1. まとめトップ

【78対22の法則】(ユダヤの法則)が怖いぐらい合致してる!

ユダヤの法則の中に『78対22の法則』があります。世の中は、すべて78対22で成り立っていると言う法則です。「そんなことありえ~・・・るじゃん!」と驚愕するほどこの法則にはたくさんの「事実例」が存在しています。

更新日: 2012年10月18日

taetae109さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
489 お気に入り 201988 view
お気に入り追加

円に外接する正方形は、正方形の面積を100とすると、円の面積は78、残りは22になる。

空気中の成分は、窒素約78%、酸素・二酸化炭素等その他の気体が22%。

金を貸したい人が78に対して借りたい人が22の割合でできている。

銀行は、預金を集めてそれを貸し出して利益を得る。預金者の方が多くなければ貸し出すことが出来ない。
この預けた人と借りた人の比率が、「78対22」の関係になり銀行が利益を得る。

100人で1000万円の売上があったら、22%の人が78%の売上をあげています。

皮膚から出す水分(汗):呼気で出す水分の比も、これまた78:22

バランスが崩れると身体が、「病気」という「サイン」を出してこの78対22の割合に直そうとする。

食事を、穀物78%にして、タンパク質を22%にするように心がければ、自浄作用で勝手に戻してくれる。

マクドナルドが得意とする、コーヒー0円やハンバーガー100円などの商法は、初代藤田社長が、ユダヤ商人から伝授してもらった「78対22の法則」の応用編なのだそうです。

斎藤一人さんも人間は78点が満点。 あとの22点は改善点で必要なスペース。 だから完璧主義は間違っているし、必ず失敗するって言ってました。

1





taetae109さん



  • 話題の動画をまとめよう