1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

Facebookの検索機能が意外と使える

最近ユーザー数も増えてきたFacebookですが、Facebookの検索フォームで探そうとしても、思うような結果を返してくれない事も多いですよね。Facebook内のページを検索する時に便利な機能をまとめてみました。

更新日: 2012年11月06日

648 お気に入り 87928 view
お気に入り追加

知っていると便利な友達の探しかた

「コネクションサーチ」を使うと、自分と同じ学歴や経歴、会社のユーザーを検索できる

ホーム画面左側にある「コネクションサーチ」をクリックします。
最初に自分の現在のステータスを登録する必要があるので登録しましょう。

自分の学歴や経歴を入力している場合は、出身校の同級生やOB、会社の同僚と判断されたユーザーが表示されます。

「さまざまな条件で友達を検索」画面から、Facebookではまだつながりがない人を検索できる

出身地や学歴、共通の友達などの様々な切り口から、Facebook内では友達になっていない人を探し出せます。

http://www.facebook.com/find-friends/browser/

メールアドレスなら重複しないので、探す人物がプライバシー設定をしていない場合は検索ができます。

Windows Live メッセンジャー・ケータイ・Skypeなど、普段は他のサービスでつながっている人の検索や招待ができます。

http://www.facebook.com/find-friends/

Facebook内で使える検索のコツ

Facebookの詳細検索ページで、ユーザー・スポットなどのフィルタをかけて検索できる

検索ボックスにキーワードを入力し始めると候補が出現しますが、この一覧になかった場合は右上の虫眼鏡アイコンか下の「検索結果をさらに見る」をクリックしてみましょう。

詳細検索画面に切り替わり、ユーザーやページを絞り込んだり、上部のフィルタ機能を使って絞り込むことができます。

Facebookグループ内の検索フォームで、キーワード検索ができます。
ただし検索できるのは投稿のみで、画像やイベントは検索対象外となっています。

外部検索サービスも利用してみよう

Facebook公認のナビゲーションサイトです。国内のFacebookページをカテゴリーごとに探すことができます。

検索対象となるのは、Facebookで"全公開"と設定された日本語の投稿のみで、検索可能な期間は1カ月間となっています。

「○○さんが投稿していたあれってなんだっけ?」など、アカウント軸での検索をする時に便利なサービスです。

出典qlay.jp

日本国内のグループをカテゴリー・キーワード・人数・都道府県の切り口で検索できます。

1




テリードリーさん

このまとめに参加する



公式まとめ