1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

難しいけど面白い! 脳を鍛える推理漫画

謎解き要素のある推理漫画をまとめました

更新日: 2016年05月22日

kayodogさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1369 お気に入り 442100 view
お気に入り追加

Q.E.D. 証明終了

加藤 元浩

MIT帰りの天才少年・燈馬×元気全開の女子高生・可奈
事件と謎が2人を待つ!!
“本物”を求めるミステリー・ファンの間でウワサのコミックが遂に待望の単行本化!第1巻には、世界一のゲーム会社で起きた密室殺人事件を描いた、記念すべき第1話「ミネルヴァの梟」、巨匠が遺した人形館に交錯する、人の欲と想いの軌跡「銀の瞳」を収録!新感覚で綴られる事件・謎・推理の強力トリニティーが築き上げた“知的エンタテインメント”に、読者の脳細胞は快感の悲鳴を上げること必至だ!!

謎を解く方法も物理トリック・心理トリックを見事に融合させて解いていったり、パズル的な要素を持っていたり、たまに数学的な話が出てくるのも理系の私としてはたまりません。

「ヒントを与えながら、読者にバレないようにする」というのが上手な推理モノの条件でしょうし、それならこの作品はトップクラスの作品

「ミステリマンガはぬるい」なんて偏見を持っている活字の本格ミステリファンにこそ読んでほしい傑作。

DEATH NOTE

小畑 健 (著), 大場 つぐみ (原著)

名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lによる頭脳戦を描く。

適度にわからないながらも
すぐにタネ明かしされて納得できる心地よさはよかった。

少年誌であるジャンプで連載されていたのが、にわかには信じがたい程の深い内容であり、子供のみならず、アダルティーにも十分受け入れられる漫画となっている。

盛り上がる展開があっても、読者の頭がついていけない。

LIAR GAME

甲斐谷 忍 (著)

ある日突然送られてきた小包。その中には「おめでとうございます。あなたは10万分の1の確率をくぐりぬけ、ライアーゲームにエントリーされました」という手紙と、現金1億円が同封されていた。それがライアーゲームのスタートだった。30日後のゲーム終了日に、自分の所持金1億円を返還する。ルールはそれだけ。首尾よく対戦相手の所持金を奪うことのできた勝者は1億円を手にし、敗者は1億円の負債を背負う…。誰を信用すべきなのか、誰を信用してはいけないのか…。大金を前に揺れ動く、人間心理を描破した問題作!

大金を賭けてゲームをするわけですが、ゲームの内容がとても独創的。ルール設定が複雑だけど、それを逆手にとって必勝法で人をはめるカタルシスはとっても大きいと思います。

ライアーゲームの良さは、ジャンルがゲームという広いものなので、最終展開はなんとなく分かっていても、そこにたどりつくまでの内容が毎回新鮮味に溢れている事だと思う

頭脳戦が描かれた漫画は数多く存在しますが、読んでいてほとんど論理的に矛盾や違和感を感じなかったのは、恐らく本作が初めてです。

途中まではプレイヤー同士の駆け引きがわかりやすいのですが…途中からかなり困難になります。読むこちらもしっかり考えて読まないとこの作品は理解できないでしょうね。

金田一少年の事件簿

さとう ふみや (著), 天樹 征丸 (原著)

名探偵・金田一耕助を祖父に持つ高校生・金田一一(きんだいち はじめ)が、幼馴染・七瀬美雪(ななせ みゆき)や親友・剣持勇警部、ライバル・明智健悟警視らと共に、遭遇する難事件を、祖父譲りの抜群の推理力で次々と解決していく物語。

もう何回も読んで犯人はわかっているんですが
読み始めるとつい最後まで読んでしまいます。

自分も必死になって推理しましたが、唯一犯人が分かったのは悲恋湖殺人事件だけでした

ひぐらしのなく頃に

竜騎士07 (著), 鈴木 次郎 (著)

本作品は昔ながらの村社会の様相を残す村落で発生した連続怪死・失踪事件の顛末を描いた連作式のミステリーである

出来ることなら頭の中の情報を全てリセットしてもう一度体験してみたい、本気でそんなことを感じさせる程罪作りな作品

結末を熟知している者が読んでも切なさ、辛さ、恐ろしさを感じさせる衝撃的な内容になっている

魔人探偵脳噛ネウロ

松井 優征 (著)

謎を食糧とする突然変異種の魔人脳噛ネウロ。魔界の「謎」全てを喰らい尽くしてしまったネウロは、自らの脳髄の空腹を満たせる「究極の謎」を求め、人間界へと赴く。

1 2





このまとめへのコメント2

  • pommerさん|2012.10.02

    ひぐらしを推理モノとするのはどうかと・・・作者自身が完結編出した後にユーザーの反応に対して「推理モノじゃない!」って言ってたしw
    まぁ一作目が出た当時は推理モノとして売りだしてましたけど。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

夢はフィルムセンターのもぎり嬢になることです

映画のまとめのまとめ
http://bit.ly/Rlm4St

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう