1. まとめトップ
  2. カラダ

口臭・虫歯を防いでくれる!「唾液」の量を増やす方法

ある雑誌を読んでいると、唾液って年と共に減少すると書いてショックを受けました。しかも唾液が減ると、ご飯が美味しく感じなくなったり口臭がきつくなったり…。そこで唾液を出す方法をまとめてみました。健康に過ごすにはかかせないものですよ!

更新日: 2012年10月01日

Carrerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1781 お気に入り 434791 view
お気に入り追加

こんなにすごかった!唾液の効能

口の中の酸を中和して、歯にカルシウムを補給し虫歯を防ぐ

酸性に傾いた口の中のpHは中和され、元の中性に戻ります。
唾液中のカルシウムやリンが歯の表面に付着して、溶け出したエナメル質を補ってくれるのです。

食べ物に存在する発ガン物質を中和する効果がある

また、ガンの原因となる活性酸素を減少させる効果もあるようです。

ご飯が美味しくなる

味覚の知覚を助けて、飲み込みやすくする効果があります。

今からできる唾液の量を増やす方法

水をたくさん飲み、口の中を潤す

1日あたり1.5リットルの水を飲むといいそうです。
ただしジュースやお茶やコーヒーも飲みすぎは逆効果に。気をつけて。

舌先で舌の付け根あたりを刺激する

舌の付け根には唾液の出る所があって、そこを舌で刺激することで唾液が出る量を増やすことが出来ます。

酸味のあるものを食べる

酢の物や梅干、レモンなど、酸味のあるものは唾液をたっぷり出してくれます。
イメージするだけでも効果ありです!

昆布を噛む

昆布に含まれるアルギン酸には、唾液の分泌量を増やしてくれる作用があります。

唾液の量が増える“唾液腺マッサージ”

耳下腺、舌下腺、顎下腺は「3大唾液腺」と呼ばれていて、マッサージすると唾液の分泌を促すことができます。

歯磨きできないときに効果的!唾液がじわっと出てくる“舌の体操”

舌を意識して動かすことで、唾液が出てくるようになります。

舌を出したり、回したり動かす

唾液の分泌がよくなるので、お口の自浄作用が増し、口臭予防にも効果的です。

舌を出すのが恥ずかしい、という人でもできますね。

1





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

Carrerさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう