1. まとめトップ

【ギャンブル?】SoftBankのiPhone下取りプログラムの落とし穴 !?【割引開始は2ヶ月後】

9月19日の緊急記者会見で下取り価格UPの決まったSoftBankの「スマホ下取りプログラム」。手軽なチェックで下取りが決まるのかと思いきや、とんでもない落とし穴が待っていました・・・。(9/25 警視庁指導後のプログラム変更を末尾に追記。)

更新日: 2012年09月26日

fromzeroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 235662 view
お気に入り追加

▼ 事の発端は発売日の朝に始まる・・・

SBのiPhone下取りはAppleStoreでは当日の下取りしか出来ない!とのこと。またAppleは引き取った後にSBに送ってから査定で、そこでNGと判断されたらiPhoneの返却も無しだって!注意!

え、嘘でしょ??
またデマかもと思いつつ、もう一度公式ページを確認してみると・・・

▼ まずは公式情報を確認

「上記金額を指定機種購入後の毎月の利用料金から1,000円(税込)ずつ分割して割引します。なお、割引中も分割支払金をお支払いいただく必要があります。」

現金で一括でもらえないのは残念なものの、価格は上がってリーズナブルな範囲に。
ここまでは、報道通り。

下取りできない状態

以下のいずれかの状態に該当する場合、スマートフォンの下取りができません。
・「ガラス面が著しく破損」
・「画面に複数の破損(割れ)」
・「画面に破損(割れ)が一本」
・「画面に二股の細いひび割れ」

これもまあ当然。

9/19 緊急記者会見での孫社長の発言

しかし、我々の下取りプログラムはいちいち査定を行なわない。今回は一律である。電源が入る、画面が割れてない、査定という交渉事はなしに、それだけで下取りする。一気に買い取る。何十万台、何百万台単位で、全国的にソフトバンクショップ、量販店で、日本最大の下取りプログラムが実現される。

これを聞いたら、普通は各ショップ・量販店で簡単なチェックをして、そこで下取りできるかどうかの可否を決めてくれると思いますよね?

▼ しかし、下の方の細かい「注意事項」を読むと・・・

注意事項

・『下取り申し込み後のキャンセルおよび対象機種の返還を請求することはできません。』

・『新規契約/機種変更がキャンセルされた場合、または、本プログラムの適用条件を満たさず割引が適用されない場合でも送付された対象機種は返却されません 。』

公式ページにハッキリと書いてありました・・・。

まあ、でも店頭で下取りの可否を決めてくれるんでしょ?
それなら問題ないのだけれど・・・

▼ 実際に店舗に行って確認された方の報告

しかし、この査定条件が厳しいらしく、Appleの適用条件を満たない場合は換金されずiPhoneは返却されない、となっている。

つまり、Appleの条件はどんな条件か知らないがこれを満たせば設定金額が支払われるものの、減額方式の査定ではないので例えば最大12000円だが6000円の査定になりましたということはなく、条件が満たせないと換金されずiPhoneも返却されないという、何だかギャンブルをやっているような感覚だ。

だからなのか、量販のスタッフの人にも、お勧めはしないので量販の買い取りサービスを利用した方がいいと何度も説得されたが、物珍しさから、いやお願いしますと言って下取りに出した。

量販店の販売員さんでは決められない!しかも、下取りプログラムはお勧めされないとは・・・。

Twitterで「査定も何もせずとりあえず引き取って本部で査定しOK出たら月々値引きで、NGであっても本体は帰ってこない」という情報を見ていたので、契約時にソフトバンクの人に聞いてみました。

そこではNGであって希望があれば返却できるということでしたが、どう考えても無理なような気がします。個人情報をくっつけて本体を引き取るのでしょうか?そんな事できないですよね。

しかも何万台になるかもしれないものをどうやって管理するんでしょう?

