1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

【月983円!?】iPhone 5の最低維持費を徹底検証!【au x SoftBank】

最新のiPhone 5は使いたい。でも既にモバイルWiFiルータやWiFiホットスポットで通信は十分なので、不要なネット接続料金は省いて、できるだけ安く電話とSMSができるGPS付きのiPod Touchとして使いたい。そんな方のための最安プランをauとソフトバンクの双方で徹底検証します。

更新日: 2012年09月29日

fromzero2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
452 お気に入り 532490 view
お気に入り追加

▼ まずはじめに

このまとめは・・・

・モバイルWiFiルータを既に持ってる
・iPod的な電話としてiPhone5が欲しいだけ
・どれだけiPhone5を安く使えるかに興味

そんな方のための情報を集めました。
規制がたっぷりの各キャリアからのパケット通信にしばられることなく、月額維持費を最低限に保ちながら、iPhone 5の醍醐味を味わいたい方は、お読み進めください。

普通のプランの価格が知りたい方はこちら → http://goo.gl/33EVT

▼ 一体どれだけ安く運用できるのか?

【本体一括払いの場合】

(基本月額)   1年目/2年目/それ以降
au(全て): 983円/ 983円/ 983円
SB(MNP) : 708円/1688円/3398円
SB(その他):1688円/1688円/3398円

本体価格:16GB/  32GB  /  64GB
au:    61680円/ 72000円/ 82320円
SB:   51360円/ 61680円/ 72000円

【分割払いの場合】

(基本月額)   1年目/2年目/それ以降
au(全て): 3533円/3533円/ 983円
SB(MNP) : 2848円/3828円/3398円
SB(その他) : 3828円/3828円/3398円

16GBモデルの場合。
32GBならば +430円/月
64GBならば +860円/月
(*最初の2年間)

【トータルコスト】

最初の2年間の費用(それ以降の維持費)
au(全て): 84792円(983円/月)
SB(MNP) : 80112円(3398円/月)
SB(その他) : 91872円(3398円/月)

1年で変える場合の費用
au(全て): 73476円
SB(MNP) : 59856円
SB(その他) : 71616円

16GBモデルの場合。
32GB:+10320円
64GB:+20640円

その他の考慮すべき費用:

【初期費用】
2年契約解除料:9975円
MNP転出手数料:2100円
契約手数料:3150円
(*どの料金がかかるかは場合によります。)

【月額費用】
通話・SMS料金 / 各種オプション料金

【前機種の取り扱い】
残債の支払い / 下取り価格

▼ どのようなプランを組めば、上の料金で維持できる?

auの場合:

「LTEプラン」(通話基本料)980円/月 だけにする!

「LTEネット」と「LTEフラット」は外す。

この契約は可能です。
ただし、「LTEフラット」を契約しないので

・「毎月割」(機種代金の割引)がもらえない
・「女子割/男子割」(MNP割引)が使えない。
・「スマートバリュー」が使えない。

という別の料金面でのデメリットは抱えます。

そうすると月毎の料金計算はシンプルに、

「LTEプラン」   980円/月
「Uサービス料」    3円/月
機種代金分割支払い 2570円/月
===============
合計       3533円/月

という結果になります。
3年目からは機種代金がいらなくなるので、983円/月だけ。

機種代金を一括で支払っておけば、はじめから983円/月。
量販店でポイントをつけたり、安値で入手できればトータルコストをさらに抑えられます。

SoftBankの場合:

データプランに
「パケットし放題 for 4G LTE」2100~円/月
を選ぶのがポイント。

後は普通に
「ホワイトプラン」   980円/月
「S!ベーシックパック」 315円/月
 を付ける。

auと違い、データプランを外せません。
その代わり「月月割」(機種代金割引)がもらえます!(ただし、2140円/月から1710円/月に減額。)
あとMNPならば、「のりかえ割」も1年間効きます。

ただし、
・「かえトクキャンペーン」(MNP割引)
・「かいかえ割」(機種変割引)
・「スマホBB割」

などのキャンペーンは使えなくなります。
(「パケットし放題フラット」が必要。)

最初の2年間は、

「ホワイトプラン」   980円/月
「S!ベーシックパック」 315円/月
「パケットし放題」   2100円/月
機種代金分割支払    2140円/月
「月月割」       -1710円/月
「Uサービス料」     3円/月
=================
合計         3828円/月
(機種代金抜き    1688円/月)

という内訳になります。
「のりかえ割」適用ならば、最初の1年間だけ
-980円/月で 2848円/月になります。
(機種代金抜きなら、708円/月。)

3年目以降は機種代金の支払いは無くなりますが、「月月割」も無くなるので
「ホワイトプラン」   980円/月
「S!ベーシックパック」 315円/月
「パケットし放題」   2100円/月
「Uサービス料」     3円/月
=================
合計         3398円/月

となり、auの983円/月に比べるとかなり割高になってしまいます。

▼ このプランでは何ができる&できない?

【できる事】
通話・SMS送受信
WiFi接続・GPS
その他iPhoneが通信機能抜きでできること

【できない事】
パケット通信によるネット接続(*注)
↑が必要な各種設定・アップデート(au)
MMSの利用(*注)
@ezweb.ne.jpメールアドレスの利用 (au)

通話・SMS送受信は通常料金で利用可能。通話用の各種オプションをつけることも可。
(*注:SoftBankは約5MBまで、パケットし放題の下限の2100円で利用できます。)

基本的にデータ通信は、WiMaxやemobileなどのモバイルWiFiルーターを利用したり、家・職場のWiFi・その他各所のWiFiスポットを利用することが前提となります。これらで通信が十分にまかなえなさそうであれば、無理をせずにパケット定額プランをつけた方が良いでしょう。(通話/SMS専用のiPhoneが欲しいということであれば別ですが。)

auの場合の注意点

キャリアメール(@ezweb.ne.jp)をWiFi経由でもいいので使いたければ、「LTEネット(315円/月)」を利用すれば可能です。ただし、その場合はネット接続が従量プランに自動的になりますので、必ずモバイル通信を常時OFFにして「パケット漏れ」がないようにしないと、「通信料0.63円/KB・上限21,000円/月」の請求が発生してしまいますので、注意が必要です。

「LTEネット」に加入しない場合は、この「パケット漏れ」は生じないということが確認報告されているので( http://www.newslogplus.com/2012/09/au-iphone5-983.html )、21000円を払うリスクを絶対に避けたい方はキャリアメールを諦めて、「LTEネット」抜きのプランの方をお勧めします。代りにgmailなどのメールアドレスを「メール」アプリで利用しましょう。(標準設定ではリアルタイム受信はできませんが、http://goo.gl/pHKdk このような対策もあるようです。)

しかし、iPhoneの利用に重要な

・キャリアのプロファイル設定
・キャリアアップデート

等はモバイル通信でしか行えません。
一例: http://m.japan.cnet.com/#story,35016221
(*iOSのバージョンアップはWiFiで行えます。)

したがって、最初の月だけ「LTEネット」「LTEフラット」に契約し、それらを済ませた後にすぐ解約するという選択肢も考えたほうがよいかもしれません。(月末近くに契約すれば、初月の費用は日割り計算になるので出費を最小限に抑えられます。)

利益率の低いこのプランの契約を渋る(またはこの契約が可能なことを知らない)ショップも中にはあるようですので ( http://www.newslogplus.com/2012/09/au-shop-iphone5-983.html )、その対策としても最初の月だけの契約というのはアリかもしれません。(モバイル通信をOFFにする前にアクティベーションなどの操作をされたりしてパケットを消費される可能性もありますし。)

SoftBankの場合の注意点&利点

SoftBankは上記のプランで、キャリアメール(@i.softbank.jp)をWiFi運用でも着信通知を利用可能。( MMS用の@softbank.ne.jpのアドレスももらえますが、WiFiのみでは着信通知も来ないので、実質使えません。)

またWiFiが無いところに行っても、いざとなれば月5MB弱までは「パケットし放題」の下限の2100円でおさめながら利用可能です。それを超えても0.0525円/パケット(0.42円/KB)・上限6150円で利用できるので、auよりは格段に安心です。

同様の理由で、プロファイル設定やキャリアアップデートもこの5MBの範囲内で十分に対応できますので、この点も安心です。

また、auのもの比べればよく知られた選択肢なので、ショップでも(渋られる可能性は否定できないものの)手続きは普通にできる思います。

▼ パケット通信やテザリングを後からしたくなったら?

契約当初はパケット通信やテザリングを使うつもりがなくこの最低維持費プランを始めたものの、状況が変わったり、緊急時にはデータ通信を大量に使ったり、テザリングを使いたくなる可能性もあります。(たとえばお盆や年始年末で帰省や旅行をする場合。)そのような時にはどう対応できるのでしょうか?

auの場合はすぐの対応は無理。

「LTEネット」「LTEフラット」に申しこめば翌月から利用可能。
解約したら、申込翌月から再びパケット料金は0円。

ですので、使いたいタイミングをあらかじめ想定して準備しておく必要があります。

変更時にテザリングオプションをつけることもできます。
ただし、全てに割引がないので
「LTEフラット」5985円/月
「テザリング」 525円/月
になります。
またその間に「毎月割」がもらえることもありません。
後、申し込み月はデータが従量プランになるので、「パケット漏れ」にご注意ください。

SoftBankの場合は即座に対応可能。

モバイル通信をONにするだけで使える。
料金は上限6510円で止まる。
新たな契約や契約変更の必要はなし。

ただし、テザリングをするには「パケットし放題フラット」に変更する必要があります。この変更は公式ページ ( http://goo.gl/1DWNJ )を見る限りはおそらく可能(要確認)ですが、プランの適用はよく請求月からとなっているので、すぐの利用は不可です。(また周知のとおり、早くとも2013年1月15日まではSoftBankではテザリングオプションは利用できません。)

このFAQページ( http://goo.gl/HNlUO )を見る限り、そのデータプランの変更の際も「月月割」は継続されると思われますが、実際の変更の前にしっかりとSoftBankにご確認ください。

▼ au と SoftBankのどちらで利用するほうがいいのか?

2年間までの利用は、利便性を考えるとSoftBank

2年間ではトータルコストは7080円ほどしかauは安くありません(MNPの場合はSoftBankの方が4680円安い)ので、キャリアメール(@i.softbank.jp)を使える事や、いざという時にパケット通信ができるなどの利便性を考えるとSoftBankの方に軍配が上がります。

それより長期間の利用を考慮するなら価格的にau

3年目以降は維持費が2410円/月違いますので、多少不便でもauを価格的に選ぶ理由は十分にあると思います。また最初の2年間はauのiPhone 5を普通に定額データプランで使って、それ以降に安く維持するためにこのオプションを選ぶというのもアリだと思います。
ただし、Apple Care+や「紛失補償オプション」の有効期限は2年間なので、それ以上長く使って故障した場合、逆に高くつくリスクは考慮しておく必要はあります。

モバイルデータ通信は常時は使わないので、4G/高速3G回線の普及具合や質などは考えなくてもよいと思いますが、電話として使うために、通話用の3G電波の入り具合や、自分がよく電話する相手のキャリアなどは考慮して選んだ方がよいでしょう。

▼ おわりに

ここまでご紹介した情報は下記のサイトや各キャリアの公式ページなどを参考に、できるかぎり正確な情報になるように努めましたが、実際の運用の際には多少異なる点が存在するかもしれませんんので、ご契約の際には各キャリアのスタッフなどにもご確認していただけるようお願いいたします。

▼ 参考・関連サイト

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

fromzero2さん

最近はApple Musicについて書いてます。

Apple Musicで聴ける邦楽アーティストのまとめ【90-00年代編】
http://goo.gl/L8czYB



  • 話題の動画をまとめよう