1. まとめトップ

【癒やされる】クラゲの飼い方・クラゲ画像

幻想的で癒やされるクラゲ。そんなクラゲの飼い方から、クラゲの見られる水族館、キレイな画像まで、クラゲのことをまとめました。

更新日: 2012年11月07日

roy19999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
268 お気に入り 185382 view
お気に入り追加

▼目次

・クラゲの飼い方
・クラゲを扱っているショップリスト
・クラゲを自分で捕まえる
・クラゲが売りの水族館
・キレイなクラゲ動画・画像
・クラゲの出てくる作品

▼クラゲの飼い方

クラゲを飼育するには「専用の水槽」「きれいな飼育水」「(餌の)生きたプランクトン」が必要です。

【とりあえず、用意するもの】

飼育容器
作業用のボウル
海水(無脊椎動物用、と書かれたものがオススメ。)
塩素中和材(人工海水の素といっしょになってる商品もあるから注意)
餌(ブラインシュリンプ)
計量スプーン5cc(人工海水を計る)
計量スプーン15cc(クラゲを掬う、チリレンゲで代用可能)
計量カップ
ピペット
2リットルサイズのペットボトルか、ポリタンク
ジョウゴ(海水をペットボトルに入れるとき使用)

【海水の作り方】

これが大事なところ。
人工海水の説明書をよく読む
説明書どおりの量と方法で、人工海水を水に入れる
よく溶けるまでかき混ぜる
一日放置する。水温も合わせる
おしまい

餌はブラインシュリンプ

主食は、いつもの通りブラインシュリンプ。一日に一回くらいが目安、週に1回ぐらいなら断食させても大丈夫。たいていのクラゲ達はこれが大好物ですから、毎日かかさず準備して、孵化したてのを水洗いして与えるのが一番。成長するにつれて、一回の食事量は多くなるけど、だいたい15分から30分で食べきる量を目安にしましょう。食べ残しや、目に見えるゴミはピペットで取り除いてやってください。
余った分は冷凍して、与える時に解凍してから使っても大丈夫。市販の冷凍ブラインシュリンプでビタミンなどを強化したものも、週に1回ぐらいを目安に与えるのも効果的。ただし、冷凍ものを与えたときは食いが悪いし、海水が汚れてしまうのですぐ換水した方がいいみたいです。
食欲が無いな、と感じたら、すぐに換水を。

気泡が天敵ですからもちろんエアーポンプは使えません(気泡より傘の小さいミニクラゲを除き)。ですから、一日に一回海水を半分取り換えてあげる必要があります。海水を取り換える時は泡立たないようにやさしく交換しましょう。

▼クラゲを扱っているショップリスト

▼クラゲを自分で捕まえる

クラゲを採るには風のない海の穏やかな日の方がいいです。(中略)クラゲを見つけたら、左写真のような大きな”ひしゃく”を使って採ります。

クラゲは繊細な生き物です。採るときは神経を集中させて細心の注意が必要です。ひしゃくを海水につける時は泡立てたらいけません。クラゲの傘の中に空気が入ると自分で空気を排出できず傘に穴が開きそこから弱るからです。そぉ~と採ってやりましょう。万が一空気が入ってしまっていたら、すぐにひっくり返して空気を抜いてあげましょう。

クラゲの中には毒クラゲもいますので、素人が海で獲るのはとても危険。ですから一般的には海水魚を扱っているペットショップで購入するのが無難ですよね。

▼クラゲが売りの水族館

▼キレイなクラゲ動画・画像

1 2




roy19999さん

このまとめに参加する



公式まとめ