1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

急いでいる時に洗濯物をサクッと乾かす便利ワザ

急いでいる時は、これが一番効果的。

更新日: 2012年11月05日

ニッカンさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1539 お気に入り 523690 view
お気に入り追加

デートや友人との大切な約束がある日。
どうしても着たい洋服が生乾き・・・なんてことはありませんか。

STEP1)まずは水分をできる限り抜こう

【準備するもの】
・乾いたバスタオル

脱水した洋服を、乾いた「バスタオル」に挟む

十分に絞った(脱水)洋服を、大きめのバスタオルに挟む。

挟んだ洋服を上から踏みつける

上から圧力を与えて、洋服の水分をバスタオルに吸収させる。

STEP2)水分を蒸発させてニオイを除去

【準備するもの】
・アイロン

湿った洗濯物に「アイロン」をかける

熱を加えることで水分が蒸発し、より乾きやすい状態になる。

雑菌の繁殖を予防でき、「におい」防止になる

生乾きの洗濯物は細菌が増殖し、ニオイのもとになる。
細菌は熱に非常に弱いので、アイロンをニオイがする部分に数分あてるだけで効果がある。

STEP3)ドライヤー+ビニール袋を使って乾燥

【準備するもの】
・ドライヤー
・厚手のゴミ袋

ビニール袋の底の両角をはさみで切り、小さい穴を開ける

蒸発した水分を外に逃がすために、小さい穴を開ける。

ゴミ袋の中に洗濯した服を入れる

※あまり量は入れない(Tシャツ4~5枚程度)

ドライヤーの温風をビニールの中に入れる

袋の口にドライヤーを差し込み、温風を送り込む。
Tシャツならば約10分程度で乾く。

★乾燥する時のポイント

ドライヤーの温風が行き渡るように、時々全体を揺らすのがコツ。

ハンガーにかけてドライヤーを当てると、アイロンをかけたようなシワのない綺麗な仕上がりになる。

手間なく効率を求めるならば・・・

手間に見えますが、実はこれが早く手間もかからない。待っている間に他の準備もできる。

コインランドリーで「乾燥機能」だけを使う

「乾燥機能」だけならば、洗濯・脱水が無いため時間を省略できる。

乾燥機の中に、バスタオルを入れると“乾燥時間”が短縮できる

洗濯物から出る水分を乾いたバスタオルが吸収し、通常より早く洗濯物を乾かすことができる。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ニッカンさん

気になったことをまとめています(^O^)

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう