1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

なにもそこまで…顧客主義を貫きまくった企業

お客様命!と、接客業ではよく聞く話ですが、実際に行なっている企業って中々ないですよね。そんな中でも、そこまでしてくれるの?と思わず言ってしまいそうになる、顧客主義の企業をまとめてみました。

更新日: 2012年10月05日

924 お気に入り 303127 view
お気に入り追加

バラ売りが超助かるホームセンター

専門店以上とも言われる品揃えと、バラ売りが人気のホームセンター。

http://www.handsman.co.jp/

袋入りの商品でも、必要であれば袋から破って1つだけ売る

それでお客様の信頼を買えたと考えれば安いもの…と社長。かっこ良すぎます。

品揃えが異常。他店の5~6倍のアイテム数がある

「専門店になくてもハンズマンにはある」という商品は数しれないとか。

客の要望に答えられるように、店員数が他店平均の3倍

「お客様のためになるコストは増やすべき」という社長の考えから、店員の数を増やしているのだとか。

「このネジだけ欲しい」…そんな場合でも分解してネジだけ売る

社長曰く「バラ売りでその製品全体の売上げが4倍に増える」。これを「ハンズマン4倍の法則」というらしいです。

消臭剤の開発まで行った…オフィスの味方

紙のカタログやウェブサイトに掲載されたオフィス用品を注文すると、当日または翌日には商品が届くというサービス。助かっている人は多いはず。

http://www.askul.co.jp/

「派手なデザインはイヤ!」と言われ、シンプルなデザインの消臭剤を作った

わざわざ、エステー化学に協力してシンプルなデザインの消臭剤を開発したとのこと。

顧客の声を基に段ボール84万キロ削減

商品を受け取った企業から、梱包資材の処理に不満の声が上がり、折りたたみコンテナを使うなどして、2年間で84万kgのダンボールを削減したとのこと!

水が欲しい、コーヒーも欲しい…要望を聞いて商品を増やしていった

文房具以外のものも取り扱っているのは、顧客からの声でできあがったもの。

社長自ら、1000ページ以上あるカタログを全てチェックしている

半年に1度ひと月掛けて、わかりづらい点がないか全てチェックしているとのこと。

何時間でも付き合ってくれる通販サイト

靴のオンライン小売りでアメリカ最大!アマゾンが800億かけて買収し、「ザッポスの奇跡」とまで呼ばれる大手通販サイト。

http://www.zappos.com/

取り扱いのない製品でも、他社製品をネットで調べて教えてくれる

お客様のためだったら、他社の製品なんて関係ありません。

顧客の商品選びに、最長7時間半付き合うことも

フリーダイヤルをサイトの各所に掲載。どれだけ商品選びに時間がかかっても、対応してくれます。

コストやリスクを度外視して、顧客にとってのベストを尽くしている

在庫効率やリスク、配送効率やコスト増よりも、顧客のことが第一だとか。

「サービス」を売り物にしている会社で、ついでに靴も売っている

靴を売っている感覚ではなく、サービスを売り物にしている感覚みたいです。

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

しょぽーんさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう