1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

最近の袋めんウマすぎ!各メーカーの戦略が熱い

最近、スーパーで売られているインスタント袋麺のバリエーションが増えてきましたよね。大手メーカーからこだわりの袋麺が相次いで発売されて活気のある市場のひとつなんだそうです。袋麺に対する各社の戦略をまとめてみました。

更新日: 2012年10月03日

真空091さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
478 お気に入り 270720 view
お気に入り追加

袋麺が増えてきている!

袋麺が2011年に比べて29%増えている

各社の袋麺新製品の発売が出揃って、売れ行きも好調!

袋麺が増えてきた背景

40%以上の家庭に電気ポットや電気ケトルなどの電化製品がない。

レンジ対応の商品が増えているのも、こういった背景があるようです。

「マルちゃんショック」とまで言われた袋麺の革命児

既存のインスタントラーメンと同じ作りかたで、生麺のような食感を体験することができます。
鍋でゆでやすい円形タイプ。

約5年の研究期間を経て、従来のフライ麺、ノンフライ麺どちらにも属さない新製法を開発。

この製法は、「生麺うまいまま製法」と呼ばれ特許出願もしています。

スープとのバランスも含めた商品全体で勝負

「しょうゆ」「とんこつ」といった“味名”ではなく、
「中華そば」「ちゃんぽん」の“メニュー名”で表記されているのが特徴です。

開発した製麺技術を強調していない。

あえて一歩引いた姿勢で商機を見出しているとのことです。

実は進化していたチャルメラおじさん

袋麺の王道感を残しつつ、豚骨味スープと細ストレート麺というこれまで袋麺になかった麺を開発しました。

チャルメラおじさんのキャラクターデザインをリニューアル

実に45年ぶりとのこと!よーく見ると、ヒゲや服が変わっています。

インスタント業界の帝王「日清」の試み

発売前に「値段のないラーメン屋」として提供していた

2000人以上の人に商品名を隠してラーメンを提供し、「平均納得価格」を決めて貰う試みを実行。

カップ麺の時から生めんに拘ってきたラ王。ラーメン屋として、提供したあたりから日清の自信が伺えます。

長年のロングヒット商品「どん兵衛」。カップ麺よりも麺の厚みをアップさせてあり、売上もかなり好調のようです。

袋麺に対してのユーザーの声

マルちゃん正麺の塩をタンメン風に。麺の生さ具合はラ王の袋麺のほうが上。スープは3食入り生麺と同じ液体スープだから、そこそこ美味しい。 instagr.am/p/QGzU4YmFzb/

最近袋麺ブームだけど、同じ味5個じゃなくて違う味アソートしたパックも出してくれませんかね?一人暮らしだと同じ味続いて飽きるのよ。

CMしてる新発売の"マルちゃん正麺"とか"ラ王"とか、本当に袋麺とは思えないくらいコシのある麺なんだね。美味しいわ… ※ステマではなく、正直な感想です。

1





真空091さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう