1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

スピーカーの音質を格段に向上させる方法まとめ【オーディオ】

オーディオ業界に伝わる音質改善方法を集めてみました。オカルト的な方法でも、実際に効果を感じている方もおり、自分の耳で確かめる事が大事です。百聞は一見にしかず。

更新日: 2013年01月13日

ho1986さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1240 お気に入り 692025 view
お気に入り追加

◆スピーカーと土台の間にインシュレーターを挟む

費用 10円~10万。10円玉を代用する方法も有名。6個で2000円前後のエントリーモデルから入りステップアップしていく。画像のインシュレーターは3個で2万1000円

硬い材質のインシュレーターを使うと高域よりのバランスになり
柔らかい材質のインシュレーターを使うと低音よりのバランスになります。

◆高級スピーカーケーブルに換える

費用 2000円~300万。付属ケーブルや1mあたり数百円のケーブルは論外。
画像のケーブルは1mあたり1万円。

音が出た瞬間、「なんだこれは」という感じの大きな変化でした。

立体感、躍動感もかなりUP。
知らなかった埋もれた音もいっぱい出てくる。

ケーブルの交換だけでワンランク上の音質を手に入れることができ、非常に感動しました。

◆電源ブレーカーのスイッチにパワーチップを貼り付ける

最上流でせき止められた電源が開放されたように、音楽がパワフルに鳴り出す。
音に勢いが感じられるようになるため、まるで音量がアップしたかのよう。
機器を買い換えることなく、大幅の音質アップグレードが可能。

ギスギスした中高域の部分がなめらかになって、低域から高域までの音のつながりが良くなり、1つ1つの音に肉付きも出て、パワー感も増して聴こえました!

◆ケーブルインシュレーターの追加

ケーブルが接触している箇所を全て浮かせれば浮かせるほど、透明度や立体感、質感は向上させる事が可能

少し解像度を上げるのであれば金属系、音にマスクを掛け柔らかい音にするには、木材等で少し浮かしてやると良いでしょう。

低域の表現力が目覚しく向上した印象で、基本的に我が家では手放せないアイテムになっています。

◆拡散材を設置して音場空間を作る。

空間が広がり、ボーカルなど前に出てくるべき音像はぐっと前に出てき、後方に展開すべき音像は後方に広がり、音像と音像の間に距離が感じられるようになりました。

拡散していた中域から中低域が凝縮されて音圧がアップしたように感じる

高域がきらびやかになり,キラキラする印象。音像が左右に広がりスピーカーの外からも音が聞こえるかのような音像。

◆チューニングチップをCDプレイヤーに貼る。

CD規格の壁を超えた音楽世界に飛び出してみてください。

誰が試しても一瞬で分かるようなグレードアップ感。機器をワングレード高級にしたような満足感。

不思議なことに音場が下から上に持ち上がり、少し広がりました

1 2 3





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

気になったものをまとめます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう