1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

本に年100万使う私が選ぶ!値段の10倍得する本10選

読書は楽しいけど、出版されている本が多すぎて、何を読んでいいかわからなくなってしまいますよね。そこで、本代に年100万円を使ってしまった私が、買った本の中から「絶対に読んで損しない本」を厳選してご紹介します。読書を楽しみましょう。

更新日: 2012年10月10日

tenyawanyaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19879 お気に入り 1037993 view
お気に入り追加

はじめに

読書は楽しいけど、本が多すぎて、何を読めばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、amazonで買った本代が年100万を超えてしまった私が、買った本の中から

「絶対に楽しめて」「人生観も変わる」「値段の10倍の価値がある」

本を、10冊、厳選して紹介します!

科学的に幸せになる方法を知る

出典gsoku.com

著者:ソニア・リュボミルスキー

本当に幸せになれる方法を知っていますか?この本は科学的な見地から「本当に幸せになる方法」を解説した本です。

読むと、私たちが誤解している「幸せの正体」が見えてきます。

たとえば、「子供をつくる」ことは平均的には幸せに全く貢献せず、個人が感じられる幸せの50%は遺伝によって決まっています。

一方で、幸せになる方法も教えてくれます。

例をあげると、週末に「感謝できること」を数えるだけで、人の幸福度は驚くほど向上します。

知っているようで知らない幸せの正体を知りたい方はぜひ、読んでみてください。

著者:ニック・ポーターヴィー

行動経済学者の著者が「幸せに値段をつける」という暴挙を試みた本。

幸せをお金に還元して、客観的に分析すると
「奥さんとの死別よりも、長時間の通勤の方が、人を不幸にする」
「奥さんの死よりも、失業の辛さの方が癒えにくい」
というような、数々の驚きの真実が見えてきます。

幸せという主観的なものを、お金という客観的な指標に変えることで、幸せの金勘定を可能にしています。

毎章、毎章、驚かせてくれる優れた一冊です。

本当に能力をあげる方法を知る

著者:リチャード・ワイズマン

この本は科学的な見地から「本当に成果をあげる方法」を教え、自己啓発書の嘘を暴きます。

たとえば、自己啓発書によく書かれている「成功する自分をイメージする」「みんなでアイデアを考えること」はかえってマイナスの結果を招くのです。

一方で、科学的に証明された「本当に能力を上げる方法」も教えてくれます。

例をあげると、「机を手前に引く」「胸を張る」「職場に植物をおく」ことだけでも、私たちの能力は驚くほど向上します。


科学的に正しい「ライフハック」を教えてくれる本です。

著者:ジョン・J・レイテイ

記憶力を伸ばし、うつを治し、創造性を引き出し、性格を明るくし、注意力を向上させ、集中力を高める、魔法の薬を知っていますか?

それは運動です。

運動がいかに私たちの能力を引き出すのかを、数々の論文を引用しながら教えてくれる一冊です。

「運動しなきゃな、でも面倒くさいなぁ」と思っているあなたが、確実にその日からジョギングしたくなる本。

これで運動したくならないなら、一生運動の習慣は身につかないかもしれません。

そのくらい「運動したくなる」脳の真実を教えてくれます。

人間関係の持つ恐るべき力を知る

ニコラス・A・クリスタキス
ジェイムズ・H・ファウラー

私たちは人間関係にとてつもない影響を受けています。

たとえば、年収が80万円あがるよりも、日々接する友人が幸せになる方が12倍あなたを幸せにします。

あなたの友人が太った場合、あなたが太る確率は大幅に上昇します。あなたの友人が禁煙に成功したら、あなたも禁煙に成功できる可能性が上がります。

ハーバード大医学部の著者が、人間関係がいかに私たちに影響を与えるのかを、考察した本。超面白いです。

著者:ロバート・B・チャルディーニ

数々の実験・研究を引用しながら、私たちの心理を操作する法則を教えてくれます。
読めば、人に影響を与える方法が見えてくるでしょう。

たとえば、
「ありがたく思っていなくても恩を返さずにはいられない(返報性の原理)」
「みんなが好きなものを好きになる(社会的証明)」

のような、社会心理学で実証されている、意思決定の原理原則を解説しています。

分厚い本ですが、翻訳が非常に優れていて、するすると読めます。

どんな人間関係のhow to本を読むよりも、この本を読むほうが効果的です。

本当に自分を変えたいと思ったら読む本

著:キャロル・S・ドゥエック

なんでも「やればできる」人っていますよね。彼らは何が違うのでしょうか?

教育心理者の著者が「やればできる」人の秘密に迫ります。

すると、やればできる人とそうでない人の違いは「自分はやればできる」と信じているかどうかだけだったのです。

「やればできる」という信念がどれだけ人の能力を引き伸ばすか、を数多の研究事例を通して紹介します。

科学的な見地から「成長し続ける人の正体」を暴いた、価値ある一冊。

著者:チップ・ハース&・ダン・ハース

この世で最も無駄なことは「変わるぞ」と決意を新たにすることです。どうせ続かず終わってしまいます。

この本は「変わる」という困難な挑戦を成し遂げる方法を、本気で解説したもの。

心理学の研究論文や、企業のケーススタディを引用しながら、「本当に変わるための方法」を教えてくれます。

著:島宗 理

行動分析学という学問の視点から、「望ましい行動を繰り返し、やめたい行動をやめる方法」を教えてくれる一冊です。


毎日の行動を変え、良い人生を生きたいなら、買っておいて損はない本。

内容も非常に易しく、中学生でも読めます。

お金とのつきあい方を知る

著者:トマス・J・スタンリー
著者:ウィリアム・D・ダンコ

1000人以上の億万長者を調査してわかった「本当の億万長者の姿」を教えてくれる本です。

たとえば、彼らの半分は1万8千円以上の時計を買ったことがなく、一生でかった最も高い服の金額は3万円、半分近い億万長者は車を中古車ですませています。

本当の億万長者の姿を知れば、彼らに少しは近づけるかもしれません。

1





このまとめへのコメント4

  • 肉食さん|2013.06.21

    どんな本が出てくるのかと思いきや、いきなり自己啓発本で笑った。ネタとしてはなかなか好きです。

  • hirakebonkikkiさん|2013.06.17

    100万円分で自己啓発したのだから、さぞかしすごいひとになってるんだろうな(空目)

  • Operonさん|2012.10.11

    自己啓発系の本のおすすめってことですね。年間100万円も使うのはすごい。

  • tengayosukeさん|2012.10.11

    こんな本ばかりに100万も投じられる著者のリッチさの方が凄い

1

いつも頑張ってまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう