1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

イッテQのイモトの登山方法に野口健が苦言

アルピニストの野口健が、イッテQのイモトの登山の仕方に不満があることがツイートで明らかに。マッターホルン登頂って凄いことらしいですけどね…

更新日: 2012年11月08日

ゴロロGOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
93 お気に入り 512161 view
お気に入り追加

イッテQでイモトがマッターホルンを登頂

アルプス山脈に属する標高4478mの山で、スイス・イタリアの国境に位置している

イッテQの企画でイモトアヤコがマッターホルンを登頂

高所恐怖症のイモトは、約1ヶ月のトレーニングで登頂した

行きは通常の登山方法だったが、帰りはヘリに乗った事がTVのOA中に流れた

登山当日が悪天候だったため「帰りはヘリにする」という条件が出されていた

ヘリの使用に関して野口健が苦言を呈した

七大陸最高峰登頂の世界最年少記録を樹立したこともある日本人登山家

公式HP:http://www.noguchi-ken.com/

えっ、ヘリを使っていましたか(笑)。遭難、または体調不良がなければ通常では考えにくい選択肢。T @PENTA20D: いもとさんがマッターホルンに登り、見事山頂まで登りきりました! が、降りるときガイドも含め、ヘリコプターで降りてましたが、そういうものなんでしょうか?

だとするならば、僕ならば登山は中止します。ガイドの判断だとするならばスイスでの登山はそれが一般的なのかもしれませんが。RT @sono_RR_KR_MtF: 登山前日に雪が積もっちゃって、あの山は、雪があると登れないんですね!で、登山の条件が、下山はヘリでだったんですよ。

あくまで“イモト個人”ではなく“TV企画”に関する苦言のようです

夏のエベレスト?。モンスーン真っ最中。ルートにもよりますが雪崩の巣ですよ。最終的には本人の決断かもしれませんがエベレストはまだ早いんじゃないかな。 RT @chappy2010happy: 来年夏、ヒマラヤ。再来年夏、エベレスト。タレントに無理させすぎだと思うのですが…

どうでもいい話ですが、彼女の登頂に笑ったのではなく、ヘリを使わなければ下山出来ないような状況でありながらそれでも片道はやるんだねと、デレビはそこまでやるんだね、と苦笑したわけ。 RT @ytkoyn: イモトさんのマッターホルンの登頂に対して(笑)は無いでしょう。

登山に対する熱い想いも吐露

僕の考え方はそうです。 RT @IkuoShinohara: 下山出来ない登山なんてやるもんじゃない。って事ですよね!

言いたい事は分かりますが、山登りって、そういうセンチ的な感情論が実は一番良くないわけです。気を悪くしたらごめんね。RT @misojiOL:素人の芸人が、番組企画で恐怖心を乗り越えて登頂した。 それに対して、ねぎらいの一言もなく、(笑)のみで返したところに、疑問を感じました。

個人的な考え方ですが、山登りというものは自力で下山するところまでが山登り。ただ海外ではヘリスキーというのがあり滑った後にヘリで帰る、というのもあり。植村直己さんが北極点到達の後に極点から飛行機で戻り批判されたり。ただ冒険にはルールはないので人それぞれの受け止め方でいいのでは。

こういう議論もいいね。冒険には決められたルールがないので、色々な意見を聞く、語る、そして冒険とは何だろうと考える。僕はこの世界で生きている人ですから向き合っていますが、皆さんにとっても一つ考えるきっかけになればそれでいいじゃない。このテーマに絶対という答えはないわけでね。

実はかなり凄いマッターホルン登頂

岩場からの滑落や遭難などで、年間何人かの登山者が命を落としている

あまりの傾斜の凄さから「アルプスの角」「魔の山」などと呼ばれている

三大北壁の一つに数えられる北壁ルートは、熟練者であっても困難なルート

イモトは最も一般的なヘルンリ尾根ルートで登頂した

関連リンク

1




ゴロロGOさん

ゴロロ…ゴロロ…ゴロロ…ゴオおおおおおおおおおお( ゚∀゚)o彡゚

このまとめに参加する



公式まとめ