch?v=nHj2h8Mx7YQ)もいいのですが、こちらはアルバムのみに収録のチルアウトなリミックス。コンシャスなリリックも◎

▌1998年

Siah and Yeshua DapoEDやArsonistsと同じくFondle'Emレーベルからの、レアアングラ盤!
デンマークのクルー、THE BOULEVARD CONNECTIONの作品で、こちらの曲はArtifactsのTame 1とEl The Senseiをfeatしたまったりピアノジャジー曲。
彼らはこの後2000年にも”Copenhagen”という名曲をリリースしており、こちらもクラシック!(http://www.nicovideo.jp/watch/nm10915145

シカゴアングラの雄、All Naturalによるアングラクラシック。
洗練されていてメロディアス。
Ramsey Lewisネタのピアノが印象的な、本当にいい時代のジャジーアングラ名曲です。

正統派ジャジーアングラクラシック!シングル12"は再発も出ていました。
CDアルバムは出していない(と思う)ので、コンピ「Lost & Found」を買うべし。

90~00年代ジャジーアングラを代表するサンディエゴのグループ。
おしゃれで聴きやすいのにちゃんと芯のある音で、男女問わずおすすめできます。
マンハッタンレコードでは常にシングル12"のストックを置いてあるくらい大人気曲でした。
コンピ「Lost & Found」に収録されていますが、ベスト盤もハズレがないのでいいと思います。

UKヒップホップアーティストの中でも独特のメランコリックさで人気のルイス・パーカーによるピアノジャジー曲。彼の曲はどれも切なさを感じさせます。
このアルバムはトリップホップともリンクしたUKらしいヒップホップ作品となってるので、この曲を気に入った方は是非聴いてみてください。

カナダはトロントの名MC、Mathematikによるデビュー期のジャジー名曲!Black Byrdネタ、ピアノが美しすぎる一曲。
プロデュースはERF ProductionsでMathematikもそのメンバーの一人。上で紹介したSaukratesやその他カナダヒップホップの様々な名曲のプロデユースを手がけています。
90年代からカナダヒップホップは名曲が多いので興味を持った方は掘ってみるべし!

DJ Cam feat. Channel Live "Broadcasting Live"のLord FInesse Remix。
フランスを代表するトラックメーカーDJ CAMとロード・フィネスのタッグで悪いわけが無い!疾走感あるジャジーニュースクール!(アングラか微妙なところですが、ヨーロッパものということで入れてしまいます)

▌1999年

DJ Mitsu The Beats & Mu-RのMixにも収録されていた西アングラクラシック。
ジャズさは低めですが、シンプルな上モノと特徴あるラップがクセになる1枚。
おそらくCDは未リリース&コンピ未収録。

ドイツを代表するヒップホップグループのデビューシングル。
3曲入りEPだったのですが、全ての曲が良いという奇跡的な1枚。
アルバムは出しているのですが残念ながらこちらの曲は未収録。
いつか「Lost & Found」に収録されるだろうと思ってるのですが…。

西海岸アングラといえば、P.U.T.S.!独特のグルーヴィーさを持つ唯一無二のグループです。
ハネたビートと上モノが心地良い、カフェなんかでも流せそうな名インスト曲。
(この曲はOMレーベルのコンピ、「OM Lounge4」に2000年に収録されていたので2000年としましたが、オリジナルアルバムには収録されなかったので実際は不明。)
グループとしてジャジーという訳ではないですが、オールドスクールなスタイルやラップも含めかなりかっこいいので、1stや2ndあたりを是非聴いてみてほしいです。

1 2 3





maafirさん

音楽と自転車。



  • 話題の動画をまとめよう