ソフトバンクショップの人でも判断できない!公式サイトで返却できないと書いてあるのだから、できないでしょうね・・・。

ソフトバンクショップのスタッフさんの話、ならびにソフトバンクの「下取りプログラム」の資料によると、iPhoneの下取りサービスは店頭で行われるのではなく、郵送にて受け付けるとのこと。

下取りが可能かどうかを判断するのは、下取りサービスのスタッフの判断によるということ。

下取りサービスのスタッフが「下取り不可」と判断したら……値引きサービスが受けられないばかりか、実働するiPhoneすら返ってこないわけです。

私のiPhone4Sは実働もするし水没もしていない。液晶も割れていないし、キズもそんなに付いていない。ということでSBスタッフさんに「これなら大丈夫ですよね?」と聞いてみても、「判断するのは下取りサービスのスタッフなので、100%大丈夫とは私からは申し上げられません」とのお返事が……。こ、怖くなってきたんだけど!

やはり、下取りの可否は店頭では行われず、別の場所でまとめて行われるようです。一見大丈夫そうなiPhoneでも太鼓判をもらえないというのはかなり不安が残ります。

▼ どうしたらいい?

まだ、下取りプログラムの可否の結果のレポートが入ってきていませんので、これだけではソフトバンクのスマホ下取りプログラムが危険かどうかはわかりません。しかし、孫社長が記者会見で発表したような査定を気にせずに気軽に利用できるプログラムとは違うような気がします。

ここまで、気を配るようでしたら、自分で中古店に持ち込むなりネットオークションに出すなりした方が高額で現金で売るのを試す価値があるような。下取りしてくれる量販店が近くにあるのであれば、そちらを利用した方が確実でお得かもしれません。(下記の関連リンクを参照。)

または、古いiPhoneを家族に使ってもらえるならば、「4G/LTEスマホ家族キャンペーン」または「iPhone 家族無料キャンペーン (9/30まで)」を利用したほうが確実です。

とりあえず、しばらく待てるならば様子を見て、どの選択をするべきかを見極めたほうがよさそうです。

(追記)

問題が顕在化してきたからかどうかは分かりませんが、SoftBankの公式ページの「注意事項」の文章が変更されました。(9/22 23:36に確認。)

旧)
『新規契約/機種変更がキャンセルされた場合、または、本プログラムの適用条件を満たさず割引が適用されない場合でも送付された対象機種は返却されません 。』
新)
『下取りを申し込んだ端末が本プログラムの適用条件を満たさず割引が適用されない場合、お預かりした端末を申し込み時にご記入頂いた住所へ返送いたします。』

これでようやくまともになったようです。
でも、こんなにコッソリと重要な文章が変わってしまうのでは、まだ完全には安心しきれませんが、もう既に下取りに出されている方にとっては朗報です。

(追記:9/25)

ソフトバンクの下取りプログラムにまた不穏な動きが・・・。大丈夫なのでしょうか?

『ソフトバンクモバイル(東京)が全国の販売店で行っている旧型アイフォーンの下取りサービスが、古物営業法違反(無許可営業)に当たる恐れがあるとして、警視庁がサービスの中止を求める指導をしたことが24日、分かった。これに対し、同社では下取り方法を見直すことで対応したいとしている。』

『警視庁の指摘に対し、同社は、古物商の許可を受けているグループ会社のソフトバンクテレコム(東京)に下取りを任せるなど、方法を改めることで対応したいとしているが、同庁では、変更方法が妥当かどうか検討していくとみられる。

 ソフトバンクモバイルは「今後、下取りする分だけでなく、これまで受け取った分についても、改めて手続きを検討していく」としている。』


続報は「関連リンク」の後に続きます・・・

▼ 関連リンク

1 2





少し前にiPhone 5関連の情報を収集。

【保存版】iPhone 5の本当の月額費用がパッと分かる比較一覧表+α【au x SoftBank】
http://goo.gl/jZA9y



  • 話題の動画をまとめよう