1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

取り入れたら仕事が劇的に速くなった習慣

仕事の効率化が期待できる習慣をまとめます。これやったらうまくいった!ものすごく仕事の効率化につながった!という習慣をピックアップします。

更新日: 2012年11月06日

2894 お気に入り 244521 view
お気に入り追加

基礎的な能力を上げる

Photo by Creatas Images / Creatas

常にメモ帳を持ち歩き、脳には記憶させない事でアイデア量がUPする

出てくるアイデア量が倍増しミスが減るという効果もあります。

アウトプットする機会を多くつくることで記憶力がUP

人に話す、ブログに書くなど、アウトプットする機会を多く作ることで記憶力がUPします。

状況をしっかりと把握

Photo by Jupiterimages / Goodshoot

毎朝、タスクや同僚の状況を考えながら、「何を?どの順で?何を考える?相手に何ができる?」の4点を考える

通勤時間を利用して、今のタスク・直属上司・同島の同僚・後輩の状況をおさらいして考えます。

仕事は20%の労力で十分成果が出るので、労力をどう効率化するかに重点を置く

仕事の成果の80%は20%の労力で生まれます。(80対20の法則)
時間を使うことに値しないものは切り捨て、20%の労力部分を効率化しましょう。

無駄な時間を省く

Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

電子メールのチェックは時間を決めて1度に見る

電子メールをチェックするのは10日から2週間に1回でも、その間に会社の利益は40%増えたという例もあります。

チェックの時間は1日の後半にして、1時間に1度10分間でもOK

メール、Facebook、mixiなどのチェックは時間を決めてその時間内で終わらせましょう。

効率的に仕事を進める

Photo by Polka Dot Images / Polka Dot

タイマーを使い『25分の集中+5分の休憩』のサイクルで仕事をする

25分間は仕事に集中し、タイマーが鳴ったら5分間の休憩をとります。このセットを繰り返し、4セット目ごとに15分から30分の長めに休憩します。短時間で効果的に集中することができます。

問題点を把握し、事前準備を済ませておいて会議は30分以内で終了

問題点は事前に挙げて、議題に沿って事前に準備をしておきます。終了時間を決めておくことも重要です。

最初はオリジナルのやり方を探すより前例、効率的なやり方を素直に真似する

最初から効率的な方法を自分で探すより、まずはうまくやっている方法を参考にしましょう。

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • 中村洋己さん|2012.11.08

    メモはわかるが書き散らして何が何だか

  • nobunakaさん|2012.11.08

    えっとタイマーどこやったっけ

1

銀座ライオぬさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう