1. まとめトップ

【一眼レフ】初心者が本当に買うべき一眼レフカメラと選び方【カメラ】

デジタル一眼レフカメラは、値段や見た目だけで選ぶと後悔しがちです。最初の1台目に買うべき、本当にオススメできるデジタル一眼レフカメラと、カメラの楽しみ方をご紹介します。

更新日: 2014年03月11日

kazz08さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6874 お気に入り 4802191 view
お気に入り追加

Photo by Jupiterimages / Brand X Pictures

デジタル一眼レフカメラに興味があるけど、選び方がわからない、敷居が高い、、などと思っていませんか。

Canon、Nikon、PENTAX、SONY、OLYMPUS、etc.

初心者が最初に買うべきデジタル一眼レフカメラはどんなものが良いのか。
どこに気をつけて購入すれば良いのか。

初心者なのは買ったばかりの時だけ!
購入して1年後に後悔しない為のカメラの選び方を思い切ってまとめました。

最後にカメラの楽しみ方のアドバイスも少しご紹介します。
ちょっと長くなりますが、参考にしてみてください。

最近ミラーレス一眼とか人気あって迷うんだけど。。

あなたにはコンパクトデジカメの代わりにしかならないと思って下さい。
各メーカーこぞって出してきていて、もちろんどれも良いものですが、趣味にするには、できることがちょっと少ないんです。

一眼レフカメラの最大の楽しみは、レンズ交換といっても過言ではありません。
着けるレンズによって驚くほど写真は変わります。
このレンズの楽しみが、最近の規格であるミラーレス一眼ではちょっと少ないんです。

あまり説明しませんが、ミラーレスに詳しい人以外は、ミラーレスを避けたほうが初心者のためです。

スマホでいいじゃん、iPhoneのカメラ超キレイだし!?

iPhone4sやiPhone5、最新のギャラクシーなどは、驚くほど綺麗に撮れます。
コンパクトデジカメやミラーレスをおすすめしない理由はコレでもあります。
はっきり言って、思い出を記録するには、スマホで十分です。

でも、それでは作品にはなりません。

作品といっても、別にコンテストに応募したり、他人と比較するために撮るわけじゃありません。
自分の大切な思い出や楽しみを後で見返して楽しむ、家族や恋人、自分の子供に見せるためには、スマホの写真じゃ、ちょっと物足りないんです。

一眼レフカメラってなんか難しそうだよね。。

これを読んでいる人は、あくまでカメラを楽しんでみたい人なんだと思います。

例えば男子なら、メカとか機械イジりとかちょっと好きじゃないですか?
一眼レフカメラは驚くほど精密な機械です。
カメラ売り場へ行って、とりあえずレンズ交換をしてみて下さい。
静かにカチャッとはまるレンズの感覚、冷たいアルミの手触り、少しイジるだけでもワクワクしてきますよ。

それと男子も女子も、ちょっと思い出して下さい。

小さい頃にお父さんが撮ってくれたフィルムカメラの写真は、決して上手ではないかもしれないけれど、なんだか暖かくて、優しい写真でしたよね。

一眼レフカメラは、やっぱり写メやコンデジみたいに簡単じゃありません。重いし、デカイし、旅行に持っていくのも大変です。

でも、ファインダーを覗いて、一生懸命考えて撮った写真が、見る人や自分が喜ぶ写真になるんだと思います。

一枚一枚大切に、楽しみながら撮った写真が、あなたの「作品」になるんです。

CanonとかNikonとか色々あるけど何が違うの?

一眼レフカメラに興味が出てきた、という人。まずはカメラ売り場へ行ってみて下さい。
売り場に行ってまず迷うのが、どのメーカーを選べばいいのか、と言う事。
キヤノン、ニコン、ペンタックス、ソニーetc.

違いはけっこう歴然です。
使っているセンサーが違う、レンズの付け方が違う、使えるレンズが違う。
簡単に思いつくだけでもこれくらいは違いが出てきます。
でも、はっきり言います。

「初心者には関係ない!!」

メーカーのカタログスペック値なんか、プロかマニアでもない限り、気になりません。
例えば、普段乗ってる車のスペックで気になるのなんて、結局燃費くらいだったりしませんか?

大事なのは、「でかいセンサーがついていること」

じゃあ、どのメーカーを選べばいいの?

これは各メーカーに愛好家がいて、価格comなどで質問すると議論が終わりません。
なので、ここではかなり割りきってアドバイスします。
メーカーは以下のうちから選んで下さい。

「Canon」「Nikon」「PENTAX」から選んで下さい!

この3つから選んで下さい。
理由は3つ。

1.センサーがでかい
これぞ一眼という解像度と背景ボケのある写真は、センサーが大きくないと撮れません。

2.交換レンズの種類が多い
繰り返しますが、カメラの最大の楽しみ方は、レンズ交換です。
過去のレンズやレンズメーカー製のレンズが多いのは、これにSONYを加えた4つです。

3.使っている人が多い
「CanonのレンズはNikonのカメラには付けられません」

観光地などで、カメラを持っている人のストラップに注目して見てみてください。
キヤノンとニコンで7割、ペンタックスとソニーその他で3割位の割合になると思います。
友達や家族、同僚など、一緒に撮る人がいるなら、同じメーカーにしたほうがいいです。
レンズの貸し借りができるようになります。

原則ですが、カメラのレンズは、そのメーカー向けのレンズしか使えません。
ざっくり言うと、自分の周りのみんなが使っているカメラがいいのです。

俺のSONYは!?ワタシのOLYMPUS-PENは!?

もちろん素晴らしいです。
ですが、このまとめはハイアマ向けではありません。

例えばOLYMPUS-PENやパナソニックでは、そのメーカーに対する目的がはっきりしていないと、カメラに”はまって”からの楽しみの広がり方に制限が出ます。このへんのメーカーは、かえってマニア向けです。なんとなくで買ってしまって、ホコリがかぶったままの初心者さんはけっこう多いです。

またソニーのデジタル一眼レフは、とっても良い絵が取れる上に、レンズの選択肢も豊富です。
もちろんオススメしたいのですが、少しファインダーなどに癖があるので、ここでは選外としました。ただしα77などはAFも早く綺麗に撮れるので、SONYブランドが好きな方は、安心して選んで下さい。

ここでは思い切って、ソニー・オリンパス・パナソニック他の一眼レフカメラは一気に省いちゃいます。。(ファンの人、すみません。。)

ボディの値段と性能は比例する!

値段の安い初心者用のエントリーモデルでも、もちろんうまい人が撮ればうまい写真が撮れます。
でも、これを読んでいる初心者の方が、CanonのEOS Kiss等に代表されるの入門機とキットレンズ(最初についているレンズ)で何も考えずに取ると、やはり初心者の絵になります。

簡単に良い写真が撮りたいのならば、高いカメラと高いレンズを買って下さい。

入門機で十分に修行を積んだと思っても、上級モデルに買い替えると、悲しいくらい写真が良くなったりします。
あんなに愛用していた初めて買ったカメラですが、ためらいなく友人に手放せます。

メーカーが本気で作るカメラは、やはり凄い!

5D Mark III ? D800 ? 高くて買えないし!

やっぱり予算が5,6万円以下の人は、ちょっと厳しいですね。
でも、お金がないから厳しい、と言う事ではありません。

ここで言う初心者とは、趣味としてカメラを楽しみたい人の初めての一歩、という意味です。
順調に腕が上がってきた場合、新型で5,6万円以内で買える入門機では、すぐに物足りなくなってしまうのです。

例えばCanonなら、最初に5万円でKissを買って、1年後に60Dや7Dにステップアップした人は、結局2年で15万円以上、カメラ本体に費やしたことになります。
おそらくこれに、交換レンズ購入も1,2本加わります。

これなら最初から60Dや7Dを買っていたほうが、綺麗な写真を沢山残せたかもしれません。
5D Mark III等のフラッグシップモデルとまでは言いませんが、はじめにある程度良いカメラを選ぶことは重要です。

繰り返しますが、初心者なのは買ったばかりの時だけです。
きちんと勉強して練習すれば、クルマの運転や料理みたいに、すぐ上達するんです。

いつまでも100均の包丁で料理を続けますか?

OK、わかった。じゃあオススメのカメラを教えてくれ!?

完全に独断で、オススメのカメラをご紹介します。
ただしあくまで参考の一つと考えて下さいね。これまで書いてきた通り、最初のカメラ選びは今後のカメラライフを大きく左右しますからね!

圧倒的なコストパフォーマンスです。
Canon・Nikonじゃなくてもいいのなら、間違いなく2012年に発売されたモデルの中で、初心者にとって最高のカメラです。
ハイアマチュアモデルとして人気の高いk-5に引けをとらないパフォーマンスとPENTAXならではの鮮やかな発色の出るモデルが、発売年で10万円以下で買えるなんて信じられません。

向井理さんのCMでメーカーの認知度もUPしてきました。これからはPENTAXが楽しみです。

2012年10月時点の最安価格:82,000円程度
http://kakaku.com/item/K0000381914/

存在感のあるボディとCanonの特徴であるAFの速さがファンの期待に答える、素晴らしい中級機です。
現在は後継モデルの6Dの発売が12年12月に控えており、値段も底値と言えます。
大きさが我慢できるのであれば、間違いなく満足できるカメラです。
もしレンズが知り合いなどから安く手に入る場合、ボディのみ購入なら10万円を切ります。

2012年10月時点の最安価格:140,000円程度
http://kakaku.com/item/K0000055430/

現在、非常に選択が難しいのがNikonです。
最新の入門機としてD3200、フルサイズ(センサーがデカイ上位機)でD600辺りが選択肢になってきます。
D600を買える人は買ってしまうのがいいでしょう。ただし30万近い出費の覚悟が必要です。
デジタル家電は新しい物が良い!と言う事もあり、入門機とはいえD3200もハイスペックです。
しかし、カメラ撮影でスペック値は要素の一つでしかありません。ファインダーの視野率、使い込む要素などを考えると、あえて底値近いD7000で、じっくり練習するのもお勧めです。

2012年10月時点の最安価格:85,000円程度
http://goo.gl/Ur8nl

長年に渡り不動の1番人気に君臨し続けた名機です。
後継のEOS 5D Mark III がいよいよ発売となり、初心者にもギリギリ手が届きやすい値段になりました。
一瞬で被写体を捉えるAFと圧倒的な画質は、多くのプロからも高い支持を得ています。
女性が持ち歩くにはかなり大きいサイズですが、本気でカメラを趣味にしたいという人には、モデルチェンジの今が絶妙なタイミングと言えます。

2012年10月時点の最安価格:150,000円程度(ボディのみ)
http://kakaku.com/item/00490111151/

後継機のK-5 IIも発表され、すでに量販店の店頭からは姿を消しつつあるK-5ですが、小気味良いシャッター音とずっしりとしたマグネシウムボディは、カメラの楽しさを確実に教えてくれるハイアマチュアモデルです。

背景を大きくぼかせる交換レンズが2万円程度で買えるので、一度カメラ専門店などで手にとって欲しいモデルです。
高性能の割に小型なので、女性にもオススメです。


2012年10月時点の最安価格:85,000円程度(ボディのみ)
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000152651/

どうしてもCanonで、且つどうしても7Dが大きいという場合はこちらになります。
グリップ感やシャッター音など、若干中級機よりは見劣りするのですが、とにかく軽量でバリアングル液晶(背面液晶が動きます)も便利ですから、詳しい人にアドバイスを受けてから安値でボディを入手して、交換レンズからはじめるのも良いかもしれません。

2012年10月時点の最安価格:60,000円程度(ボディのみ)
http://kakaku.com/item/K0000141272/

1 2




kazz08さん



公式まとめ