1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

読者の99.9%が完っ全に欺かれるミステリ小説まとめ

おすすめの推理小説をモリモリまとめました。切れ味バツグンの鮮やかな論理展開にメロメロしちゃってください。※全て海外ミステリです。ちぇけら。

更新日: 2013年03月05日

hitonamiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4686 お気に入り 778360 view
お気に入り追加

幻の女

妻と喧嘩別れした夜、バーで出会った女を誘い、2人でショーを楽しんだ。何事もなく別れ帰宅すると、自宅の中に見知らぬ男が3人。彼らは刑事で、妻が殺されたのだという。混乱する男は、アリバイを証明するため今まで一緒にいた女のことを刑事に告げるのだが……。パズル要素は少ないものの、どんでん返しが2回くらいあるのでおぉ~、となります。犯人はたぶん途中でわかってしまうと思いますが、この作品の楽しみ所は「誰がしたのか」ではなく「何故したのか」。江戸川乱歩が手放しで激賞した作品らしい……ですよ。

死刑執行が刻々と近づく緊迫感とともにニューヨークの雰囲気が作品全体に溢れている。上質のミステリは上質の風俗小説であるのかもしれない。

洗練された文章で、謎を解く鍵は全て読者の手の中にあり、なおかつ最後でどんでん返し。長いお話なのに途中でだれることもなく飽きませんでした。

象牙の塔の殺人

大学のある研究室を舞台にした見事すぎるミステリー。アジモフ先生の小説大好きです。派手なトリックはありませんが、まぁロジックが美しいこと。状況証拠だけで追い詰めたものの決め手に欠け、結局言い逃れされてしまう、かとおもいきや、「あっ!」と思わず膝を打つ意外な発想で犯人を自白させます。これに登場する冴えない、けれど有能な刑事さん(探偵役ではない)は、刑事コロンボのモデルになったとかならないとか。

SFがからまない純然たるミステリーです。ケミカル・ミステリーといってもいいかな。犯人は人によっては容易に割れてしまいますが、それでも面白いですよ。

初めての長編推理小説とは思えない、他のアシモフ作品に遜色のない作品だと思います。「ABAの殺人」ほどではないですが、(研究)業界に対するアシモフ得意の皮肉もちらほらとあり、うなずけます。

歯と爪/ビル S.バリンジャー

恋人を殺された奇術師の復讐譚。
めちゃくちゃ面白いです。
読んでいる途中で明らかに狙って
オチを気づかされるという屈辱を
味わいましたが、同時にぞっと
するほどの爽快感も得られました。
主人公恰好よすぎ。

騙されたい、という読者の希望をかなえてくれる気持ちのいい本です。

トリックも眼を見張るものがあるし、なにより全体的にストーリーが美しい。

恋愛劇・サスペンス・トリックの三拍子が揃った名作。

Xの悲劇/エラリイ・クイーン

古典ミステリの傑作です。
誰が、どうやって、を
すんごいキレイな論理展開で
暴いていきます。
謎解きの醍醐味を味わえますよ。
ネタバレの段になって、
「な、なぜ見逃したぁーっ!」
と自分を責めたくなる傑作。
レーン氏の変装も見物です。

エラリイ・クイーン、Xの悲劇読み終わった…めちゃくちゃおもろかった。次はYの悲劇

エラリイ・クイーン「Xの悲劇」読了。なぜかYを先に読んでしまったんだけど、相変わらずのレーンの勿体ぶり野郎っぷり。Y同様、前半は読むのがつらい。後半からどんどん面白くなる。翻訳物でいつも思うけど、外国人はなぜ「!」つきのセリフで喚いたり叫んだり頻繁にするのか。テンション高いわ。

ABAの殺人/アイザック・アジモフ

自然な舞台設定。
巧妙な伏線。
卓越した論理力。
傑作です。
巧みなミスリードに翻弄され、
見事なホワイダンイットで
脳天を一撃されること請け合い。
えっ、あのペンにそんな意味が?
みたいな(ネタバレじゃないですよ)。

注意深く読み、推理を働かせれば、「不自然な点」に気がつくことができ、動機などのディテールはわからないにしても、犯人が誰かということはわかるようになっています。

「ちょっと」した事から展開される軽いロジックは、本格好きにはたまらないと思います

見えないグリーン/ジョン・スラデック

中盤までは正直舐めておりました。
なんだかダラダラしてるなーとか思ってしまって。
でも終盤に差し掛かるにつれて怒涛の勢いで
ピースが組み合わさっていくんです。
なるほどねっ、と膝を打つこと間違いなし。

密室殺人である第一の事件は、非常にユニークです。凶器自体もそうですが、狭いトイレでのみ可能な犯行方法が独創的です。

「グリーン」という人物が実在するかどうか、最後まであやふやにしている手法は見事。

サム・ホーソーンの事件簿/エドワード・D・ホック

短編集です。
エドワード・D・ホック、
大好きな作家です。
個人的にはミステリ作家の中でも
突き抜けて賢いと思っています。
このシリーズは、
収録されている作品すべてが不可能犯罪。
しかも全部に納得させられるオチが待っている。
ひとつひとつがコンパクトなくせに、
絶大なパンチ力を持っています。
一押しです。

豊富なバリエーションで飽きさせません。安定したレベルのシリーズだといえるでしょう。

1 2





ブタが「ブー」って鳴くと思ったら大間違いだ!!!!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう