1. まとめトップ

ひいてしまった風邪をたった1日で治すコツ

「風邪ひいちゃったよ~(泣)」というあなた。いまからでもまだ間に合います。少しでも早い回復のためにできることをまとめてみました♪ くれぐれもお大事に~!

更新日: 2016年09月03日

angelkissesさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1818 お気に入り 4487834 view
お気に入り追加

風邪を治すストレッチ

膝を立てて寝ます。親指を『環跳』というツボに当てます。環跳の位置は、膝を深く身体に近づけるように折り曲げると、股関節に横向きのしわができます。そのしわのほぼ先端のあたり、腰の横、太ももの付け根の少し後ろくらいに環跳はあります。

立てたヒザを左にゆっくりと足を倒していきます。そのまま足を元の位置に立てて、今度は右に倒してください。このようにして、お尻の筋肉が緩まるまで10往復くらい行ないます。お尻をほぐすと胸郭が開き、肺の血液循環が良くなって風邪が早く治ります。

体を温めて免疫力を上げる

とにかく体を温める

カラダを温めると、エネルギーを使わずに、体温もドンドン上がりやすくなります。そして、カラダの免疫力を支えている「白血球」もドンドン活発になってきます。特に、「白血球」の中でも、「リンパ球」がバンバン強くなって、風邪の菌をやっつけることができます。

風邪を治すときには、布団で一日中カラダを温めて、クスリに頼らずに一気に治すのが一番

薬を飲むと、熱を下げてしまうから免疫力が働かなくなってしまい、カラダは楽にはなったけど風邪がなかなか治らないという状態になる。

お風呂で温めて温熱治療

発熱がなく、体の状態がそれほど悪くなくないのであれば、 お風呂で体を温める

血行が促進され、自然治癒力も向上するため、体は温めることで元気になります。また、風邪のウイルスは熱に弱いため、 体を温めた方が、ウイルスの排除も容易になります。

ただし、「湯冷め」と「体力の消耗」に注意

長湯を避けて、風呂から上がったあとはすぐに水分をしっかり拭くようにし、早めに就寝しましょう。

睡眠と安静

「"風邪は寝て治す"」という言葉があるくらいです。まず第一に睡眠と安静をこころがけるようにします。

寝ている間に喉の乾燥を防ぐため、室内では加湿器を使う

のどの粘膜が乾くと風邪の原因となるウイルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。湿度は60~80%くらいに設定します。ウイルスは空気が乾燥した状態で活動が活発になり、逆に湿度が高いと死滅します。

熟睡して抵抗力を付けるため、睡眠の前にリラックス効果のあるカモミールティーを飲む

水分補給

脱水症状にならないように、こまめに水分を摂る

熱による発汗や痰《たん》の排出で身体の水分を失い脱水症状にならないようにしましょう。水分補給には、のどを湿らせる効果もあります。

発汗がある場合は、電解質入りのスポーツドリンクなどで上手に水分補給をするのが有効

厚着や暖房で無理に発汗をうながすのは、有害無益だそうです。

食事と栄養

消化がよく身体が暖まるものを食べるようにします。

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンC・たんぱく質を含む食品を選ぶ

肉・魚・豆腐などはたんぱく質が豊富です。それらの栄養が溶け込んだ汁も頂ける鍋物であれば、体温も上げることができ、一石二鳥です。また、たまご酒・ねぎ味噌・しょうが湯・ニラかゆ・ホットミルクなどの伝統的食品もお勧めです。

食欲がまったくない場合は無理に食べない

その場合でも水分は充分に摂りましょう。

1





10年ほど日本と海外を行ったり来たり(2015年現在、40カ国以上居住&旅行経験あり) 。今は都内在住です。国内・海外旅行、スキューバ、ゴルフ、ピラティス、ガーデニングが趣味な30代女子です♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう