1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

組織のカギを握るのはトップではなくNo.2だ

組織、会社の運営って社長の存在が一番重要だと考えがちですが、じつはそうとは限らないんです。No.2の役割の方が、組織にとっては大事であるという意見があります。意外ですが、経験上言われてみればナットクなところもあるので、No.2の役割をまとめてみます。

更新日: 2012年09月21日

xyz0001さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2866 お気に入り 248961 view
お気に入り追加

組織におけるNo.2とは

会社全体だけでなく、個別の小さな部署にもあてはまることです。

あらゆる組織の中で最も重要なポジションは、トップではなくNo.2

トップはビジョンが描ければいい。実際に組織を動かしてビジョンを実現してくのが、No.2

No.2の大事な役割

トップは5年後、10年後の会社のあり方を考えていかなければならない仕事なので、その間を取り持ってくれるのはNo.2の役割

観点が違うから、どうしてもトップと現場では意識のズレが生じるんですね。

トップが思っていることを現場に正しく伝える。また、逆に現場の声をトップに正しく伝える

現場メンバーとの繋ぎになることが最重要です。

トップの言っていることが現場に理解しにくい場合は、解説するか、もう少し分かりやすい言葉で言うようトップにお願いする

ただの空洞のパイプ役ではいけないんですね。通訳というかフィルターにならなければいけません。

トップに不満を持つ現場メンバーを、ビジョン実現のためにまとめ上げることも必要

現場の不満を吸い上げてトップに伝えるのも、No.2の大事な仕事です。

トップの言動が明らかに間違い、もしくは自分と意見が違うというときは、皆の前ではなく2人きりで話し合う

トップとNo.2の意思疎通がうまくいっていないのは、周りには絶対に悟られてはいけません。
組織が崩れてきます。

「トップになるのはちょっと…」では、こんなNo.2を目指そう

トップは明後日のことを考えるから、今日と明日のことを考えるNo.2になる

近々の組織運営を考えられる人になりましょう。

想いはトップが、お金はNo.2が、というような体制が会社を成長させる

トップの夢を実現させられるようなNo.2になりましょう。

トップの「価値観」「想い」「目標」を共有し、共鳴できる

ここができていないと、No.2としての役割は果たせませんね。

No.2に必要な力は、護衛力・専門力・実務力・忠言力・信頼力

【護衛力】トップの精神的、肉体的プレッシャーを和らげ、適切な判断ができるようにする
【専門力】トップに欠けている部分を、専門知識で補う
【実務力】トップが掲げたビジョンを、実務レベルまで落とし込んで行動に移す
【忠言力】トップが誤った判断・行動をしたら指摘する
【信頼力】トップとの相互の信頼関係がある

参考リンク

1





このまとめへのコメント7

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

xyz0001さん

一歩一歩、積み重ねが重要!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう