1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【ノーベル賞2015(発表は10/5~)】日本人有力候補者17人まとめ【候補者の言葉と共に】

国際情報企業「トムソン・ロイター」は2015年9月24日、ノーベル賞受賞に値する研究者として、京都大学大学院 森和俊氏、大阪大学免疫学フロンティア研究センター 坂口志文氏を含む18名(5カ国)を発表。

更新日: 2015年09月26日

ganekuroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
134 お気に入り 1510810 view
お気に入り追加

▼ノーベル賞日程(2015年)

10月5日の医学生理学賞を皮切りに、6日に物理学賞、7日に化学賞、9日に平和賞、12日に経済学賞が発表される。

ノーベル文学賞は、10月の第1週、または第2週の「木曜日」というのが定例の発表日で、原則として他賞と同じ週に発表されることになっています。

文学賞の選考委員会はノーベル財団ではなく、日本の学士院にあたる「スウェーデン・アカデミー」(会員数18人)が選考委員会を兼ねているので、発表もアカデミーが独自に日程を決めて行う。

▼トムソン・ロイターがノーベル賞有力候補18名を発表(2015年)

京都大学大学院 森和俊氏
 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 坂口志文氏
がともに医学・生理学分野で受賞しました。

京都大学大学院理学研究科教授の森和俊氏は、小胞体内の変性タンパク質の検出と修復によるメカニズムの独自発見により、
また大阪大学免疫学フロンティア研究センター(WPI-IFReC) 教授/副拠点長、大阪大学特別教授の坂口志文氏は、制御性T細胞と転写因子Foxp3の特性と機能に関する独創的な発見において、それぞれの功績が讃えられ今回の受賞となりました。

▼選定基準

選定基準は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用件数に基づいて、各分野の上位0.1%にランクインする研究者となっており、主なノーベル賞分野における総被引用数とハイインパクト論文(各分野において最も引用されたトップ200論文)の数を調査し、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリ(物理学、化学、医学・生理学、経済学)に振り分け、各分野で注目すべき研究領域の候補者を決定。

トムソン・ロイター引用栄誉賞は、論文・引用データからノーベル賞クラスの研究者を選出・発表することにより、多くの皆様にトップクラスの研究者の功績を広め、讃えることを目的に設立

2011年ノーベル賞では、該当4分野の受賞者9名すべてが、過去この「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を受けていました。

▼今年を含め過去に「トムソンロイター引用栄誉賞」を受賞した日本人(2002~2015年)

カリフォルニア大学中村修二教授は、2005年にトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞していましたが、2014年にノーベル物理学賞を受賞しました。
また、京都大学山中教授は2010年にトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞していましたが、2012年にノーベル医学生理学賞を受賞しました(後述)。

●化学分野

新海征治

日本の化学者、工学博士、九州大学名誉教授。九州大学工学部卒業。現九州大学高等研究院特別主幹教授、崇城大学教授、九州先端科学技術研究所所長。

専門は多岐に渡るが、分子認識メカニズムの解明と、それらの知見を応用した分子機械システムの構築などを行っている。Wiley社が発行する世界的に著名な化学雑誌であるAngewandte Chemie 誌のアドバイザリー・ボード(顧問委員会)を兼任。

トムソン・ロイター引用栄誉賞をジョージ・ホワイトサイズ(ハーバード大学)、Fraser Stoddart(ノースウェスタン大学)らと共に2003年から3年連続で受賞。

物事を把握するときに,私は真正面から真正直に把えるようなやり方にはどうしても馴染めません。斜めから,下から,そして後ろから眺めて,真正面からは見えない“もの”の本質を探り出すのが好きです。イタリアなどで絵画や彫刻を観賞するときも,正面から観てそこに教科書に載っていた写真と同じ“もの”があるのを確認して満足するようなことはできません。それこそ,あらゆる角度から観察して製作者の意図を自分なりに理解しようと努めます。

北川進

日本の無機化学者。博士(工学)(京都大学)。京都大学大学院工学研究科教授、京都大学物質-細胞統合システム拠点副拠点長。京都府出身。有機物と金属を組みあわせた多孔性材料を研究している。

2010年 - トムソン・ロイター引用栄誉賞受賞

僕の座右の銘に、2400年前の荘子の「無用之用」という言葉があります。「役に立たないと思えるものも実は役に立つ」という意味です。たとえば、何でもない立方体も、その枠内を「空間」と考えると役立つかもしれないという発想です。われわれの研究原点も「空間とは単に何もない空隙ではなく機能の宝庫である」という立場に立っています。…20世紀は化学が飛躍した時代でしたが、注目を集めたのは“フレームワーク”、つまり骨格でした。しかし、これからは、まさに荘子が言ったように「重要でないと考えられていたことも、実は重要である」つまり、「空間は機能の宝庫である」という視点が必要だと考えます。

藤嶋昭

専門は光電気化学、機能材料化学。横浜国立大学工学部卒業。愛知県出身(東京生まれ、生後まもなく愛知県豊田市へ)。初代東京大学特別栄誉教授。財団法人神奈川科学技術アカデミー理事長。2006~2007年度日本化学会会長。

東京大学大学院に在学中の1967年春、水溶液中の酸化チタン電極に強い光を当てたところ、酸化チタン表面で光触媒反応が起きることを発見。この現象は共同研究者の本多健一の名前と合わせ「本多-藤嶋効果」と呼ばれる。

2012年 トムソン・ロイター引用栄誉賞受賞。

何のために研究するのか。その目的は何かということ。何のために研究するのかを常に考えながらやることが大事です。
 どんな人も天寿を全うしたいですよね。そのためには健康で快適であること。私は、科学技術者の最終的な目標は、これに少しでも役立つことではないかと思っています。光触媒はその1つではないかと思っています。また、面白いと思って自ら感動することも大事ですね。

春田正毅

首都大学東京 名誉教授、首都大学東京大学院 都市環境科学研究科分子応用化学域 特任教授

2012年トムソン・ロイター引用栄誉賞受賞
受賞コメント
『金にも触媒としての働きがあることを偶然見つけたのが30年前の1982年。以来、共同研究者や研究協力者、研究施設に恵まれ、研究を楽しみながら進めてきました。今後は、ナノ粒子よりさらに小さなクラスターに注目して、金の新しい触媒作用を生み出していきたいです。』

●医学・生理学分野

坂口志文

大阪大学免疫学フロンティア研究センター教授
滋賀県長浜市出身。
過剰な免疫反応を抑える制御性T細胞の発見と免疫疾患における意義を解明したことで知られる。

2015年トムソン・ロイター引用栄誉賞受賞
受賞コメント
『制御性T細胞の研究に携わって35年近くになります。制御性T細胞は、ここ15年、多くの研究者によって研究が活発に進み、今や自己免疫病など免疫疾患の治療、がん免疫の誘導など、ヒトの免疫応答の制御に応用されようとしています。今回のトムソン・ロイター引用栄誉賞受賞で、この研究分野への関心の高さを実感でき、今後の研究の励みにしたいと思います。』

サイエンスに限らず、興味を持てることを見つけて欲しいですね。私も30年コツコツと研究を続けてきたことが今回認められたように、何でもいい、興味のあることをとことん追求していると、思わぬ形で広がり、つながり、自分の人生を豊かにしてくれると思います。

医学部の教育を受けている時に、自己免疫病って面白いと思ったんですね。免疫系は、本来ウイルスとかバクテリアから自分を守るのですが、それが自分を攻撃する事がある。正常ではそうはならないようになっている。非自己は攻撃しても自己は攻撃しないという二律背反的なメカニズムが面白そうで、きっとうまいメカニズムがあるに違いないと思っていました

森和俊

1 2 3





ganekuroさん



  • 話題の動画をまとめよう