1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

スゴすぎる【OK Go】のミュージッククリップ全18作品 一発撮り・コマ撮りPV

OKGo(オーケーゴー ) は、シカゴ出身の4人組ロックバンド。1999年結成。ダンス集団、マーチングバンドや犬などとコラボしたり、コマ撮りや一発撮りをモットーとし実験的なPV作品を世に送り続けている。非常に挑戦的なパフォーマンス集団とも言える。

更新日: 2016年04月06日

kokiwoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
765 お気に入り 168864 view
お気に入り追加

OK Go のスゴイPVとは!?

スゴイ映像を撮るため、無重力空間にまで行ってしまったOK GO。
メンバーの必至な形相にドキドキ、そして、みている方も酔いそうになる。

中国の家具チェーン「紅星美凱龍(Red Star Macalline)」のCM。
家具を配したセットで、トリックアートを使った一発撮り!

冒頭にPerfumeが登場。ホンダの協力のもと未来の乗り物で傘ダンス。
CG使ってない、ワンシーンって、信じられない。演出のインフレに感動。

実際に撮影された映像はこちら。公開されているのは、2倍速。
10分以上、ミスなく演じきるメンバーとエキストラのみなさん。
ただただ、スゴイです。。。

ワンちゃんとのコラボレーション作品。
一発撮りで失敗が許されない中、
緊張したメンバーと必死に演技するワンちゃんの掛け合いが見もの。
※2分49秒あたりで失敗もあるのだが、それも味があってすごくステキ!

メイキング映像ですが、感動しました。
124回挑戦して、一番出来の良かった72回目が採用されたようです。
6分30秒あたりからフレームの外を含めた映像は必見。
スタッフの動き、見守る人々、成功を祈って、手に汗握ります。

震災後の日本に向けて、Googleとダンスカンパニーとコラボした作品。
タイツ姿の人々がガラスの上で踊ります。
ここまで緻密に設計された画面構成に感動。
※3分10秒あたりで日本語のメッセージもでてきます!

マーチングバンドとのコラボ。
増える奏者に比例して、音が重なり、深みのある音楽になります。
ひとつの映画をみるような展開に胸が熱くなります。
最後の「カット」までの間も好きです。

トレーニングマシンを駆使したダンス映像。
どんだけ練習したのだろうか。背景がチープなところもまたステキ。
アイデア勝負で爆発的ヒットとなった伝説のPV。
※2007年度のグラミー賞(Best Short Form Music Video)、YouTubeビデオアウォーズ受賞作品

目の錯覚を利用したミュージッククリップ。
浮いてるの?飛んでるの?それあるの?ないの?
と一発撮りの中で、めくるめくトリックアートが繰り広げられます。
緊張感から解放される瞬間、最後の余韻がなんともいいです。

前奏でストレッチしてるメンバーがなんとも言えない。
これからはじまる長い撮影(戦い?)に臨む意気込みが感じられる。
前半は学生のコマ撮りダンスかと思うが、
後半、ここまでやり切るのがプロなんだなと舌を巻きます。

壮大なピタゴラスイッチ。
どれだけの人数を要して、どれだけのテイクを重ねたのか、想像を絶します。
なにが彼らをそうさせるのか、心配にもなりますが、
最後のスタッフの歓声に拍手したくなること請け合いです。

カメラ固定でメンバーがダンスするだけの映像。
しかし、これが面白い。表情豊かに楽しげに踊るメンバーがダサかっこいい。
OK Goの原点といってもいい作品。
ダミアンさんの家の裏庭で撮影し、振付には姉が協力しているとのこと。

パン焼きすぎです。
何枚焼いたのか、どうやって作ったのか、どれだけ時間がかかったのか、
撮影後のパンはどうなったのか、想像すると怖くなります。
そういうこと考えずに、ただただ唖然とするしかない作品です。

ピタゴラスイッチの車版。
どこまでやれば気が済むのでしょうか。
規模がどんどん大きくなっていき、この後が心配になります。
楽器はもっと大切にしたほうがいいと思うw

目がちょっと痛くなるかもw
残像のなか、色彩鮮やかな服装、傘やボールなどの小物が飛び交って、
とんでもないことになります。

マペットショーのマペットとのコラボ。
過去の作品のパロディがあるので、あわせてみると楽しめる。

おじさんとおばさんがおどってる。
曲にあったセクシーなダンス。
色彩と画面構成が秀逸。

GPSで「OK Go」をたどるパレードをするという。
楽しげに行進する人々をみると元気が出る。
それを笑顔でみている人もいい。

壁紙みたいな格好で演奏してます。
まぁ、言っちゃうとそれだけなのですが、頑張ってます。

OK Go(オーケー・ゴー)について

■メンバー
ダミアン・クーラッシュ (Damian Kulash) – ボーカル、ギター
ティム・ノードウィンド (Tim Nordwind) – ベース、ギター、ボーカル
ダン・コノップカ (Dan Konopka) – ドラム、パーカッション
アンディ・ロス (Andy Ross) – キーボード、ギター、ボーカル

■バイオグラフィ
12歳のサマー・キャンプで知り合ったダミアンとティムが中心となり、
「音楽で皆を楽しませ、笑わせる」ことをテーマに、99年にシカゴで結成。

05年にリリースされた2ndアルバム『オー・ノー』では、
プロの振付師であるダミアン姉の指導の下、
自宅裏庭でスーツ姿の彼らが踊る「ア・ミリオン・ウェイズ」がネット上で話題を呼ぶ。

2ndシングル「ヒア・イット・ゴーズ・アゲイン」も姉の振り付けで、
フィットネス・ジムのランニング・マシーン8台を駆使した体操のような踊りが、
MTV はもちろんYouTube で大爆発。
YouTubeビデオ・アウォーズや
07年度グラミー賞最優秀短編ミュージック・ビデオ部門に輝き、
MTVビデオ・ミュージック・アウォーズ授賞式で再現されるほどの人気を博した。

ダミアンはユニクロ09年冬のフリース・キャンペーンにモデルとして抜擢され、
日本以外の英米アジア各国の紙媒体・店頭ポスター等に登場した。

■関連サイト
・公式サイト
 http://okgo.net/
・公式facebook
 http://www.facebook.com/okgo
・公式YouTubeチャンネル
 https://www.youtube.com/OkGo

まだまだある、おすすめの映像作品

1





kokiwoさん

関西弁があまり得意ではありませんが、京都出身です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう