1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

エクセル・パワポがグッと見やすくなる配色のルール

エクセルやパワーポイントで資料を作る時に、無駄に色んな色を使ってしまって、なんだか見難くなってしまうことが多いです…。資料作りの時に参考になりそうな、配色の基本ルールをまとめてみました。

更新日: 2012年10月24日

4922 お気に入り 591862 view
お気に入り追加

基本だけでも格段に見やすくなる

基本色を2~3色に絞り込み、残りはアクセントとして使うのが基本。

明度が似ていて彩度が高い場合、文字がチカチカしてしまいます。

ページによって違う色を使ったりせず、提案書を通して同じルールで使い続けると統一感がでます。

青や水色などの寒色系や、黒・白・グレーなどの無彩色を使うとクールで男性的なイメージになります。ですが、食べ物などの商品企画なら、寒色系の色はNG。

文字・グラフ・表の配色ポイント

文字自体に色をつける場合は、タイトルなど、いちばん目立たせたいところに使う

ポイントとなる箇所にしぼることが重要です。

棒グラフ…同系色でまとめる

グラデーションをかけるなどして、同系色でまとめると見やすいです。

折れ線グラフ…原色からは少しだけ明るくして、全体的に鮮やかに

縦軸と横軸で色を分ける

軸を濃い色、縦軸を薄い色にしたほうが収まりがいいです。

プレゼンする会場によって色を変える

明るい会場・カラー印刷…白やグレーを取り払って、インパクトのある色を使う

暗い会場…暗い(紺や灰色など)背景に、白や明るい色のテキストを使う

1





がっちゃぴnさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう