1. まとめトップ

【読書の秋】人生をかえる読書とは〜深見東州・半田晴久のいけてる動画アドバイス

読書の秋!食欲の秋!!魂にも栄養をあげよう!!深見東州の悩み相談より、いけてる動画やTwitterをまとめてみた。

更新日: 2013年04月12日

lico33さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 11176 view
お気に入り追加

読書の習慣づくりが人生を変える

「本と人生」「本の選び方」「良い読み方」

人生をかえる読書のしかた

読書のペースだが、できれば一日一時間。できなければ、三十分でもいい。朝でも夜中でも、とにかく毎日読むようにしたほうがいい #ビジネス

経営者としての実力を維持するためには、考える力を老化させないこと #ビジネス

考える力、それを維持、強化する最善の方法は、絶えず評論文を読むこと #ビジネス

難しい本は連続して読むと、脳がショートしてプッツンする。そういう本がいい。脳がプッツンするということは、今の読解力を越えた本だから #ビジネス

千冊読めば、その人はがらっと変わる。運も開けるし、成功もする #ビジネス

人類の叡智を吸収する読書のしかた

評論文の読解を続けること。評論文ができたら、次に哲学書に行く。小説、評論文、次に哲学書、それから宗教書という順番でトライする。 #ビジネス

経営者としての、圧倒的な実力を磨きながらも、純文学や古典、哲学書、宗教書等を読破しつづけ、それによって、豊かな説得力や文章力、表現力等を備えていく #経営

古典をことごとく読破すること

古典の叡知で頭脳をブラッシングして、最終的にはその視点から自分の考えが出てこなくてはいけない。そこが、その人のオリジナリティー #ビジネス

西欧の古典をことごとく読破し、そこから人類の叡智を吸収して、真実の学問と教養を身につける #経営

人類が残した叡智の結晶とも言うべき古今東西の古典を読破 #経営

古典からまなぶ

かの孔子も易を研究している。「韋編三絶」という言葉をご存じだろうか。これは、孔子が『易経』を愛読するあまり、韋編、つまり易経を書き記した竹札を綴じる革ひもが、三度も切れてしまった、という故事に由来する言葉であるが、それほどまでに孔子は『易経』を愛読したのだ。 #経営 #易

『近思録』の中に、「聖は天を希(こいねが)い、賢は聖を希い、士は賢を希う」という言葉がある。私の好きな言葉だが、聖人というのは、天、つまり大自然の道を見て、ものごとをはっと悟る。大自然からも直接学びとることができる人である #経営

シェイクスピアを理解する人は、同時に人というものに対して深い洞察と理解を持つ #ビジネス

ビジネス書の読み方

ビジネス書を読むなどというのはハッキリ言って当たり前のこと #ビジネス

業界紙や専門誌は、一冊とか二冊だけ読むのではなく、全冊読むもの #経営

よさそうだなあと思う本を、一冊か二冊買ってきて勉強する、というのはあくまでもアマチュア #経営

絶えず業界紙は隅々まで読むこと。隅々まで見て、成功している実例を、10あったら10全部やってみる。そして必ず行ってみる #経営

1





よかったら、お気に入りしてやってください。



  • 話題の動画をまとめよう