1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

名優『明石家さんま』から学ぶ、人を引き付ける話術

この日本で知らない人はいないと言ってもおかしくないほど、有名な「明石家さんま」さん。人を引き付ける彼の話術の極意とはいったいなんなのでしょうか?あなたもさんまさんを見習って、人を引き付けられる人間になりませんか?

更新日: 2014年11月22日

ikuo00ukさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5975 お気に入り 716016 view
お気に入り追加

さんまさんから学ぶ人を引き付けるテクニック

日本のお笑いタレントであり俳優、歌手。数多く司会や、ラジオパーソナリティーを経験する有名タレントです。

本名は杉本 高文

1980年代後半以降から国民的お笑いスターとして活躍を続けていて、タモリ、ビートたけしと共に、日本のお笑い芸人BIG3の1人として称される。

現在のテレビ界で、視聴率15%以上を軽々と稼げる司会者はさんまさんだけ。今年になって視聴率では、ほかの芸人を大きく引き離している。

そんなすごい明石家さんまさんのテクニックを「トーク術」と「行動」の2点から学びます。

どうすれば『人を引き付けることができるか』?

「しっかり話を聞き、上手な相づちを打つ」ことこそが、相手の心をつかむトーク術の重要なポイント

以下は簡単にできそうなテクニックです!

是非明日から真似してもらいたいものばかり

(現在の話)→(過去)→(未来)→(現在)で話をする

カウンセリング技術のひとつでもありますが、親近感を沸かせるために大事です。

オーバーにリアクションをし、相手の話を要所でまとめる。

これの結果、相手は「私の話聞いてくれている!」といった効果があります。

うなずき系:例「うんうん」「はいはい」「なるほど」「へえ」
うながし系:例「それで?」「そしたら?」
復唱系:相手が言った言葉を手短に繰り返す

これを上手に組み合わせて話を膨らましていきます。

一度ウケたことを後から繰り返すようにする

お笑い用語で天丼とも言いますが、さんまさんはこれを自然に使っています。

行動で人を引き付けるために

いくら話術を真似しようとしても難しいもの。
こちらはさんまさんの行動から見習っていきます

面白い話には手を叩いて大きく、引き笑いし相手を乗せる

よく見ますよね!これで相手は、伸び伸び話せるようになるんです。

話中に沈黙ができたとしても、落ち着きを払って余裕を見せる

沈黙を焦るのではなく、次の話題が見つかる為の準備時間と考えましょう!

いいことばっかり考えて、それを現実に置き換えていく。

人が寄ってくる人っていうのは、見ていて楽しい人です、さんまさんは、常に夢と現実を入れ替えれるようにしているそうです。常にポジティブにいきましょう!

名言から学んでいく

名言から見習って今後へとつなげていきましょう!

全て実践する頃、自然と人が集まる人間に慣れているはずです

何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、好きに変わる可能性が残っているから

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

生活の一ミリでも役に立てれば幸いです。
御意見はtwitterまで @ikuo00uk
「Naverまとめで嗜好品代は稼げるのか」http://goo.gl/Is9Vp⇒成功



  • 話題の動画をまとめよう