1. まとめトップ
  2. 雑学

選挙出るならまず600万!日本の供託金は驚きのお値段

選挙に立候補する際に必要な供託金。、日本は小選挙区300万円、比例代表600万円と世界一高い水準にある。

更新日: 2012年09月25日

26 お気に入り 50279 view
お気に入り追加

選挙に立候補する際に必要な供託金。

日本では、「選挙出たいなら、まず600万円準備してきてください」と言われてしまうんです・・・。

なんでお金なかったら、立候補できないのか?

選挙の立候補の届出には、決められた金額を法務局に預ける「供託」を行わなければならない。

※町村の議会議員を除く

いくらあれば、立候補できますか?
比例代表の供託金≫600万円
小選挙区の供託金≫300万円

衆議院選挙の場合。
当選しても落選しても、候補者の得票が一定数に達していれば、供託金が返還される。

そんな制度が必要なのか?

近代化の手本としたイギリスの制度をモデルに日本でも創設。1925年の普通選挙法の導入で、日本でも供託金制度がはじまった。

売名や選挙妨害するための立候補が出ることを抑える

それにしても海外と比べて高すぎ!ここまで高い必要あるか?

アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、フランスなど≫供託金制度がない

フランスでは約2万円の供託金が批判の対象となり、1995年に廃止。
日本の供託金は、イギリスの33倍、カナダの43倍、韓国の2倍、オーストラリアの60倍、シンガポールの4倍となっている。

指摘されている問題点

2009年の衆議院選挙の無効を訴えた選挙供託金の違憲訴訟は、最高裁で棄却され敗訴となった。

参照記事(選挙供託金制度)
http://nipponkoku.jp/deposit/work/index.html

憲法違反の可能性も指摘されている

高額な供託金は日本国憲法第44条「両議院の議員及びその選挙人の資格は、財産又は収入によって差別してはならない。」に反しているのではないか?

高い供託金は、国民の政治参加の機会を奪う

資金力がなければ、選挙への立候補もできず、機会の不平等につながる。

一定得票数に達しなかった場合、供託金が没収されることが、心理的なハードルになっている

有効投票総数に対して一定票(供託金没収点)に達しない場合は没収される。

ネットの意見(高いと思う)

memorva.jp/ranking/japan/… 日本1世帯の年収平均が547万円。選挙の供託金が300-600万円。これは貧民から被選挙権を奪う違憲行為ではないのか?

供託金には誰も彼もが簡単に立候補し過ぎて、候補者が乱立しないようにという役割はある。ただそれにしても、600万は高過ぎだと思うが……100~200万ぐらいにしてやれよ……そのぐらいだったら、本気で出たい奴はかき集められる金額だし、試しに出ようとかいう奴は制限出来ると思うが。

プロ市民「脱原発で衆院選立候補するお」 国「供託金600万円ね」 プロ市民「た、高すぎるお…」 white0wine.blog10.fc2.com/blog-entry-531… だから、宗教団体のような連中が選挙では有利・・・。せめて、100万くらい下げるべき

@wdaimon 市議選挙でも供託金は30万円かかりますからね。しりあいから100万以内でできる都市型激安選挙のやり方を教えてもらいましたが、田舎ではなんでも割高なので、その通りにはなりません。名望家的な人だと、当選するには最低予算で500万は掛かるだろうという試算もあります。

同意しかし、投票率も低すぎます。→@WarszawaExpress: 被選挙権を行使しづらい、国民投票制度を導入しない、一票の格差がひどすぎ等々、この半世紀余り、行政、立法、司法は結託して国民を名ばかりの主権者、主権者もどきにしている⇔東京新聞:供託金600万円出馬足かせ

ネットの意見(本気かを試すにはいい制度)

供託金制度はいい制度だと思うんだけどね、広告がわりにされても困るし。 制度云々より能動的に選挙の情報を知ろうとする態度のほうが大事でしょ?

本気で出る気なら、文句を言わずに集めるよね?ルールなんだから(^^;) RT @doxorya: 政経ch - プロ市民「脱原発で衆院選立候補するお」 国「供託金600万円ね」 プロ市民「た、高すぎるお…」 fc2.in/PBKODB

プロ市民「脱原発で衆院選立候補するお」 国「供託金600万円ね」 プロ市民「た、高すぎるお…」 white0wine.blog10.fc2.com/blog-entry-531… まずは、供託金を返してもらえる程度の票が入るよう、こつこつと経験や人脈を築いてから出馬するべき

1 2




このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

きくにほんさん

このまとめに参加する



  • 2014年をまとめてみた