1. まとめトップ

【流出!?】住所でポン!で個人情報丸見え【これは怖すぎ】

このサイトを使って検索すると個人情報が丸見えです。

更新日: 2012年10月10日

penguin3さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 489702 view
お気に入り追加

「住所でポン!」とは

何が危ないの?

住所を絞っていくとある付近に住んでる人の個人情報が表示されます
【電話番号】
【名前】
【住所】
が簡単に表示されてしまいます。

データは2007年のものみたいです。

名簿データも全てDL可能。

サービスの使い方は?

これなんなの?

データの詳しいソースはわからないようです。
ハローページやタウンページなどの電話帳の2007年のものが有力です。
すべてのデータがファイルとしてダウンロード出来るようになっているなど個人情報を考えると危ないのではないでしょうか。

私も試しましたが自分は載っていなくても、近所の方や友人がかなり載っていました。

ググってみると、このサイトが開設された日時は不明だが、今年の夏くらいから徐々に話題になっている模様。
このサイトの関係者とみられる人物は、「昨今の個人情報保護や秘密管理のあり方に嫌気が差している」と開設理由を述べている。

【追記】住所でポン!に削除機能がつきました

申請というよりも電話番号を入力すればすぐに削除され非表示になるようです。

開設時に電話帳データをDLさせていたことを考えると
データを見比べることにより誰が削除したのかわかってしまいます。

このサービスの作成者は?

アクセス集中しても大丈夫なように、住所でポン!のミラーサイトを設置しました http://t.co/Sird9WMl http://t.co/kms58Ujv

作成者はTwitterをやっているようです。

個人情報流出事件も起きていた。

スマートフォン(高機能携帯電話、スマホ)にインストールすると、スマホに登録された電話番号などが外部に送信されるアプリケーション(応用ソフト)が出回り、約76万人分の個人情報が流出していることが6日、情報セキュリティー会社「ネットエージェント」(東京)への取材で分かった。
問題のアプリは、「全国電話帳」という名前で9月16日からさまざまなアプリがインストールできるインターネット上のサイトに掲載され、無料でインストールできるようになっている。
 このアプリ自体は、ハローページとタウンページに掲載された情報を元に作成されているが、インストールした利用者のスマホに登録された電話番号や住所、メールアドレスなどが抜き取られ、利用者間で閲覧できる仕組みになっている。
 アプリの作成元は、サイトで「過去のハローページとタウンページに掲載された約3800万件の情報をもとにデータベースを作成しています。加えて、アプリ利用者のアドレス帳、GPSの情報も利用します」と説明しているが、説明を十分に読まないまま、インストールしてしまった利用者もいるとみられる。

簡単に言うと
アプリ利用者のアドレス帳データをデータベースに蓄積してたようです。

住所でポンのサーバに「全国電話帳」経由で抜いたデータがずらっと並んでる件 これはあかんやろ ただの電話帳データという言い訳は通用せんよ pic.twitter.com/D2kLBeSo

作者のその他のアプリ

1 2




このまとめへのコメント2

1

penguin3さん

わかりやすくまとめられたらと思います。

このまとめに参加する



公式まとめ