1. まとめトップ
  2. 定番

男たちが「デキ婚しとけばよかった…」と語ったワケ

できちゃった婚ってあまりいいイメージが無いように言われていますが、結婚した男たちは「デキ婚しとけばよかった…」と言っている人が意外といるようです。その理由が気になったので声を集めてみました。

更新日: 2012年10月22日

vbigmae332さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
762 お気に入り 731586 view
お気に入り追加

思っていた以上に大変な子作り…

Photo by Jupiterimages / Comstock

苦労せずに簡単にできると思っていたが、いざ作るとなるとなかなか出来ない事がわかった

不思議なもので排卵日やその前後になると、驚くほど絶不調になる

そんなのが自分たちに勤まるかわからないし、ふたりでいるだけで幸せなのが崩れるのがこわい

男が苦痛になっている理由はコレ

Photo by Jupiterimages / Creatas

結婚すると「テストステロン」が低下する

「テストステロン」とは攻撃的で、性的欲求を高める男らしさを強調するホルモン。
結婚して、家庭に入り安心してしまうとテストステロンは低下し、やる気が起きづらくなることがわかっています。

「他の男性から奪われるかもしれない」といった危険がないので、性的興奮しづらくなる

どんなに魅力的な女性でも、誰にも取られないとわかると男は安心して興奮しづらくなるのです。

口論の回数が増えるほど、加速度的に性行為の回数は減っていく

生活習慣の違いやちょっとした感情の行き違いが原因でケンカすると、性行為の回数が減っていくことが心理学的に証明されています。

妻が付き合っている時とは一変してやる気が起きない

髪型やファッションも気にしなくなり魅力的に見れないようです。

二人でできる対策

お互いのプライドを傷つけるような言葉は使わない

なんの気なしに口をついて出た言葉に、プライドが傷つき、そこからセックスレスになるケースも少なくありません。
結婚したからってなんでも言っていいわけではないんですよ。

義務感、マンネリ化を防ぐ

子作りを義務にしてしまうとプレッシャーに感じ、回数が減る原因になるかもしれません。
またマンネリも原因の1つ。たまには高級ホテルに行ったり、コスプレするのも1つの手ですよ。

たまねぎを食べて、テストステロンをアップさせる

たまねぎに含まれる含硫アミノ酸が、テストステロンの合成を誘導すると考えられています。
テストステロンアップを期待する食べ方のポイントは、「切ってすぐ加熱すること」です。

参考リンク

1




このまとめへのコメント2

  • hayato1988さん|2013.11.21

    内容自体は説得力があり、すばらしいです。
    ですが股が緩い人の自己正当化のため?とも思えますw

  • この投稿は現在表示することができません。

1

vbigmae332さん

カッコイイ女にも憧れる今日この頃。気になる情報をまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう