1. まとめトップ

その種捨てちゃうの? アボカドを観葉植物に育てる方法

スーパーで購入するアボカドを観葉植物に育てる方法を経験談とともにまとめました。あの大きな種から芽が出て、最終的には大きな葉をつけるので観葉植物にももってこい!緑のインテリアにいかがでしょう。

更新日: 2015年05月30日

3417 お気に入り 2187223 view
お気に入り追加

アボカドの大きな硬い種って植えたらどうなるの?

そんな素朴な疑問を自分で検証するべく始めたアボカド栽培。
難なく4年目に突入し立派な観葉植物になった為、育て方やコツなどをまとめました。

アボカド(Avocado)とは

「森のバター」や「バターフルーツ」とも呼ばれ、栄養価がとても高く脂肪分を多く含んでいます。その脂肪分の80%以上が不飽和脂肪酸のためコレステロールの心配もなく人気の高い食材です。

サラダやサンドイッチ、ハンバーガーなどにもよく用いられ、醤油ともよく合うため日本風の食べ方も人気です。

「アボガド」とよく言い間違いをされますが、「アボカド」が正しい発音です。

どんな風に育つの?

本来、高さ20mほどになる常緑高木です。鉢植えでは樹高1~2mほどです。(鉢のサイズである程度コントロールできます)

日当たりがよく冬は暖かい場所で育てます。熱帯果樹ですが耐寒性は強いので、関東南部以西であれば一年中、戸外で栽培できます。
http://tropikalfruit.net/plantguide/avocado.html

冬場は室内に入れておくと安心です。大きく青々とした葉をつけるので観葉植物としても重宝します。

余談:我が家では来客があった時に話のネタにもなっています。写真のように根元に種の頭が見えるようにしておくと、受けが良いですよ♪

種の取り出し方

アボカドを食べる時に、包丁でぐるっと1周させてタネを取り出した場合には、タネに包丁の傷がついていますが、問題はありません。
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/avocado/grow.htm

心配な場合はよく熟したアボカドに切り込みを入れ、スプーンなどで取り出すと安心です。

発芽のさせ方

果実を食べた日にすぐ蒔きます。果肉には発芽抑制成分が含まれているので、種は綺麗に水洗いします。(※薄めた洗剤で洗って油っぽさを取るとうまく栽培できます)
発芽温度は20℃以上必要で、種まきの適期は5月~7月です。
1ヶ月くらいで発芽します。
http://tropikalfruit.net/plantguide/avocado.html

余談:発芽まで1カ月はかかるので根気強く管理します。
我が家では2月頭に栽培を開始し、1カ月半後に発芽したことがあります。(室内での水耕栽培)

出来れば栽培に使うアボカドは冷蔵庫に入れずに常温保存のものを使ってください。
中には輸送中などに冷えてしまったことにより発芽しないものもあります。
スーパーで買ったアボカド10個程で検証したところ、3つは発芽しませんでした。

用土は赤玉土などの清潔な土を使います。水はけが良く酸性の用土を好みます。

種の尖っている方を植えにして土にセットして、発芽まで土が乾かないように管理します。
上下を間違えなければ種に土をかぶせて植えても大丈夫です。

余談:ホームセンターで買ってきた観葉植物用土で元気に育ちました。

アボカドに、爪楊枝を刺します。タネには上下があり、平らになっているほうが、割れて、根が出てきます。(※尖っている方を上に!)爪楊枝は水平に刺すと、水を容器に一杯入れなければならないので、斜めに刺しています。

種の半分を水に浸すようにします。全部、水に入れてしまうと呼吸ができなくなり、腐ってしまいます。
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/avocado/grow.htm

余談:水替えをサボると腐るので、まめに水替えできない場合は土植え推奨。
爪楊枝を刺さなくても水にさえうまくつけておければ発芽します。

余談続き:

我が家で一番楽に管理できたのは、ペットボトルの栽培装置でした。
小さいペットボトルをカットし、写真のように飲み口部分を中に入れ込み種と水をセットします。
種のお尻の部分が水につかるように管理します。

発芽後は大きなものに取り換えていました。

発芽~鉢植え管理

硬い種の底が割れて根が出てきます。
水耕栽培の場合は根の成長も観察できます♪

土植えの場合でも底の方が割れていれば根が出ている可能性が高いです。

余談:水耕栽培の場合は、まだそのまま水につけて管理をすれば大丈夫です。

種の上の部分が割れると芽が出てきます。
ここまでくるとすごいスピードで成長します。

水だけで栽培していても、半年くらいは成長して数枚の大きい葉をつけますが、早いうちに鉢植えにしたほうがよいでしょう。
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/avocado/grow.htm

幼木のころは枝が折れやすいので、できれば支柱を立てて固定したほうが良いでしょう。鉢とのバランスを考えてある程度の高さ(表土から30~40cm)で摘心(※先端部分を切ること)し側枝を増やします。成木になるまでは切り詰め剪定を繰り返し、成木になったら日当たり、風通しが良くなるよう込み合った枝を間引いていきます。剪定時期は3~5月頃が良いでしょう。
http://tropikalfruit.net/plantguide/avocado.html

余談:切り詰めをしなかった場合はどんどん背丈が伸びてきます。大人の胸の高さくらいには1年もあれば育ってしまいます。

その後の管理

アボカドの水やりはとてもわかりやすいです。
水が欲しくなると、葉っぱがすべて下を向いて萎れてきます。
この状態になったらお水を与えます。
1時間もしないうちにまた元通りに葉が持ち上がってくるのです。
そのときの部屋の乾燥状態にも寄りますが、1週間~10日おき位でしょうか。

http://eaterior.exblog.jp/12737633/

冬は、室内に入れ、できるだけ5℃以上にします。気温が下がるようなら、ビニールなどで覆います。
低温時に過湿になると、根腐れを起こしますから、水のやりすぎには注意しましょう。
気温が低くて、冬に葉を全部落としてしまっても、茎が生きていれば、春になればまた葉が出てきますから、捨てないようにしましょう。

余談:アクシデントで根元から折れてしまったアボカドも水やりをしていたらまた脇から芽が出てきました。
なかなか丈夫な植物です。

アボカドの花は雌雄異熟花。先に雌蘂(しずい=雌しべの事)が開花し、半日後に雄蘂(ゆうずい=雄しべの事)時間をずらして開花します。午前中に雌蘂が開花し、午後に雄蘂が開花するタイプを A タイプ。午後に雌蘂が開花し、次の日の午前中に雄蘂が開花するタイプを B タイプと呼んでいるそうです。
http://papagyu.exblog.jp/10975766

本によると、結実率は1万分の1くらいだそうです。低っ!
http://papagyu.exblog.jp/10975766

アボカド栽培の写真

参考になるサイト

関連リンク

■マンションのベランダ大改造Tips!狭くても諦めない♪
http://matome.naver.jp/odai/2134365423114377501

■捨てないで!!トイレットペーパーの芯を使った便利グッズ
http://matome.naver.jp/odai/2134302923971994401

■合鍵作成、転居手続きなど新生活スタート後に助かるサービス7選
http://matome.naver.jp/odai/2143066035233034501

1







  • 話題の動画をまとめよう