1. まとめトップ

【悲惨】レイプ被害の実態

レイプ(強姦)は、被害者の人生を滅茶苦茶にする卑劣な犯罪です。年間1402件(2009年。認知件数)もの被害があり、”泣き寝入り”も含めると、相当な数の人が悲惨な状況に苦しんでいると思われます

更新日: 2014年04月17日

smart_eyeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
317 お気に入り 1287095 view
お気に入り追加

あまりにも悲惨な被害者の状況

被害に合わないために

①女性ひとりで、暗い所やひと気のない所に行かない

特に、解放感が高くなる”旅先”などでは注意してください

②露出の多い服装は控える

最近、極端に短いスカートや、露出の高いキャミソールなどが流行っています。「かわいくみられること」と「レイプにあわないこと」のどちらが大切か、よく考えてください

③防犯グッズを持つ(大きな音の鳴るブザー、等)

④泥酔いしない

レイプは、知人による犯行が多いそうです。自らスキをつくらないよう、気を付けてください

⑤むやみに男性と二人きりにならない

特に、知らない男性と二人きりにならないよう、気を付けてください

レイプ被害にあってしまったら

①できるだけ多くの【証拠】を集める

犯人の指紋や精液のついた衣服、現場の写メ、状況を記したメモや日記、(知人の場合)加害者との会話の録音、(被害直後に行った)病院のカルテなど。誰がみても犯人が特定できるような証拠をできるだけ多く集めてください。時間が経つほど立件しにくくなるので、勇気を出して、早めに動いてください

②【警察・弁護士】を頼り、加害者に正当な罰を与える

①で集めた証拠を持って、なるべく早く、警察や弁護士に相談してください。警察なら刑事罰(懲役または罰金)、弁護士なら民事罰(賠償金)を、犯人に与えるためのアドバイスをしてくれます。たまに、「警察は助けてくれなかった」という声がありますが、時間が経って証拠が不十分だった場合が考えられます(あなたが警察だった場合、証拠が乏しいのに、誰かを逮捕できますか?)。とにかく早めに、プロに相談してください

性犯罪110番〈警察の相談窓口〉★★都道府県別★★

強姦罪について

【女性まとめ】

【参考まとめ】非道徳的行為の実態と対処法、悲惨な現実など

1 2




smart_eyeさん

【総合】http://p.tl/bQqf
グルメhttp://p.tl/VNiy
株・FX http://p.tl/80u9
健康http://p.tl/MoUw
美女http://p.tl/AKGi

このまとめに参加する



公式まとめ