1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

暖房代をグンとおさえる部屋の寒さ対策

最近急に寒くなってきましたよね。朝方に氷がはった地域もあるとニュースでやってました。気温が低くなって部屋がとにかく寒いんです。暖房をつければいいのですが、やっぱり電気代がかさむので…。そこで少しでも部屋の寒さを防ぐ対策を調べてみました。

更新日: 2013年11月22日

比呂奈るさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
905 お気に入り 780571 view
お気に入り追加

リビングの寒さ対策

扇風機を天井に向けて使う

天井には温かい空気が溜まっているのでその空気を扇風機で循環させてあげてください、きっと部屋は暖かくなります。

光が入る窓際にタイルや観葉植物を置く

光が入る窓際にタイルを置くだけで、そのタイルが熱を吸収して、じんわりと部屋を温めてくれます。タイルの上に観葉植物を置くと、鉢の土が熱を吸収し、さらに効果はアップします。

床にコルクマットを敷き詰める

床からの冷え対策です。素足で歩いても柔らかくて気持ちがいいです。防寒効果に加え、下への防音効果や、ソファやベッドを置くことによる床の傷も防げます。1畳あたり18ピースが目安。

和室は畳の下に新聞紙を敷く

和室の場合、床下の冷気が床板の隙間から入ってきてしまいます。これを防ぐには、薄く、気密性も高い新聞紙が最適です。畳を上げ、床と畳の間に敷き詰めましょう。

窓のすきま風対策

窓枠の周りを目張りする

実は寒い空気は窓のスキマから入ってきます。プチプチシートなどで窓枠を覆って程度でもかなりの断熱効果が期待できます。(モルトプレーンといわれる粘着剤の付いたスポンジ状のものも市販されています)

厚手のカーテンで天井から床まで届く長さのものを取り付ける

上下に隙間があると、冷気が侵入してしまいます。特に冷たい空気は下から流れ込んできますので、床まできっちり届くカーテンが効果的。とはいえ、買い換えるのはお金がかかります。別の布をカーテンの裾に付け足してしまうことで丈を伸ばせます。

窓に防寒シートを貼る

断熱シートを貼ることで、ビニールハウスのように部屋の熱を閉じ込めることができます。断熱シートは、ホームセンターなどで販売されています。

暖かいのはいいけど気をつけたいこと

Photo by Jason Reed / Photodisc

部屋の移動で急激な温度変化にさらされ起こる「ヒートショック」

室温の変化によって血圧が急激に上昇したり下降したり、脈拍が早くなったりする状態で、年間1万人以上が亡くなっていると言われています。家の中の温度差があまりでないように注意しましょう。

暖房している部屋と、寒い部屋の間に“カビの胞子”が発生する

部屋の仕切壁が、露点温度以下になるので、含水量が増加して、カビの胞子が発生します。やがてハウスダストとなり、アトピー性皮膚炎などの原因になる場合があります。温度差を数度以内に心がけましょう。

参考サイト

1





比呂奈るさん

自分の時間がもっと欲しいなあ・・

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう