1. まとめトップ

【年収5億?】レギュラー番組15本の有吉が勝ち組すぎる

お笑い芸人の有吉弘行(38)が10月16日付(2012年)の日刊ゲンダイで「推定年収は5億円超」と報じられたことのまとめです。ほんとだったらすごいですが、本人は否定してます。

更新日: 2013年03月15日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 83351 view
お気に入り追加

レギュラー番組15本の有吉

お笑い芸人の有吉弘行(38)が10月16日付(2012年)の日刊ゲンダイで「推定年収は5億円超」と報じられた

秋から冠番組2本増でレギュラー15本。テレビをつければ見ない日はない。「毒舌芸人」として大人気の有吉弘行(38)だ。

「猿岩石」解散後、ピン芸人として再ブレークした“二発屋”。

ツイッターのフォロワーは160万人を超え、半年前に発売した著書「毒舌訳」も3万部以上を売り上げた。

ゴールデンのMCが少ないためか、売れている印象は薄いが、気付けば各局で有吉の取り合いをしている状況である。

推定年収は5億?

ニホンモニターの調査によれば、11年の「テレビ番組出演本数ランキング」は堂々の1位(499本)。2位のビビる大木より3本多い僅差の勝利だったが、今年はダントツで連覇を果たしそうな勢い。

「広告代理店が資料として使う、芸人のギャラ目安表によると、有吉の場合、ゴールデン・プライムの1時間番組の出演料は1本150万円以上。それを元に概算すると、週1回のレギュラー番組が15本あれば、年間で約720本の番組に出演することになる。

仮に事務所と折半だとしても5億円になります。猿岩石でブレークした当時は月収2000万円以上といわれていましたが、その2倍超の荒稼ぎです」(制作会社関係者)

ツイッターやラジオでで全力で否定する有吉

RT @ariyoshihiroiki: 日刊ゲンダイの発行部数が1千万部!と同じぐらいあり得ない話。。。 RT @9999adgjmptw 日刊ゲンダイで見たんですけど有吉さん年収五億なんですか?

が、現在このツイートは削除されているよう。

イッターのフォロワーから記事を知らされた有吉は「日刊ゲンダイの発行部数が1千万部!と同じくらいありえない話。。。」とツイートした。

出演したラジオ番組でも

有吉曰く、たとえばバブル期にゴールデンの司会をしたとしてもこれほどのギャラは出ないというのだ。さらにこのレギュラー番組15本の中には、ラジオなどの番組も含まれる。ゆえに「こんなにもらっているはずがない」

有吉は、芸人は“夢を売る商売”でもあるから「年収5億円」と嘘をついて肯定しても良いという。しかし、日刊ゲンダイが意図的に一般人から「そんなにもらっているのか、気に入らない」という反応を狙っての報道だとしたら、「全面戦争だ」と宣戦布告

過去の番組では…

有吉の年収は以前番組共演したタレントと比べた際、3人(菜々緒+アンジャッシュ児島+フット後藤)の合計年収<有吉だったそうだ。

まぁ安くないのは分かります。

報道陣から最多番組出演の秘けつを聞かれた有吉は「ギャラが安いんじゃないですか?」と謙そんしながらも「自然な笑顔が(カメラに)抜かれるようになったかな」と分析。「(仕事がなくなったとしても)いまの貯金で5年は暮らせる」と笑わせた。

ゲンダイではこんなギャラの表も

どこまでほんとか分かりませんがみんな高い!

ネットでの声

1 2




monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 2014年をまとめてみた