1. まとめトップ

米兵犯罪は本当に多いのか?統計による比較まとめ

オスプレイの反対運動が下火になり、プロ市民が風船を飛ばすなど過激な行動をするようになったおり、米兵による強姦傷害事件が起きました。ここぞとばかりにマスコミは事件を騒ぎ立てますが許されざる犯罪人が米軍から出たことと米兵犯罪が多いかは別の問題として考えねばなりません。

更新日: 2012年11月12日

00wktkさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 182428 view
お気に入り追加

県警によると、ブローニング容疑者は「間違っている」と容疑を否認し、ドージャーウォーカー容疑者は認めている。

逮捕容疑は、16日午前3時半ごろから同4時20分ごろまでの間、沖縄本島中部の屋外で、飲食店に勤める女性を乱暴し、首に擦り傷を負わせた疑い

未確認ですが、事件は深夜に米兵のたむろするような場所で起きたという情報もみかけました。

印象操作するマスコミ

毎日新聞は7月3日、「在日米軍の犯罪が多い」とするコラムを掲載した。

沖縄に暮らして実感したのは、米兵らによる犯罪の多さだ。
 沖縄県警が昨年1年間に摘発した米軍人・軍属らの刑法犯件数は42件。前年比で約4割減、過去10年で最少というが、それでも1カ月に3.5件、10日に1回のペースで起きている。

コラムを書いた外信部の大治朋子記者によると、「実際に沖縄に暮らしてみて在日米軍による犯罪の多さを実感した」

コラムの様な表現は、事実の一面だけを切り取った悪質な偏向報道の典型

しかし、厳しい規律を叩き込まれる軍人が、そうそう犯罪を犯すものだろうか。

多いか少ないかを判断するためには比較対象が必要

犯罪率で見ると米兵は沖縄県民の2分の1、在日中韓国人の10分の1以下。いかに一面だけを切り取る報道が印象を変えているかわかる。

犯罪白書によれば我が国では1年間に3万6千件以上の刑法犯がおきます。毎日100件以上も犯罪がおきますがマスコミで騒がれるのはごく少数です。沖縄でも毎月数件、年間数十件の日本国民による強姦事件があります。しかしこれはあまり騒がれず米兵の犯罪のときだけ大騒ぎするのです。

コラムの趣旨は「野蛮な米軍を沖縄から追い出せ」と言うことだから、沖縄県民の検挙数と比較するのが妥当だろう。そして、比較結果は以下の通りだ。
 
 
・米軍
検挙数 : 42件(23年)
軍人人口(軍属含む) : 25,993(23年が見つからなかったので21年で代用)
 
・沖縄県民
検挙数 : 5,058件(23年)
県民人口 : 1,401,730人(23年)
 
犯罪発生率は以下の通り。
 
・米軍
42÷25993×100=0.16%
 
・沖縄県民
5058÷1401730×100=0.36%
 
・結論
沖縄県民の犯罪率は、対沖縄米軍比で225%。

沖縄県(米軍以外) 0.30%    刑法犯検挙人員/人口(千人単位*1000)の%表示

米軍 @ 沖縄     0.14%    刑法検挙人員/滞在数

(注*沖縄県民の犯罪率>沖縄米兵の犯罪率)

来日中国人      1.57%    刑法検挙人員/対象母数 (登録者-永住者+短期旅行者/日数)

来日韓国・朝鮮人  1.94%    同上

来日ブラジル人   0.52%    同上

ただし・・・検挙された数字が基です。要するに・・・基地内で起こった事件はカウントされていない。これをもってして、以下がフェアな数字であると判断するのか、数字上の罠であるとするのか、説が二通りあります。、判断はそれぞれでどうぞ。

沖縄県民の検挙数は5000件だが、認知件数自体は12,000件

警察庁の「犯罪統計資料」は在日含む
2012年5月11日、警察庁が「犯罪統計資料(平成24年1~4月分)」を発表した。

1位:韓国・朝鮮(3994人) ← 在日全体の57%
2位:中国(1252人)
3位:ブラジル(410人)
4位:フィリピン(380人)
5位:アメリカ(187人)
6位:ベトナム(132人)
7位:アフリカ州 の 国(93人)
8位:タイ(66人)
9位:イラン(24人)
10位:パキスタン(23人)
11位:インド(18人)
12位:バングラデシュ(18人)
13位:スリランカ(10人)
14位:オセアニア州の国(10人)
15位:インドネシア(7人)
16位:マレーシア(6人)
17位:カナダ(5人)
18位:国籍不明(3人)
19位:無国籍(2人)
その他(357人)

日本国内で警察が扱う強姦事件は年間約2000件。強姦犯のほとんどが含まれる15~65歳男性の人口は約4000万人だから、ざっと毎年2万人に1人が強姦を犯すことになる。それに対して沖縄駐留米軍は軍人・軍属合わせて約2万5000人。大半は青年、壮年の男性だから、強姦発生率が「日本人の平均」と同じなら、毎年1件以上の事件が起きてもおかしくないが、実際の発生頻度は数年に1件である。
 残念なことだが、女性たちにとっては米兵より普通の日本人男性のほうがずっと危険なのである。この点では、米軍を敵視したい勢力やマスコミによるアジテーションに警戒しておくべきだろう。

▼ 参考資料

1





このまとめへのコメント1

  • nasubeeさん|2013.05.28

    比較対象の沖縄県民も有職者に限らないとフェアじゃないね

1

00wktkさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう