1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

何故か3つ以上ある早稲田三大油田

東京の早稲田大学周辺にある脂っこい料理屋を学生たちは「油田」と名付け、日々給油に通っているようです。

更新日: 2012年11月21日

ashi_tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
109 お気に入り 39459 view
お気に入り追加

三大油田と称されているお店

最近リニューアルして何故かこぎれいになった洋食屋。フライメニューが多いが、看板メニューはジャンジャン焼きという名の生姜焼き。メニューに「ワンコインキッチン」と書いてありながら多くのメニューは500円を超えているところはご愛嬌。

都内各地にある南海の早稲田店。夕方のサービスタイムには、定食にカレールーが付きます。

謎の略称のメニューが早実生(現在早実は移転)・早大生に愛されていた弁当屋。もともとほっかほっか亭だったのが、独自性の追求の末に本部といざこざをおこし独立したのだとか。

牛めしととんかつとカレーの三品のみで勝負する三品食堂。大手牛丼チェーンの値下げ競争どこ吹く風で、いつの間にかちょっと割高感が出ちゃっている気もします。

過去、三大油田の一角を占めていた説のある店

数多くのメニューはあれど、「ナス」か「から揚げ」しか作ってもらえないという謎の中華料理屋。一度西門通りから早稲田通り沿いへ移転し、その後鍋を振りすぎた店主が腱鞘炎になり残念ながら閉店。

チョコとんやバナナメンチという、なにもそこまで差別化しなくても、というメニューで学生たちを魅了するも、店主が漕艇部の寮の料理人となったため閉店。その後漕艇部員は毎日チョコとんを食べているとかいないとか。

界隈の物価からは気持ち値段が高かったがおいしい洋食屋。惜しまれつつ閉店し、現在は居抜きで居酒屋に。

諸説ある「三大」

関連まとめ

1




ashi_tomoさん

どうも。


NAVER リンク