1. まとめトップ
  2. レシピ

本当に美味しい玉子焼きを作るときの心得

冷めてもふっくらジューシーな玉子焼きは、意外と難しいのです。

更新日: 2012年10月29日

4825 お気に入り 465671 view
お気に入り追加

卵の使用料は3個が平均的なようです。

卵は混ぜすぎない

シャカシャカ混ぜすぎていませんか?

【その理由】
混ぜすぎてコシを失うと、卵の固まる力が無くなるから

白身をちぎるように短時間で混ぜる

こうすることで、ふっくらとした玉子焼きになります。

混ぜるには菜箸を使い、箸先を容器の底につけたままかき混ぜまる

フライパンの温度は「高め」

【その理由】
高温だからこそ、流し込んだ卵液にたくさんの気泡が生まれ、ふわふわの玉子焼きになる

温度の目安は、はし先につけた卵を焼き鍋につけてすぐ固まるくらい

最後の巻きの部分だけは、見た目にも影響するので温度を少し下げて弱火にし、焦げないように気を付けます。

卵はたっぷりと流し入れる

03:03~あたりから流しこみの様子が見られます!

【その理由】
ダシの水分が温度の上がりすぎを防ぎ、焦げずに焼ける

ダシの配分は卵3個に対して80ミリリットル

【その理由】
細かい気泡にだしがたっぷり含まれるから

その結果、冷めてもジューシーに食べられます。

作る前に知っておきたいこと

卵黄が多いMサイズは、ゆで卵などに適しています。
※白い卵、赤玉のどちらを選んでも栄養はそんなに変わりません
http://howcollect.jp/article/1930

焼き器は、テフロンは使い捨て感覚で、安い物でも構わないが、銅、鉄などは長く使い込めるので、高い物でも損はしません。
http://howcollect.jp/article/1930

関連リンク

1





このまとめへのコメント13

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1 2

ジャッキーチュヌさん

キラキラ可愛いものだらけの中で過ごしたい

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう