1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

え、あの人も!?無印良品に関わる7人の超有名デザイナーとその代表作

一見デザインされていないように見えて、実はシンプルで使いやすい高度なデザインが施されている無印良品の品々。それらを形づくっている、表には出てこないデザイナーに焦点を当ててみました。

更新日: 2014年08月19日

gorinCatさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
246 お気に入り 103072 view
お気に入り追加

1980年、西友のプライベートブランドとして始まった無印良品。シンプルでリーズナブルな商品の数々は、様々な価値観の人々に愛され続けています。今回は、そんな無印良品をこっそり陰で支えている(支えていた)7人の超有名デザイナーとその代表作を紹介します。

深澤直人

1956年 - 山梨県甲府市生まれ
1980年 - 多摩美術大学美術学部プロダクトデザイン科卒業
1980年 - 諏訪精工舎(現・セイコーエプソン)入社
1989年 - 諏訪精工舎を退職 アメリカID TWO(現・IDEO)入社
1996年 - IDEO Japanを設立し日本支社長に就任  
2003年 - IDEOを退職し独立 Naoto Fukasawa Designを設立
2005年 - 織部賞を受賞
2005年 - 武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科研究室教授に就任
2012年 - 日本民藝館館長に就任

エンツォ・マーリ

1932年 - イタリア・ノヴァーラ生まれ
1952年 - ミラノ、ブレラ美術アカデミー卒業。
コンパッソ・ドーロ受賞(1967、1979、1987、2001)
ミラノ工科大学名誉学士
視覚芸術に関する研究から始まり、家具やプロダクツのデザインなど多岐に渡る活動を展開する。手がけたプロジェクトは1600以上。うち29点がニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久所蔵品に選ばれた。

ジャスパー・モリソン

1956年ロンドン生まれ。
85年王立美術大学卒業。86年自らの事務所"Office for Design"設立。
87年カッセルの第8回ドクメンタ展のインスタレーション、88年ヴィトラ社のための「住まいのためのいくつかの新しいアイテム」展などを行う。
SCP社、カッペリーニ社、アレッシィ社、フロス社、マジス社、FSB社、ローゼンタール社など広く活動をする。
2000年テート・モダンの家具を担当。
2004年よりMUJI、サムスンのコンサルティングを行う。
2005年深澤直人とともに"スーパーノーマル"を設立。
2006年6月『スーパー・ノーマル』展をアクシスギャラリーにて開催。

山本耀司

1943年-東京都生まれ
1972年-既製服部門として株式会社ワイズ(Y's)設立1977年-ワイズにて東京コレクションデビュー
1990年には三菱銀行、1991年には東海旅客鉄道(JR東海)の新制服をそれぞれデザイン。
1993年-バイロイト音楽祭でワーグナーのオペラ「トリスタンとイゾルデ」の衣装を担当
『BROTHER』・『Dolls』等、北野武の映画作品の衣装を数多く手がけ、北野は現在も山本の服を愛用している 2004年-紫綬褒章受章
2005年-経済産業省より「日本ブランド創造貢献企業表彰」受賞
2006年-英国王立芸術協会名誉ロイヤル・デザイナー・フォーインダストリー受章

サム・ヘクト

1969年ロンドン生まれ。ロイヤルカレッジオブアートで工業デザインを学ぶ。ディヴィッド・チッパーフィールド、スタジアで修業後、6年間サンフランシスコと東京で過ごす。その後IDEOロンドンのデザイン部門チーフに。90年代には深澤直人氏と共同でエプソンのプリンター、松下の電化製品などのプロダクトタイポロジー(モノの新しいアイコンとなる形)を制作。2002年キム・コリンとインダストリアル・ファシリティ社を共同設立。

吉岡徳仁

原研哉

1958年岡山県生まれ。1983年武蔵野美術大学大学院デザイン専攻修了。同年日本デザインセンター入社、現在同社代表。長野オリンピック開・閉会式プログラム、EXPO2005愛知公式ポスター、AGF「MAXIM」、梅田病院サイン計画、松屋銀座リニューアル、集英社新書、無印良品アートディレクション、森ビルVI、NTT「らくらくホンベーシック」などのデザインを行う。国内外の受賞多数。2003年より武蔵野美術大学教授。

デザイナーズリンク

1





かわいい・楽しい・為になるまとめを目指しています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう