1. まとめトップ

いかりや長介名言集【次いってみよ~】

いかりや長介、長さん、和久さん名言集

更新日: 2012年10月06日

nao_king14さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 94505 view
お気に入り追加

いかりや 長介(いかりや ちょうすけ、1931年11月1日 - 2004年3月20日)は、日本のコメディアン、俳優、ベーシスト、タレント。「ザ・ドリフターズ」(バンド、後にコントグループ)の3代目リーダー。本名:碇矢 長一(いかりや ちょういち)。愛称は「長さん」。ドリフ時代初期は芸名をいかり矢 長介(読み同じ)としていた。ドリフ映画で使われる呼び名は「ゴリラ」「下唇」。

出典 wikipedia

1969年10月4日から1985年9月28日に、TBS系列で毎週土曜日の20:00 - 20:54(JST)に放送されたザ・ドリフターズ主演の国民的人気バラエティ番組である。常に日本のバラエティ番組を代表する存在であったのはもちろんのこと、記録にも記憶にも残る伝説の番組として現在も語り継がれている。

出典 wikipedia

「オイーッス!」

「8時だヨ!全員集合」のコントが始まる前に、いかりや長介が観客に呼びかけるときのあいさつ

「オイス」

会場も大きな声で

「オイーッス」

と返す。

この会場の声が小さいと

「声が小さい
もう1回いってみよー!」
「オーイス!」

となります。

突いて、突いて、押して、押して、払って、払って、最後に斬る

「8時だヨ!全員集合」の剣術コントでのいかりや長介のセリフ。リズムに合わせて斬るふりをする

「だめだこりゃ」

「ドリフ大爆笑」のもしものコーナーでの、いかりや長介の最後のセリフ。

しむらけん、加藤茶、仲本工事、高木ブーといったメンバーと絡みつつショートタイムのコントにチョーさん自ら出演。
そして最後に

「ダメだこりゃ」

「次いってみよー!」

「8時だヨ!全員集合」で、次のコントに移るときのいかりや長介のセリフ。

「さあ後半まいりましょう、後半しゅっぱ~つ!」

番組後半のコント開始時の決まり文句

「夜分ですので、お気をつけてお帰り下さい。
また、お目にかかれることを楽しみにしています。」

「8時だョ!全員集合」 最終回
全員集合の放送が終ると、長さんからゲストへ挨拶があり、ゲストから会場へ挨拶、緞帳が下りて、汗だくのドリフターズが緞帳の前へ、最後に長さんからのお礼の挨拶・・・

「ゴリラのようなたくましい動物に例えられて、非常に光栄」

ドリフ時代は、「ゴリラ」や「下唇が長い」などと散々な言われようだったが、最晩年期には、貫禄のあるファッションに様変わりした。ゴリラと評されることについて、いかりやは『知ってるつもり!?』(日本テレビ)にて発言

「芸能界で世話になったのだから、芸能界に恩返ししなさい」

お笑い芸人として活躍していたコントグループ“B21スペシャル”デビット伊東だったがある時、事故で左脚のひざ下が麻痺状態となった。
芸能界を続けていくか悩んでいた頃に番組でラーメン修行の企画に出演することになった。
デビットは、これをきっかけに芸能界を引退しラーメン職人に転身を遂げる。
そんなある日、いかりや長介がお店に現れたのだという。
いかりやとはほとんど面識のなかったデビットだったがかけられたのがこの言葉
その言葉に感銘を受けたデビットは、その後すぐにいかりやの付き人となった。

最後の手紙

志村へ

この手紙をもって俺のコメディアンとしての最後の仕事とする。

まず、俺の芸能人生を解明するために、DVDを買うようお願いしたい。
以下に、コントについての愚見を述べる。
コントを考える際、第一選択はあくまで「笑いを取れば勝ち」という考えは今も変わらない。
しかしながら、現実には若手芸人の多くがそうであるように、他人をバカにして笑いを取ったり、
素人にツッコミを入れるだけで内輪受けに走っている事例がしばしば見受けられる。
その場合には、企画段階から綿密な計算と準備が必要となるが、残念ながら未だ満足のいくコントには至っていない。

これからのコントの復活は、綿密な企画立案、それとライブの復活にかかっている。
俺は、志村がその一翼を担える数少ない芸人であると信じている。

能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある。
志村にはコントの発展に挑んでもらいたい。
遠くない未来に、素人いじりや他人をこき下ろすコメディがこの世からなくなることを信じている。
ひいては、俺のネタを研究した後、計算された笑いの一石として役立てて欲しい。
リーダーは活ける師なり。
なお、最後に、 お笑い芸人でありながら、多数の人を泣かせて旅立ったことを、心より恥じる。

荒井注氏の葬儀の時のいかりや長介氏の弔辞

「出発間際の忙しい時に、とあんたは大変怒るかもしれないけど、ちょっとお話しましょうや。」

去年の暮れに会った時(フジカラーのCM)、あれは良い仕事だったよね。
あんたも現場に入った時より、帰る時の方が元気だったもん。みんなも喜んでた。本当に良い仕事だった。
あれ、覚えてるかな?あのときあんたがさ、『今度は医者の言うことをよく聞いて、早く飲んでも良いってお墨付きをもらってくるから、一緒に飲もう』って約束したこと。
結果的にあれが最期の言葉になっちゃったよね。
今日ねえ、みんな来たかったろうけど、そうもいかなくて。
浮世のしがらみって奴で、高木と志村は仕事でね。加藤はさあ、これが笑っちゃうんだけど、渋滞にはまっちゃって。

「あいつらしいな。あんたが行っちまうのを遅らせようとしてねえ。」

いまハラハラ、ドキドキして向かっているところだと思うよ。
あんたもあれでねえ、よっぽど偉い人というか、変な人というか…。カラッケツでドリフを始めて、飛行機で言えば離陸する大変な時にいてくれて、それから何とか先が見えてきて、さあ、これから楽になるぞ、お金も儲かるぞという時に辞めちゃった。あの時はあんたの人生哲学が理解できなかった。『極力みんなに迷惑かけないようにする』って、辞めると言ってからも半年は続けてくれた。あの半年のあんたは凄かった。鬼気迫るというか、本当に面白かった。

「あんまり面白かったから、気が変わって『残る』と言うかなとも思ったけれど」

あんたとうとう言わなかったね。
スパッと辞めちゃった。もうあんたは行くんだよな、止めても無駄だと分かってはいるけど、こっちはあの時と同じ立場にいるような気がするよ。

 行くな、とは言わないぜ。途中、気を付けてな。
飲もうぜ、絶対に飲むんだよ。飲まなきゃ駄目だ。おい、飲むんだぞ!
長話すると嫌われるから、この辺でな。
飲む場所はあんたが決めといてくれ。

「じゃあ、いずれ」

実際にいかりやが「じゃあ、いずれ」の言葉通り他界したのは、
4年後の2004年3月20日であった。

「見た目だよ」

晩年、ドリフメンバー高木ブーと飲んだときに高木ブーが聞いてみた

「何で、オレをドリフターズに誘ったの?」って。すると一言

「見た目だよ」

「荒井が抜けたとき、ドリフの笑いの前半は終わったという気がする」

出典『だめだこりゃ』(いかりや長介/新潮文庫)

「踊る大走査線シリーズ」での和久平八郎役名言

出典yaplog.jp

和久 平八郎(わく へいはちろう)は、1997年1月 - 3月にフジテレビ系で放送された刑事ドラマ『踊る大捜査線』及びその劇場版の登場人物。演じた俳優はいかりや長介。
正にハマり役

「正しいことをしたかったら偉くなれ」

しかし、偉くなって正しいことをしない人もたくさんいるのです。。

1 2





nao_king14さん



  • 話題の動画をまとめよう