1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

意外と知らない「句読点」と「修飾語」のルール

文章を作成中、どこに句読点を打てばいいの?修飾語の使い方がどこか変…と悩んでしまうことがあります。もっと伝わりやすい文章を作れるようになりたいと思い、どうすればよいのかルールを調べてみました。資料作りなど、みなさんも是非参考にしてみてください。

更新日: 2012年10月26日

You_9180さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1833 お気に入り 359419 view
お気に入り追加

「句点」で知っておきたい基本

Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

基本は息をつくときに「、」を打ち、文末に「。」を打つ

()を使う文末はどうするの?

文末に注釈の()を使うときには、()の後に打つ

(例).簡潔な文章を書くポイントの1つは一文を短くすることである(50文字以内)。

筆者名、クレジット等を()に入れ文末につけるときには()の前に打つ

(例).日中韓3カ国首脳が共同会見を3時から行う予定である。(○○通信)

「読点」で知っておきたい基本

Photo by Dynamic Graphics / liquidlibrary

読点は息継ぎ記号ではない

1つの文の中で、意味の固まりを視覚的に示すものです。読点が明確な位置に打たれていれば、読んでみてから意味の切れ目を考える手間を省いてくれます。その結果、読みやすくなり、理解しやすくなります。

読点が多いというだけで読みづらくなる

読点が多すぎると、語句の修飾関係がわかりにくくなります。

「読点」を打つ場所

接続詞(そして、しかし、さて…など)のあと

(例).そして、誰もいなくなった。

会話文のかぎカッコの前

(例).長女は、「私が行くの?」と不機嫌そうに言った。

動詞の連用形が続くとき

(例).しゃがみ、かたまり、背を向ける。走り出し、逃げ込んだ。

長い主語のあと

(例).2008年にアップルより発表されたスマートフォン「iPhone3G」は、日本でスマートフォンブームを引き起こす火種となった。

修飾語で覚えておきたい3つの基本

修飾語と被修飾語は近づける

言葉の修飾関係がはっきりするからです。
(例).ついにその方法が発見され、一般に利用される日がやってきた。
→「ついに」が「発見され」を修飾する

修飾語が複数ある場合は、長い修飾語を前に置く

(例).そこにいたのは、化粧を厚く塗った20代のアメリカ人だった。
「化粧を厚く塗った」と「20代」が修飾語になりますが、「20代の化粧を厚く塗ったアメリカ人」だと、若者向けの化粧品を使ってると意味にもとられてしまいます。

時をあらわす修飾語は前に出す

(例).フルカラー印刷やスキャンができる先月購入したプリンタを設定する。
→「先月購入した、フルカラー印刷やスキャンができるプリンタを設定する。」

参考サイト

1





このまとめへのコメント2

  • bildaさん|2012.11.02

     
     「句点」でも「読点」でもない「スペース」について。
     
    >どこに句読点を打てばいいの?修飾語の使い方がどこか変<
     「!」や「?」で終わるときは、後ろに「スペース(アキ)」が必要
    ではないでしょうか?(ただし、行末であれば略しても見た目は同じ)
     
     この視点は、つぎのQ&Aで、延々と論じられた(とても懐かしい)。
    http://q.hatena.ne.jp/1094327484
    …… かつて文章の書き方は「段落初行一字アキ」が原則であり、……
     
    >ポイントの1つは一文を短くすることである(50文字以内)。<
     ツィッターの140字制限も、合理的な根拠がないらしい。
     そこで、つぎの私的ルールを、数年前から提唱・実践しています。
     
    …… わたしは、原則32字詰×3行≒百字(一段落)で書いています。
    …… 翻訳ソフトが理解できるように書き、書くように話す。
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n89207 三行革命宣言
     
    …… 短いのは最高 ― 葉書はSMSを産みSMSはTwitterを産んだ(略)
     メッセージの生みの親ともいうべきFriedhelm Hillebrandの話だ。
    http://jp.techcrunch.com/archives/20090704short-is-sweet-postcards-begat-sms-begat-twitter/
     

  • chokujin1さん|2012.10.28

    日本語の読みやすい(誤解しない)文章の原則をしっかり理解したければ、本田勝一の「日本語の作文技術」を読むと良い。その原則は実に論理的で説得力がある。読点の位置について云々する前に語順の原則を理解することが重要だとわかるし、読点が必要な意味も理解できる。

1

You_9180さん

PC/Web色々勉強中

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう