1. まとめトップ

誰でもできる!自力で涙袋をつくる方法

涙袋メイクや整形が注目されていますが、化粧を落とせば元通り…ましてや整形なんてそんな簡単にできない…そこで「すっぴんでも涙袋が欲しい!」と言う人は試してみる価値ありなマッサージと筋トレをご紹介。

更新日: 2013年06月12日

lostman1989さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2164 お気に入り 1251763 view
お気に入り追加

涙袋って??

目の下の、下まぶたに添ったふくらみのこと。

別名:涙堂(るいどう)。また、ホルモンが詰まってできていることからホルモンタンクと呼ばれることも。

涙袋の大きさは脂肪の量で決まる!

一般的に、目の大きい人や頬骨があまり張っていない人ほど涙袋は大きいと言われます。

笑ってできる涙袋は目の出っ張りによって、目の周りにある眼輪筋という筋肉の輪郭が浮き出るため。

涙袋がもたらす印象

・目が大きく、可愛らしい&優しく見える
・色っぽく大人な印象になる

そんな涙袋に憧れるみなさん。。

マッサージで涙袋を作れる?!

涙袋メイクや整形が注目されていますが、化粧を落とせば元通り…ましてや整形なんてそんな簡単にできない…そこで「すっぴんでも涙袋が欲しい!」と言う人は試してみる価値ありなマッサージをご紹介。

マッサージのやり方は、目の下側の骨に指をあてて上にやさしく押し上げるだけ!人差し指と中指をあてて、目の下がぷくっとなったところで2~3秒待ってはなします。これを目頭から目尻までくり返し行ってください。わたしも涙袋が欲しくて…こまめにやるとだんだんクセがついてきたのか、涙袋らしきものができ始めました!寝る前にこのマッサージをした後、ワセリンを下まぶたに塗ると翌朝は下まぶたがなんとなくふっくらしたような…。

強くやりすぎないように注意!
涙袋どころかシワになってしまうことも。

下まぶたを鍛えて、涙袋を作る!

こちらは筋トレ。
マッサージもそうですが、続けることで効果が期待できるかも。

方法1
 ◆目を何度も強くつぶります。
 ◆最も簡単にできるトレーニングで、上まぶたにも効きます。とはいえ、下まぶたを集中的に鍛えるものとしては少し物足りないかもしれません。

方法2
 ◆力強いウインクを何度もします。
 ◆このとき、頬の筋肉を使わずに目の周り、特に下まぶたの筋肉を使うことを意識してください。

方法3
 ◆上まぶたを手で上に持ち上げ、上まぶたが降りてこない状態でまばたきをしましょう。
 ◆このとき、下まぶたでまばたきをする感覚で行って下さいね!

方法4
 ◆あごを少しひき、下まぶたに力を入れることを意識しながら正面~やや上方に目を向けます。
 ◆下まぶたに力を入れようとすると自然に薄目の状態になるはずです。鼻の下を伸ばしながらやると頬に力が入らず下まぶたに集中することができるのでおすすめです。

表情筋を鍛えることも効果的だとか。

※目元はとてもデリケート

くれぐれも優しく行いましょう。
特にネイルで長さがあったり、爪が長いと危険です。
肌や目元のデリケートな部分を傷つけないように注意をしてくださいね。

1





lostman1989さん



  • 話題の動画をまとめよう